続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

INDEX 総目次・既発表記事一覧・リンク付き目次など

 将棋(略称:続ピリ将

 リ ギゃルが

 棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で 初段になる 50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

 

Japanese Chess Training Method Next 50

 

INDEX

 

f:id:Shouldgo:20161025191302p:plain

 

まえがき

 世は、空前の将棋ブーム。

 「将棋が強くなりたい」という方が今、急増しています。

 しかし、「初段」になった後、伸び悩むアマチュアは少なくありません。二段・三段・四段・五段と昇っていく希望が持てず、「もう『永世初段』でいいや」と、投げやりになっている方も、いらっしゃるのでないでしょうか。それでも、やっぱり、

 

 「にっくきライバル、愉快犯に勝ちたい!!」

 「将棋ウォーズで三段以上になりたい!!」

 「将棋倶楽部24で初段以上になりたい!!」

 

 こういう方には、この将棋ブログ『続ピリ将』の一読をおすすめします。

 

  このブログを書くきっかけは、まぐれで全国大会に出場してしまったこと。「万年初段」だった人間の、まさにドリームが実現したわけですが、今、あらためて当時を振り返ると、喜びというよりも、代表としての責任、自らの自信のなさとの戦いのほうが大きく、悪戦苦闘、試行錯誤の連続でした。

 

 このブログは、前著『ピリ将』の続編。自らを奮い立たせる目的で書かれました。したがって、有段者がさらに強くなりたいと念じている読者を主に想定しています。しかし、級位者の『ピリ将』読者にも役に立つヒントが満載。

 

 戦法や技術の解説は、既にすぐれた棋書が多く出版されています。このブログでは、『ピリ将』同様、市販の書籍では手薄になりがちな将棋の勉強法、トレーニング法の体系化を目指しています。スポーツ等では考えられないことですが、俗説や謬見に惑わされる人が、アマ将棋の世界には、異常とも思われるほどに多い。そこで『ピリ将』の自身のメソッドを更新・上書きしようと、手入れしてみたわけです。

 

 初めて訪れたという方には、情報量が多すぎて「どこから見てよいか、わかりにくい」という方も、いらっしゃるかもしれません。大別すると、体系化された「本編」と、随筆風に記された「おまけ」の二部構成。

 最初におすすめしたいのは、本舗『ピリ将』の本編。その次に、この目次を見ながら、『続ピリ将』の「本編」も通読してみてください。その後は、読者登録し、更新されるたびに、コツコツ読むのがよいでしょう。一番のおすすめは、『ピリ将』とのW読者登録。更新の連絡が自動的に送られ、読み逃すことがなくなるので、便利です。

 将棋は奥の深いゲームであり、文化。小手先の裏技のようなもので、何とかなるような代物ではありません。しかし、このブログ『続ピリ将』を読んでいき、ここに書いてあることを血肉化すれば、ちゃんと強くなれます。

 

 おかげさまで、好評のようです。ありがとうございます。皆様の棋力向上に少しでも役立つことができれば、幸いです。 

                                  著者 

 

総目次

 

第1巻 続ピリ将~シュうぇッチマン、全国大会の巻

はじめに

Ⅰ部 基礎メソッド

 1章 ノート論 2章 棋譜並べ論 3章 定跡論

 4章 詰め将棋論 5章 終盤論

Ⅱ部 確率メソッド

 6章 次の一手論 7章 駒落ち論 8章 秒読み論

 9章 将棋ソフト論 10章 観戦論 11章 対局論

Ⅲ部 盤外メソッド

 12章 上達論 13章 心理論 14章 勝負論 

 15章 人間論 補遺 感想戦

  

第2巻 おまけ 上達するための箴言・格言集100

第3巻 おまけのおまけ

  

既発表記事一覧

20170215 01 はじめに

20170216 02 ノート論(1)

20170217 03 ノート論(2)

20170218 04 ノート論(3)

20170219 05~06 ノート論(4)(5)

20170220 06 ノート論(補遺)(補遺2)(復習)

20170221 07 棋譜並べ論(1)(2)

20170222 08 棋譜並べ論(3)(4)

20170223 09 棋譜並べ論(5)(補遺)

20170224 10 棋譜並べ論(補遺2)(復習)

20170225 11 定跡論(1)(2)

20170226 12 定跡論(3)

20170227 13 定跡論(4)

20170228 14 定跡論(5)(補遺)

20170301 15 休載

20170302 16 休載

20170303 17 詰め将棋論(1)

20170304 18 詰め将棋論(2)

20170305 19 詰め将棋論(3)

