読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

INDEX 総目次・既発表記事一覧・リンク付き目次など

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

INDEX

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

  

総目次

 

第1巻 続ピリ将~シュうぇッチマン、全国大会の巻

はじめに

Ⅰ部 基礎メソッド

 1章 ノート論

 2章 棋譜並べ論

 3章 定跡論

 4章 詰め将棋論

 5章 終盤論

Ⅱ部 確率メソッド

 6章 次の一手論

 7章 駒落ち

 8章 秒読み論

 9章 将棋ソフト論

 10章 観戦論

 11章 対局論

Ⅲ部 盤外メソッド

 12章 上達論

 13章 心理論

 14章 勝負論

 15章 人間論 

補遺 感想戦

  

第2巻 上達するための箴言・格言集1000

  

既発表記事一覧

20170215 01 はじめに

20170216 02 ノート論(1)

20170217 03 ノート論(2)

20170218 04 ノート論(3)

20170219 05~06 ノート論(4)(5)

20170220 06 ノート論(補遺)(補遺2)(復習)

20170221 07 棋譜並べ論(1)(2)

20170222 08 棋譜並べ論(3)(4)

20170223 09 棋譜並べ論(5)(補遺)

20170224 10 棋譜並べ論(補遺2)(復習)

20170225 11 定跡論(1)(2)

20170226 12 定跡論(3)

20170227 13 定跡論(4)

20170228 14 定跡論(5)(補遺)

20170301 15 休載

20170302 16 休載

20170303 17 詰め将棋論(1)

20170304 18 詰め将棋論(2)

20170305 19 詰め将棋論(3)

20170306 20 詰め将棋論(4)

20170307 21 詰め将棋論(5)(復習)

20170308 22 終盤論(復習)

20170309 23 終盤論(1)

20170310 24 終盤論(2)

20170311 25 終盤論(3)

20170312 26 終盤論(4)

20170313 27 休載

20170314 28 終盤論(5)

20170315 29 次の一手論(1)

20170316 30 次の一手論(2)

20170317 31 次の一手論(3)

20170318 32 次の一手論(4)

20170319 33 次の一手論(5)(補遺)(補遺その2)

20170320 34 次の一手論(補遺その2)【解答解説】

20170321 35 駒落ち論(1)

20170322 36 駒落ち論(2)

20170323 37 駒落ち論(3)

20170324 38 駒落ち論(4)

20170325 39 駒落ち論(5)

20170326 40 休載

20170327 41 休載

20170328 42 駒落ち論(補遺)

20170329 43 秒読み論(1)

20170330 44 秒読み論(2)

20170331 45 秒読み論(3)

20170401 46 秒読み論(4)

20170402 47 秒読み論(5)

20170403 48 将棋ソフト論(1)

20170404 49 将棋ソフト論(2)(3)

20170405 50 将棋ソフト論(4)(5)

20170406 51 将棋ソフト論(補遺) 観戦論(1)

20170407 52 観戦論(2)(3)

20170408 53 観戦論(4)(5)

20170409 54 対局論(1)

20170410 55 対局論(2)

20170411 56 対局論(3)

20170412 57 対局論(4)

20170413 58 対局論(5)

20170414 59 上達論(1)

20170415 60 上達論(2)

20170416 61 上達論(3)

20170417 62 休載

20170418 63 休載

20170419 64 メンタル論(1)

20170420 65 休載

20170421 66 休載

20170422 67 休載

20170423 68 メンタル論(2)

20170424 69 メンタル論(3)(4)

20170425 70 メンタル論(5)

20170426 71 勝負論(1)

20170427 72 勝負論(2)

20170428 73 勝負論(3)

20170429 74 勝負論(4)

20170430 75 勝負論(5)

20170501 76 勝負論(補遺)

20170502 77 人間論(1)

20170503 78 人間論(2)

20170504 79 人間論(3)

20170505 80 人間論(4)

20170506 81 休載

20170507 82 休載

20170508 83 人間論(5)

20170509 84 感想戦(1)

20170510 85 感想戦(2)

