続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

INDEX 総目次・既発表記事一覧・リンク付き目次など

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

INDEX

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

  

総目次

 

第1巻 続ピリ将~シュうぇッチマン、全国大会の巻

はじめに

Ⅰ部 基礎メソッド

 1章 ノート論

 2章 棋譜並べ論

 3章 定跡論

 4章 詰め将棋論

 5章 終盤論

Ⅱ部 確率メソッド

 6章 次の一手論

 7章 駒落ち

 8章 秒読み論

 9章 将棋ソフト論

 10章 観戦論

 11章 対局論

Ⅲ部 盤外メソッド

 12章 上達論

 13章 心理論

 14章 勝負論

 15章 人間論 

補遺 感想戦

  

第2巻 上達するための箴言・格言集1000

  

既発表記事一覧

20170215 01 はじめに

20170216 02 ノート論(1)

20170217 03 ノート論(2)

20170218 04 ノート論(3)

20170219 05~06 ノート論(4)(5)

20170220 06 ノート論(補遺)(補遺2)(復習)

20170221 07 棋譜並べ論(1)(2)

20170222 08 棋譜並べ論(3)(4)

20170223 09 棋譜並べ論(5)(補遺)

20170224 10 棋譜並べ論(補遺2)(復習)

20170225 11 定跡論(1)(2)

20170226 12 定跡論(3)

20170227 13 定跡論(4)

20170228 14 定跡論(5)(補遺)

20170301 15 休載

20170302 16 休載

20170303 17 詰め将棋論(1)

20170304 18 詰め将棋論(2)

20170305 19 詰め将棋論(3)

20170306 20 詰め将棋論(4)

20170307 21 詰め将棋論(5)(復習)

20170308 22 終盤論(復習)

20170309 23 終盤論(1)

20170310 24 終盤論(2)

20170311 25 終盤論(3)

20170312 26 終盤論(4)

20170313 27 休載

20170314 28 終盤論(5)

20170315 29 次の一手論(1)

20170316 30 次の一手論(2)

20170317 31 次の一手論(3)

20170318 32 次の一手論(4)

20170319 33 次の一手論(5)(補遺)(補遺その2)

20170320 34 次の一手論(補遺その2)【解答解説】

20170321 35 駒落ち論(1)

20170322 36 駒落ち論(2)

20170323 37 駒落ち論(3)

20170324 38 駒落ち論(4)

20170325 39 駒落ち論(5)

20170326 40 休載

20170327 41 休載

20170328 42 駒落ち論(補遺)

20170329 43 秒読み論(1)

20170330 44 秒読み論(2)

20170331 45 秒読み論(3)

20170401 46 秒読み論(4)

20170402 47 秒読み論(5)

20170403 48 将棋ソフト論(1)

20170404 49 将棋ソフト論(2)(3)

20170405 50 将棋ソフト論(4)(5)

20170406 51 将棋ソフト論(補遺) 観戦論(1)

20170407 52 観戦論(2)(3)

20170408 53 観戦論(4)(5)

20170409 54 対局論(1)

20170410 55 対局論(2)

20170411 56 対局論(3)

20170412 57 対局論(4)

20170413 58 対局論(5)

20170414 59 上達論(1)

20170415 60 上達論(2)

20170416 61 上達論(3)

20170417 62 休載

20170418 63 休載

20170419 64 メンタル論(1)

20170420 65 休載

20170421 66 休載

20170422 67 休載

20170423 68 メンタル論(2)

20170424 69 メンタル論(3)(4)

20170425 70 メンタル論(5)

20170426 71 勝負論(1)

20170427 72 勝負論(2)

20170428 73 勝負論(3)

20170429 74 勝負論(4)

20170430 75 勝負論(5)

20170501 76 勝負論(補遺)

20170502 77 人間論(1)

20170503 78 人間論(2)

20170504 79 人間論(3)

20170505 80 人間論(4)

20170506 81 休載

20170507 82 休載

20170508 83 人間論(5)

20170509 84 感想戦(1)

20170510 85 感想戦(2)

20170511 86 感想戦(3)

20170512 87 感想戦(4)

20170513 88 感想戦(5)

 

リンク付き目次
cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.com  

cixous1.hatenablog.com  

cixous1.hatenablog.com 

cixous1.hatenablog.com 

cixous1.hatenablog.com  

cixous1.hatenablog.com  

cixous1.hatenablog.com  

cixous1.hatenablog.com

cixous1.hatenablog.comcixous1.hatenablog.comcixous1.hatenablog.com 

cixous1.hatenablog.com 

cixous1.hatenablog.com

 

cixous1.hatenablog.com

 

 

 