20170306 20 詰め将棋論(4)

20170307 21 詰め将棋論(5)(復習)

20170308 22 終盤論(復習)

20170309 23 終盤論(1)

20170310 24 終盤論(2)

20170311 25 終盤論(3)

20170312 26 終盤論(4)

20170313 27 休載

20170314 28 終盤論(5)

20170315 29 次の一手論(1)

20170316 30 次の一手論(2)

20170317 31 次の一手論(3)

20170318 32 次の一手論(4)

20170319 33 次の一手論(5)(補遺)(補遺その2)

20170320 34 次の一手論(補遺その2)【解答解説】

20170321 35 駒落ち論(1)

20170322 36 駒落ち論(2)

20170323 37 駒落ち論(3)

20170324 38 駒落ち論(4)

20170325 39 駒落ち論(5)

20170326 40 休載

20170327 41 休載

20170328 42 駒落ち論(補遺)

20170329 43 秒読み論(1)

20170330 44 秒読み論(2)

20170331 45 秒読み論(3)

20170401 46 秒読み論(4)

20170402 47 秒読み論(5)

20170403 48 将棋ソフト論(1)

20170404 49 将棋ソフト論(2)(3)

20170405 50 将棋ソフト論(4)(5)

20170406 51 将棋ソフト論(補遺) 観戦論(1)

20170407 52 観戦論(2)(3)

20170408 53 観戦論(4)(5)

20170409 54 対局論(1)

20170410 55 対局論(2)

20170411 56 対局論(3)

20170412 57 対局論(4)

20170413 58 対局論(5)

20170414 59 上達論(1)

20170415 60 上達論(2)

20170416 61 上達論(3)

20170417 62 休載

20170418 63 休載

20170419 64 メンタル論(1)

20170420 65 休載

20170421 66 休載

20170422 67 休載

20170423 68 メンタル論(2)

20170424 69 メンタル論(3)(4)

20170425 70 メンタル論(5)

20170426 71 勝負論(1)

20170427 72 勝負論(2)

20170428 73 勝負論(3)

20170429 74 勝負論(4)

20170430 75 勝負論(5)

20170501 76 勝負論(補遺)

20170502 77 人間論(1)

20170503 78 人間論(2)

20170504 79 人間論(3)

20170505 80 人間論(4)

20170506 81 休載

20170507 82 休載

20170508 83 人間論(5)

20170509 84 感想戦(1)

20170510 85 感想戦(2)

20170511 86 感想戦(3)

20170512 87 感想戦(4)

20170513 88 感想戦(5)

以降は、おまけ。継続中。

 

リンク付き目次(原則おまけは除き、連載系に限ってあります。)
cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com  

cixous1.hatenablog.com  

cixous1.hatenablog.com 

cixous1.hatenablog.com 

cixous1.hatenablog.com  

cixous1.hatenablog.com  

cixous1.hatenablog.com  

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.comcixous1.hatenablog.comcixous1.hatenablog.com 

cixous1.hatenablog.com 

cixous1.hatenablog.comcixous1.hatenablog.com 

cixous1.hatenablog.com 

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com 

cixous1.hatenablog.comcixous1.hatenablog.com 

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com 

cixous1.hatenablog.comcixous1.hatenablog.com

 

 

 

姉妹ブログ

記憶せよ、2016年、ここから始まった、と。

将棋史における本格的な「将棋トレーニングメソッド」の誕生

ピリギゃルが将棋倶楽部24初段になる50の方法

cixous5.hatenablog.com

本ブログは一応、いきなり読んでもわかるように書かれていますが、

旧ブログ記載のメソッドを前提として記述しているところもあります。

10倍深く理解するためには、こちらの旧ブログをひととおりお読み

になることを強く推奨します。

 

2018年7月15日、東京でイベント、やります。

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com

 

 

 (C)このブログの記事は、すべてオリジナル記事です。

引用元を明らかにしない剽窃は、知的財産権の侵害なのでお控え下さい。

 

 なお、いわゆる「ビリギャル」は商標登録されています。

 作品も、その思想も、ウルトラ・リスペクトしているので、本ブログは「ビリギャル」を超・応援し、超・宣伝し、超・おすすめしますが、しかし、間違ってご迷惑になってはいけないとも考え、ここでは商標登録された「ビリギャル」ではなく、「ピリギゃル」が登場します。

 このブログは非営利の研究目的のために書かれており、悪意はありませんので、もし万が一、権利者様が問題があるとお考えならば、ご一報願います。誠実に対応させていただきます。

  

    