20170511 86 感想戦(3)

20170512 87 感想戦(4)

20170513 88 感想戦(5)

 

リンク付き目次
cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com  

cixous1.hatenablog.com  

cixous1.hatenablog.com 

cixous1.hatenablog.com 

cixous1.hatenablog.com  

cixous1.hatenablog.com  

cixous1.hatenablog.com  

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.comcixous1.hatenablog.com

 

姉妹ブログ

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

cixous5.hatenablog.com

本ブログは一応、いきなり読んでもわかるように書かれていますが、

旧ブログ記載のメソッドを前提として記述しているところもあります。

10倍深く理解するためには、こちらの旧ブログをひととおりお読み

になることを強く推奨します。

 

 (C)このブログの記事は、すべてオリジナル記事です。

引用元を明らかにしない剽窃は、知的財産権の侵害なのでお控え下さい。

 

 なお、いわゆる「ビリギャル」は商標登録されています。

 作品も、その思想も、ウルトラ・リスペクトしているので、本ブログは「ビリギャル」を超・応援し、超・宣伝し、超・おすすめしますが、しかし、間違ってご迷惑になってはいけないとも考え、ここでは商標登録された「ビリギャル」ではなく、「ピリギゃル」が登場します。

 このブログは非営利の研究目的のために書かれており、悪意はありませんので、もし万が一、権利者様が問題があるとお考えならば、ご一報願います。誠実に対応させていただきます。

  

    

ビリギャル~学年ビリからの慶應大学合格記~ (花とゆめCOMICS)

ビリギャル~学年ビリからの慶應大学合格記~ (花とゆめCOMICS)

 

  

ビリギャル式 坪田塾の英文法ノート

ビリギャル式 坪田塾の数学I・Aノート

ビリギャル式 坪田塾の日本史ノート

ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話

人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書

女子高生サヤカが学んだ「1万人に1人」の勉強法

上達するための箴言集・格言集(0011)

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

上達するための箴言集・格言集(0011

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

0011 二者択一は選ぶな。

 

 私シュうぇッチマンの代名詞といえば、「二者択一は選ぶな。」でしょう。

 試みにグーグルで「二者択一は選ぶな」で検索したら、旧ブログがトップページに出てきました。

 二者択一は原則、選ばない。

 この法則が、私シュうぇッチマンをどれだけ助けてくれたことか。

 そもそも決断というのは、非常にストレスのかかる仕事です。

 しょっちゅう決断ばかりしていたら、精神を病みます。

 しかも、その決断が間違えていたら、なおさら。

 間違えていなくても、間違えていたのではないかと疑心暗鬼になった時点で、アウト。

 なるべく選択しないに越したことはないのです。

 そもそも将棋というゲームでは決断が要求され続けます。

 好んで将棋という決断ゲームを指す人間というのは、正気の沙汰とは言えないのかもしれません。

 ストレス耐性を鍛えるゲーム・将棋。

 ただし、将棋が決断を迫られ続けるゲームという定義自体を疑ってみる必要がありそう。

 というのも、将棋はどう指しても一局というようなことが非常に多いからです。

 すぐれた詩が多様な解釈を許容するように、将棋も多様性を許容するゲームでもあるのではないでしょうか?

 したがって、そういった側面もある将棋においては、決断しない方がよいとも言えます。

 より正確にいえば、決断を先送りする能力も必要ということです。

 決断を先送りすると言うと、イメージが悪いというのであれば、決断を差延するということ。

 たとえば、王手飛車をかけられたとします。

 当然、王手に対応しますが、飛車を取られても負け。

 こういった場合は、王手に対応しつつ、飛車を取られないようにする。

 あるいは、飛車を取られても被害が最小になるような王手への対応を考えるわけです。

 いや、待てよ。

 そもそも、王手飛車や両取りなどの概念が示唆するように、将棋は二者択一を選ばないゲームでもあるのではないでしょうか?

 玉も飛車も角も全部、ちょうだい。

 棋士の心の中を覗くと、こういう本音が漏れ聞こえてくることでしょう。

 AさんとBさんのどっちと付き合うか?