姉妹ブログ

記憶せよ、2016年、ここから始まった、と。

将棋史における本格的な「将棋トレーニングメソッド」の誕生

ピリギゃルが将棋倶楽部24初段になる50の方法

cixous5.hatenablog.com

本ブログは一応、いきなり読んでもわかるように書かれていますが、

旧ブログ記載のメソッドを前提として記述しているところもあります。

10倍深く理解するためには、こちらの旧ブログをひととおりお読み

になることを強く推奨します。

 

 (C)このブログの記事は、すべてオリジナル記事です。

引用元を明らかにしない剽窃は、知的財産権の侵害なのでお控え下さい。

 

 なお、いわゆる「ビリギャル」は商標登録されています。

 作品も、その思想も、ウルトラ・リスペクトしているので、本ブログは「ビリギャル」を超・応援し、超・宣伝し、超・おすすめしますが、しかし、間違ってご迷惑になってはいけないとも考え、ここでは商標登録された「ビリギャル」ではなく、「ピリギゃル」が登場します。

 このブログは非営利の研究目的のために書かれており、悪意はありませんので、もし万が一、権利者様が問題があるとお考えならば、ご一報願います。誠実に対応させていただきます。

  

    

ビリギャル~学年ビリからの慶應大学合格記~ (花とゆめCOMICS)

ビリギャル~学年ビリからの慶應大学合格記~ (花とゆめCOMICS)

 

  

ビリギャル式 坪田塾の英文法ノート

ビリギャル式 坪田塾の数学I・Aノート

ビリギャル式 坪田塾の日本史ノート

ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話

人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書

女子高生サヤカが学んだ「1万人に1人」の勉強法

上達するための箴言集・格言集(0043)天才を称える。

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

上達するための箴言集・格言集(0043)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

0043 天才を称える。

 

 おめでとうございます。

 藤井聡太四段29連勝で歴代単独トップに。

 

www.yomiuri.co.jp

www.shogi.or.jp

 

 この増田四段戦は、終盤から本気の集中力を投じて、観戦しました。

 その結果、増田四段から見た藤井四段は、私シュうぇッチマンが絶対に勝てない格上のようだと感じました。

 要するに、藤井四段は「異次元の強さ」(田中寅彦九段)を誇っていて、そこらへんの棋士との差がとても大きいということ。

 彼の連勝はもう誰も止められないだろうと思います。

 相手の棋士には申し訳ないが、30連勝は間違いないと確信しました。

 竜王戦で挑戦して、渡辺竜王が防衛できるかというと、かなり怪しい。

 さて、このような天才が現れたとき、私たちはどうすればよいのでしょうか?

 第1に、この天才を、この天才の内実を、できるだけ理解しようと、近づこうとすること。

 今の棋力を向上させ、その将棋をより深く理解できるように努める必要があります。

 初心者は、初級者へ。

 初級者は、中級者へ。

 中級者は、上級者へ。

 上級者は、有段者へ。

 有段者は、高段者へ。

 棋力の向上が必須でしょう。

 第2は、この天才を褒め称えること。

 天才を褒め称えるのは、意外に骨が折れることです。

 どう褒めたらよいのやら、このレベルの天才になると、もはや言葉が追いつきません。

 藤井四段を称える表現を徹底的に研究しようと思います。

 これは言語学的にも、メディア論的にも、非常に興味深いテーマと言えるでしょう。

 ところで、私シュうぇッチマン、藤井四段は人間ではないと、睨んでいます。

 たしかに、彼の祖父母、母親はテレビで見ましたが、凡庸な人間のようです。

 したがって、テレビに出てこない彼の父親カカロットだと踏んでいます。

 あるいは、お茶の水博士が彼にポナンザかエルモといったAIを内蔵させたか。

 はたまた、天国で将棋の神様が、木村、大山、升田、米長あたりを絶妙にブレンドして遣わせたという可能性もあるでしょう。

 間違いない。

 第3に、せっせと詰め将棋に励みましょう。

 旧ブログでは、詰め将棋をあまりにも軽視しすぎていました。

 詰め将棋の重要性を再認識しましょう。

 事実、私シュうぇッチマンはさっそく詰め将棋のノルマを10倍に増やしました。

 次は、佐々木勇気五段戦。

 たぶん天才には勝てないだろうけれども、佐々木五段もがんばってほしい。

 予想しておくと、彼はきっと和服で臨むだろう。

 藤井四段にもっとも敵意をむき出しにしている佐々木五段。

 人間の将棋がこんなに楽しいなんて。

上達するための箴言集・格言集(0042)新しい力を手に入れよう

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

上達するための箴言集・格言集(0042)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

0042 新しい力を手に入れよう

 

 「新しい力をください わき上がる笑顔 あなたにあげたいの」

 

 KOKIA「The Power of Smile」の歌詞の一節。

 花王のシャンプー「エッセンシャルダメージケア」のCMソングだったので、ご存知の方も多いのでは?