ビリギャル~学年ビリからの慶應大学合格記~ (花とゆめCOMICS)

ビリギャル~学年ビリからの慶應大学合格記~ (花とゆめCOMICS)

 

  

ビリギャル式 坪田塾の英文法ノート

ビリギャル式 坪田塾の数学I・Aノート

ビリギャル式 坪田塾の日本史ノート

ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話

人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書

女子高生サヤカが学んだ「1万人に1人」の勉強法

休憩論(3) アクティヴ・レストとしての運動

将棋ブログ 愛称:続ピリ将

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

休憩論(3)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

 

 新連載は、休憩について。

 

 アクティブ・レスト その3

 将棋は静かなので、盲点になりがちですが、休憩が要ります。

 ただし、将棋は、脳のスポーツ。

 必要なのは、脳の休息であって、身体の休息ではありません。

 

 静ならば、動。

 アクティブレストとしても運動が効果的です。

 

扇子

 扇子。

 それは、将棋で最も有名な小道具。

 

 扇子を使って運動するのが、一番ナチュラルです。

 扇子の使い方は、2種類。

 1つは開閉をリズミカルに行い、リズムを取る。

 

 ピリ将メソッドを思い出しましょう。

 6秒指し。

 3秒で開き、3秒で閉じる。

 私シュうぇッチマンは、そういうリズムの取り方です。

 

 あるいは、大きな古時計を心の中で歌う。

 それに合わせて、開いたり閉じたり。

 

 もう1つは、あおぐ。

 頭に風を送るという定番の使い方。

 熱くなったとき、冷静になりたいときのアクティブレスト。

 

 扇子を使うときは、必ずアクティブレストと心がけます。

 のめり込みを回避する。

 

 石田和雄先生のように、ぼやきながら、頭をポカポカ殴るという手も。

 まだ、試したことはないですが。

 

 盤外戦術としても、扇子使いは有効。

 相手の考慮の邪魔をしすぎてはいけませんが、適度に気を散らす。

 

 「お前の負けだ」

 こう揮毫された扇子を開く。

 いや、さすが、これは嘘。

 

手・足・口

 脳を活性化するのによいのは、手・足・口を動かすこと。

 

 手は、先ほどの扇子でも使います。

 また、私シュうぇッチマンは、グーチョキパーをよくやります。

 ジャンケンの要領ですね。

 リズミカルに、グー・チョキ・パーを繰り返します。

 アクセントに、田舎チョキも、混ぜます。

 田舎チョキって、ご存知ない?

 親指と人差し指を使うチョキ。

 数字数えもよくやります。

 

 相手に見せないのが基本ですが、わざと相手に見せるときもあります。

 

 駒を触わることも、よくします。

 きれいに整えるふりをして、実は動きたいだけだったり。

 滞空時間を長くする、バシッと叩き付けるなど、手つきも工夫します。

 

 ここでの手とは、腕も指す。

 肘を持ち上げて、肩甲骨周りの筋肉をほぐしたり。

 頭を抱えるのも、同じ効果。

 別に困っているわけではありません。

 

 足は、貧乏ゆすりを意図的にやります。

 基本的には、足裏を地面にべったり付けて、体の安定を求めます。

 しかし、貧乏ゆすりも、リズムをとる意味でも、非常にいいです。

 

 足から離れますが、体全体を揺するのも、効果的。

 前後に揺れて、リズムをとる。

 

 正座することも多い。

 イスの席でも、ときどき正座します。

 「失礼します」と言って、立ち上がり、背伸びや屈伸、跳躍することも。

 

 私シュうぇッチマンは、闘志は内に秘めるタイプ。

 静かなときも多いですが、動きが激しいときもあります。

 それは、自身のコンディションや相手、勝負どころにより、決める。

 熱くなる必要があると思えば、周囲に気兼ねなく、動きます。

 

 対局前後は、散歩します。

 ウロウロ歩きます。

 たいてい階段があるので、休憩時間は階段を昇り降りしています。

 これは対局時だけでなく、私シュうぇッチマンの習慣。

 職場でも朝一番に到着すると、誰もいない階段を昇ったり降りたり。

  

 口は、しゃべるのが一番。

 セリフの意味は、重要ではありません。

 「苦しいなあ」と言っているときは、苦しくない。

 思っていることの逆を言います。

 ただし、相手を攪乱させるねらいよりも、口を動かすことがねらい。

 