 あるサイトには、自身が異性だとして、キスしたい自分はどっちと考えるとあって、感心しました。

 な・る・ほ・ど!

 しかし、私シュうぇッチマンは、そんな面倒くさい考え方はしません。

 どっちとも、つきあえば、いいじゃん。

 もちろん、そんなことはできないだろうことは、鏡を見るまでもなく、承知しています。

 倫理的にもまずいということも、よくわきまえております。

 それ以前に、相手にも選択の自由があることを知らないはずがありません。

 ですから、現実的につきあうのはどっちで、ヴァーチャルで付き合うのはどっちかを選ぶ。

 いわゆる心の浮気というやつですね。

 私シュうぇッチマンの立場は、心の浮気はOK、というか、仕方がないよね派です。

 あるいは、最初にアタックするのはどっちで、次にアタックするのはどっちにするかと考える。

 優先順位をつけるというのは、決断とはまた別です。

 それができない難問であれば、悩まずに、コイン・トス。

 「どちらにしようかな、天の神様の言うとおり」だ。

 こういうふうに考えるのは、将棋でも有用だと思います。

 つまり、優先順位をつけるだけで、二者択一はしていないというのが、私シュうぇッチマンの思考回路なのです。

 とりあえず一兎を追い、後でもう一兎を追う。

 もう一兎が捕まらなかったら、それはそれで諦めるが、最初から諦めることはない。

 こういう心的態度が、私シュうぇッチマンのいう「二者択一は選ばない」ということです。

 非常に積極的になれるし、二者択一ストレスから解放されて、まさに一石二鳥。

 「赤か、白か。」

 「赤。」

 「白。」

 こういう二者択一は、ストレスになります。

 「赤か、白か。」

 「赤。」

 「白。」

 「赤&白。」

 「赤でも白でもない。ピンク。」

 「赤でも白でもない。黒。」

 四択以上に広がると、不思議とストレスは緩和されます。

 また、本当の正解にたどりつく可能性もあがります。

 やっぱり一石二鳥。

 「将棋を上達するには、シュうぇッチマンの旧ブログか、新ブログか。」

 正解は、両方に加えて、他のブログも見ましょうね、です。

 

上達するための箴言集・格言集(0010)

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

上達するための箴言集・格言集(0010)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

0010 名監督になる。

 

 たかが、遊び。

 されど、遊び。

 

 

  

 

 監督という仕事。

 男子にとって、最もあこがれとする職業ではないでしょうか。

 野球の監督、サッカーの監督、映画の監督、・・・・・・等々。

 コーチ業が本業の私シュうぇッチマンは、本当に監督業が天職だと思っています。

 いや、自身がプレーヤーであることよりも、マネージャーであることが向いている人間というほどの意味ですが。

 

  

 

 実は最近、ひょんなことから、ある草スポーツチームの臨時監督に就任しました。

 まあ、余興で、要するにレクリエーションなのですが、わけあって、メンバーは本気。

 ソフトボール・ビーチバレー・バスケットボール・ドッヂボールの4つの競技で競う大会です。

 1つの競技ならともかく、にわか勉強で4つの競技のスペシャリストになるのは不可能。

 ところが、案外、なんとかなるもの。

 理由は、応用力の高さと、観察力の高さだと自己分析しています。

 

 1.他のジャンルで使えない、自身で自信が持てないアドバイスは避ける。

 2.メンタルやマインドの問題に積極的に介入する。

 3.それ以外は、目に見えるレベルでのアドバイスを心がける。

 

 心がけたのは、上記の3点。

 そして4つの競技、そして将棋にも共通するアドバイスとは、

 

 A.序盤・中盤・終盤に分解し、それぞれに課題を与える。

 B.大技がダメなら、細かくポイントをあげる。

 C.急戦がダメなら、持久戦に切り替える。

 D.口癖を改善し、全員に同じフレーズを言わせる。

 E.全員を観察者にして、観察力を上げる。

 