 

www.youtube.com

 

 新しい力。

 パワーやエナジーにも、「新しさ」が必要だということは案外、知られていません。

 お刺身のような生鮮食品であれば、誰もが「鮮度」を気にするでしょう。

 ところが、私たちの内から湧き上がる「力」にも「鮮度」があります。

 食用でも燃料でも構いませんが、油にも鮮度がある。

 それと同じように、私たちのエネルギーにも、実は鮮度が要求されています。

 その「鮮度」が非常に重要だということを知ってほしいと思います。

 また、その「鮮度」を保つことを日々実践していただきたいと願います。

 肉体の衰えよりも深刻なのは、精神の老化。

 本日は、そのような気づきに少しでもコミットメントできればと考え、書き進めていきましょう。

 

 

 「困難なことは頭からするな。

 非常に成功の邪魔になる、という人がある。

 しかし、決してそうではない。

 人間というものは、困難なことに遭えば遭うほど、ますます新しい力が出てくるものだ。」

 

 冒頭の逆走が実によく効いた、この箴言

 ジョン・ワナメーカーによるものです。

 ワナメーカーは、アメリカで「百貨店王」と呼ばれた偉大な実業家。

 オークホールという紳士服店で、彼は価格の統一化(固定価格化)を図り、しかも返品を受け付けるという画期的な商売を始めました。

 これまでの商売は、価格は交渉によって変動するものでした。

 また一度買った商品は、返品することができませんでした。

 ところが、それでは、交渉するのに手間がかかるし、決断するにも葛藤があるので、お金が入ってくるまでに幾多の無駄が生じます。

 金離れを早くした、この商法。

 今日では当たり前でしょうが、当時としては非常に画期的なものでした。

 いうなれば、「ほしい」という感情が即、「手に入る」に結びつくシステムの確立でした。

 さらに言い換えれば、「ほしい」という欲望の「鮮度」に照準化したということができるでしょう。

 フィラデルフィア最初の百貨店であるグランデポットも、同じ哲学に貫かれています。

 さまざまな店舗が集まっている百貨店は、消費者の「あれもほしい、これもほしい」を一瞬で実現してしまいます。

 この一瞬で実現するという、まさに「鮮度が命」です。

 広告を重視し、新聞で初の見開き広告に打って出たことも、欲望の鮮度を重視していたと考えれば、合点がいくでしょう。

 そもそも新聞とはニューズペーパー、すなわち「新しい」情報の集まり、「ニュー」たちの広場。

 そこへ参入するのは、ワナメーカーにとって必然だったと言えるのです。

 

 「広告費の半分が金の無駄遣いに終わっていることはわかっている。わからないのはどっちの半分が無駄なのかだ。」

 

 これまた、おちゃめで、ユニークな一言です。

 推測するに、一半は消費者の欲望の鮮度にコミットすること、もう一半は購買行動につなげることでしょうが、いったいどちらが無駄遣いなのでしょうか?

 通常は、前者を無駄遣いだと考えるのでしょうが、そう考えなかったところにワナメーカーの非凡さがあると言えます。

 さて、ここらへんで、そろそろ最初の箴言に戻ってみましょう。

 困難なことから逃げること。

 これは人間の反射的な本能。

 そのことをワナメーカーは熟知しています。

 だから、あえて最初に皆が飛びつきそうな「楽しようぜ」という甘いささやきから入る。

 けれども、それはワナメーカーの名のとおり、わな作り。

 この「楽しようぜ」という甘いささやきだけは、「鮮度」にコミットすべきではないからです。

 多くの消費者の「楽しようぜ」をもてあそんできた偉人だからこそ、知る究極の一言。

 すぐに手に入らない「困難」に向き合うことが、実は究極の「新しさ」を手に入れる源泉だということをワナメーカーほど知っていた人は、ほかにいなかったのではありますまいか?

 アメリカの開拓者精神を、ここから生き生きと感じることができます。

 未知の世界、未開拓の分野に踏み込んでいくことこそが、新しい力の源である。

 将棋も定跡ばかりをたどっていないで、新しい戦法を試してみることが、上達への近道になるはずです。

 昨日、壁にぶつからないと書きました。

 ただし、壁に出会って、そこで心の洗濯ができれば、それは壁ではないということが言いたかったことの中心です。

 壁に壁画を描けば、それは開拓であり、新しい力を手に入れたことになるのですから。

 さあ、今日の29連勝の新記録がかかる藤井・増田戦は、どうなるのでしょうか?

 このブログのアクセス率は下がるんだろうなあ。(苦笑)

 しかし、将棋界に新しい力を呼び寄せてくれているので、水を差さないようにします。

 

 「困難なことは頭からするな。

 非常に成功の邪魔になる、という人がある。

 しかし、決してそうではない。

 人間というものは、困難なことに遭えば遭うほど、ますます新しい力が出てくるものだ。」