 表情筋トレーニングの「ウイウイ体操」や「ウンパニ体操」もよくやります。

 飲み物を口に含んだままにしたり、ガムを噛んだり。

 そういうこともします。 

 

 thの発音のように、舌を噛むのも、よくします。

 ゴルフの練習でのテクニックから学びました。

 力みすぎを防ぎます。

 力んだら、舌、噛みちぎってしまいますから。

 僭越ながら、木村先生にアドバイスしたい方法。

 歯を噛みしめすぎて、大変だと書いてあったので。 

 

 呼吸も、とっても意識します。

 

 吐く。

 吸う。

 止める。

 

 持ち時間を意識しながら、リズミカルに3種を繰り返します。

 深呼吸も意識し、呼吸が浅くならないようにします。

 

 目薬を差す、リップを塗るなどもありますね。

 リップは、まだ試したことがないですが。

 私シュうぇッチマンがやられたら、コーヒー牛乳を噴き出します。

 「佐藤天彦名人かよッ」って。

 

 アクティブレストとして棋士の所作を観察すると、観る将も楽しめるはず。

 

 

(PR)将棋のイベントをすることにしました。 

cixous1.hatenablog.com

 

 

 

一世名人 大橋宗桂(初代)

二世名人 大橋宗古

三世名人 伊藤宗看(初代)

四世名人 大橋宗桂(五代)

五世名人 伊藤宗印(二代)

六世名人 大橋宗与(三代)

七世名人 伊藤宗看(三代)

八世名人 大橋宗桂(九代)

九世名人 大橋宗英(六代)

十世名人 伊藤宗看(六代)

十一世名人 伊藤宗印(八代)

十二世名人 小野五平

十三世名人 関根金次郎

十四世名人 木村義雄

十五世名人 大山康晴

十六世名人 中原誠

十七世名人 谷川浩司

十八世名人 森内俊之

十九世名人 羽生善治

休憩論(2) アクティヴ・レストとしての将棋めし

将棋ブログ 愛称:続ピリ将

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

休憩論(2)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

 

 新連載は、休憩について。

 

 アクティブ・レスト その2

 将棋は、スポーツに比べれば、体力を一瞬で使い果たすことはありません。

 けれども、棋士は「将棋は体力」という言葉をよく使っていますね。

  

 たしかに、アマチュアの場合、深夜までの対局というのはありません。

 しかし、それでも、アクティブレストは必要だと思うのです。

 なぜかというと、アマは1日に何局も戦うから。

 

 主な目的は、2つ。

 1.集中力の維持。

 2.前局からの切り替え。

 

 具体的に考えられるアクティブレストは、次のとおり。

 ア.栄養補給

 イ.軽い運動

 ウ.別のゲーム

 エ.お手洗い

 オ.脳内棋譜並べ・脳内詰将棋

 カ.暖房・冷房対策

 キ.仮眠

 ク.ボーッとする

 

 今回は、アの栄養補給について具体的に述べてみます。

 

 対局中に何を食べるか。

 いわゆる勝負めし、松本渚先生の「将棋めし」というやつですね。

 

 ふじもとのうな重、みろく庵の味噌煮込みうどん、紫禁飯店の卵チャーハン、小雀弥の肉ぶっかけそば、同黒毛和牛カレーうどん、同カレー定食、みろく庵のつけとろろそば、同肉豆腐定食、ほそ島やのカレーライス、……

 

 ああ、想像しただけで、おなかグーグー、よだれジュルジュルです。

 今度のイベント、出前、取れないかな?

 

将棋めし 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

将棋めし 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

 
将棋めし 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

将棋めし 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

 

 

お弁当という悩ましい問題

 アマの大会では、たいていお弁当が出ます。

 おいしいお弁当ならよいのですが、そうでないと悲劇。

 

 少年時代、お弁当が豪華でした。

 あのイメージが忘れられません。

 だから、私シュうぇッチマンのイベントでは、昼食は豪華にします。

 

 おいしくなかった場合。

 早々に敗退した場合は、持って帰ることにしています。

 どこかの公園か、職場で、さびしく食べます。

 が、当然、他にも好物を買って、それだけで食べることはしません。

 食べ物、大事。

 

 問題は、勝ったとき。

 受け取りを拒否するのも感じが悪いので、食べることにしています。

 

 食べないと、腹具合が悪いのかなどと、邪推されそう。

 なので、ムシャムシャ、演技でも、旨そうに食べます。

 (カヌーの選手なら、食べるべきではないのでしょうが。)

 

 実際、おいしくいただきますよ。

 「楽しい」ではなく、「楽しむ」の精神。

 「おいしい」ではなく、「おいしむ」。

 好物も持参し、それと一緒に楽しんでしまいましょう!