 以上の5つ。

 

  3

 

 具体例を説明しましょう。

 ビーチバレーでは、次のとおりです。

 まず、序盤はサーブ、中盤はレシーブ、終盤は返しと定義します。

 序盤は、変化球のサーブを教えました。

 手の握りはグーにして、横手からのサーブにし、回転数は抑え、軌道を高くする。

 しかし、サービスエースを取れなかったときは、レシーブが必要になるので、中盤とBとCの話をしました。

 レシーブは、急に遅くなりつつ変化するので、ボールが高い段階で速断せず、ボールが手もとに近づいた瞬間をよく見て、とにかく前に飛ばす。

 凡事徹底。変化球のサーブがダメでも、レシーブ力で、ナンバーワンを目指す。

 終盤の返しでは、ネット際をカバーする人を確保するように指示。

 口癖は、弱気な発言は厳禁。

 相手を動揺させたり、味方を励ましたりする言葉を繰り返すように命じます。

 さらに、味方や相手をよく観察するように言い、タイムをとって、ゲームの中でも作戦会議できるようにしました。

 

  

 

 ソフトボールも、基本的には同じです。

 守備では、ピッチャーのせいにするのではなく、キャッチャーのリードに注文をつけます。

 0点に抑えれば勝ちなので、まずはバッテリーから鍛えます。

 といっても、難しい指示は一切なし。

 キャッチャーはミットを明確に構える。

 ピッチャーはミットという的をしっかり見て、そこに投げ込む。

 ボールは回転を抑え、変化させる。

 ビーチバレーのようなボールを理想とし、スピードボールを投げさせません。

 しかし、打たれたら、打ち返すまで。

 攻撃は、2種に分けました。

 カウントや点差の有利・不利で作戦を変えます。

 打順は練習試合で結果を出した人間から順に並べる。

 ビーチバレーとは違って、ピッチャーの球の出所をよく見る。

 想像通りの軌道以外(高すぎる、低すぎる)は、見送る。

 軌道が想像通りなら、振る。

 有利なときは強振、不利なときはコンパクトに振る。

 バットの握りは、不利になるにつれ、短く。

 打者有利のカウントでは長打ねらい、不利のカウントではゴロを打つ。

 メンタル等については、ビーチバレーと一緒です。

 

  

 

 ドッヂボールが、私シュうぇッチマン個人としては、最も研究しがいのあるスポーツでした。

 まずパスをやたら回すことを戒めました。

 スリーパスで態勢を揺さぶったら攻撃というスピーディな展開を徹底。

 速い球を3回投げたら、1回はフェイントでスローボールを投げる。

 ディフェンスは、態勢が良ければ積極的に取りにいく。

 態勢が不十分なら逃げる。等々。

 

  

 

 こんな具合に、技術・メンタル・勝負という三幅対は将棋と同じなんですね。

 自身が名監督になったつもりで、スポーツや芸術を鑑賞してきたことがここで生きてきます。

 いや、そもそも将棋も、プレーヤーといいつつ、常に全軍を躍動させるためのマネージャーという側面も常にあるゲームなので、それも存分に役に立っていると思います。

 将棋においても、プレーヤーとしてではなく、マネージャーとしての自己を鍛えること。

 これが案外、上達の早道かもしれませんね。

 

 あ、そうそう、1つ言い忘れていました。

 勝ちパターンを作ることは、監督の大事な仕事ですよ、と。

 観察していたら、何度もはまる、ドル箱の作戦というものが必ず見つかります。

 バスケットボールでは、左サイドからの3ポイントシュートから、中央での小競り合いを勝ちパターンに指定しました。

 今まで無自覚だったのが、意識化されることにより、フィーバーが起こりました。

 ただし、これが何度も決まりだすと、必ず油断が生じるので、そこは戒めることも忘れません。

 十回以上成功するまでは、笑顔になるなと言いました。

 

 草スポーツ。

 今まで馬鹿にしていましたが、真剣にやると、どうして、楽しいものですね。

 ちなみに、大会の本番は、明日です。