 

 ただし、対戦相手が待っている場合は、考えます。

 悠々とお弁当を食べて待たせるか、食べずに待たせないか。

 

 駆け引きするつもりは毛頭ありません。

 ですが、前者が意地悪、後者は親切と受け取られるかもしれません。

 できれば、もともと食べたくないので、後者を選びたい。

 しかし、そこで親切な人と思われるのも、少し癪。

 とはいっても、意地悪と思われて、敵意を増幅されても、損。

 

 こういうときは、自然な手段を選ぶことにしています。

 どちらが、ナチュラルか?

 

 つまり、お弁当を悠々と食べる。

 毎日、朝昼夕と食べているので、規則正しく行こう、と。

 こういうことを迷っていてはいけないので、朝、事前に決めておきます。

 

 ちなみに、相手を怒らせたりするのは、厳禁。

 アマ大会で嫌われると、実力があっても勝てなくなります。

 これは、有名な法則。

 

 だから、相手に丁重に断り、食べ終わる時刻をお伝えし、お待ちいただきます。

 

 反対に、待たされる場合は、どうか。

 私シュうぇッチマンは、待たされた場合の勝率がいいので、喜びます。

 待たされた場合の勝率は、今のところ100%です。

 休憩がとれるので、よいのでしょうか。

 「どうぞ、ごゆっくり」とお答えしています。

 

 どちらにせよ、必ず声がけがあるのが、将棋界のよいところ。

 今まで、声がけしたりされたりしなかったことはありません。

 

 昼食休憩でなく、観戦に夢中で、いつまでも着座しない人もいます。

 これには心を乱され、負けました。

 まだまだ修行が足りませんね。

 こうした場合は、こちらも徹底的に待つ、持久戦の姿勢を貫きましょう。

 

 ただし、矛盾しますが、これからは、昼食は抜こうと考え中。

 血が胃袋に流れるのを防ぎたいからです。

 もっと合理的に行こうか、と。

 

おやつ・飲み物 おやつは、チョコレートと決めています。*1

 同時通訳者は15分に1度、チョコレートをお召し上がりになると聞いたので。

 脳の活性化に効果てきめん。

 対局前に1粒、終盤の入り口でもう1粒と決めています。

 

 飲み物は、コーヒー*2やお茶が多い。

 ただ飲むのではなく、口に含んだままにしておくことも。

 アパッチ族のメソッド。

 有名な俳優さんに教わりました。

 潤いを吸収するとともに、鼻呼吸を促進する効果があります。

 

 休憩中は、ガムを噛む。

 口を動かすことによる脳の活性化がねらい。

 もちろん、胃に入れずに済むので、胃袋に血が行くのも防げます。

 

薬・サプリメント

 大会時、ネット対局でも、葛根湯を飲む。

 体がポカポカします。

 

 ネット対局のときは、お酒も少量ですが、飲みます。

 

 大会時は、栄養ドリンクを投入することもあります。

 その時は、必ず相手の目の前で、ごくごく飲みます。

 ええ、盤外戦術ですが、何か?

 

 ビール酵母や整腸薬、ビタミン剤も飲みます。

 将棋には、ドーピング規定はないので、積極的に摂取します。

 

 カロリーメイトは、ドリンクのものを飲みます。

 できるだけ、消化の邪魔をしたくないからです。

  

 

(PR)将棋のイベントをすることにしました。 

cixous1.hatenablog.com

 

 

 

一世名人 大橋宗桂(初代)

二世名人 大橋宗古

三世名人 伊藤宗看(初代)

四世名人 大橋宗桂(五代)

五世名人 伊藤宗印(二代)

六世名人 大橋宗与(三代)

七世名人 伊藤宗看(三代)

八世名人 大橋宗桂(九代)

九世名人 大橋宗英(六代)

十世名人 伊藤宗看(六代)

十一世名人 伊藤宗印(八代)

十二世名人 小野五平

十三世名人 関根金次郎

十四世名人 木村義雄

十五世名人 大山康晴

十六世名人 中原誠

十七世名人 谷川浩司

十八世名人 森内俊之

十九世名人 羽生善治

*1:カカオは、エンドルフィンとセロトニンにも影響するらしい。前者は幸福感、後者は不安除去に関係あるという。そもそも、両者の分泌こそがアクティブレストの定義の1つなので、チョコレートはアクティブレストにとっては必須食品と言ってよいでしょう。

*2:コーヒーは、カフェインがあり、覚醒だけでなく、ドーパミンも出してくれ、行動力が上がるそうな。