読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

ノート論(1)ノートをつけよう、そしてブログも

はてなブログ

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

ノート論(1)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

1 ノートなんか、いらない

2 ノートを、つける

3 ノート&ブログを、書く

 

 さあ、どーれだ?

 

 

 初段になるために、ノートが大切だということは、旧ブログで述べた。

cixous5.hatenablog.com

 

 私シュうぇッチマンは、旧ブログを書いた後、全国大会出場を決めた。

 旧ブログを書き始めたときの私シュうぇッチマンは、上の選択肢でいくと「2」に該当した。よって「1」の人を「2」へ、そして「初段」へ導くのが、旧ブログの使命だった。ところが、全国大会出場を決めたときは「3」であった。ということは、このブログの使命は「2」を「3」へ引き上げることが使命ということになる。いわば、旧ブログの応用編、というわけだ。(級位者の方も、「参考」にしてもらえれば。)

 さて、全国大会出場を決めた勝因は、ノート。ノートに過去の大会の成績を記録し、ノートに戦型別の勝率を整理しておいたおかげで、戦法の選択の参考になった。

 

コクヨ キャンパスノート ドット入り罫線 5冊パック B5 A罫 30枚 ノ-3CATNX5

コクヨ キャンパスノート ドット入り罫線 5冊パック B5 A罫 30枚 ノ-3CATNX5

 

 

 このノートを重視するスタイルは今後も続けていく。いまさら改良の必要は感じていない。新しいことに手を出すよりも、凡事徹底。このノートを起点とする、わがシュうぇッチマン・メソッドで、全国大会に出場できたわけだし、ネット対局でも常に7割以上の勝率をキープできるようにもなったのだから、このやり方を貫く。

 もちろん、これまでのやり方だけで勝てるほど全国は甘くない。むろん、そうやって自身を追いつめすぎてもよくないのだろうが、適度なプレッシャーも与えておかないと、これ以上の上達は望めそうもない。

 客観的に見て、私シュうぇッチマンが二度全国大会に出場する棋力はない。いちおう三段だが、上に見積もってみても三段半がせいぜい。四段や五段になったからといって、簡単に全国大会出場とはいかないアマ棋界だから、これが唯一のチャンス。

 この唯一のチャンスを存分に楽しみたい! 活躍したい! 上達したい! さらに、まぐれとはいえ、代表になった責任もある。ぶざまな将棋を指す真似だけは回避しなければならないとも思っている。

 結論からいえば、これまでのやり方を見つめ直し、さらに磨きをかけることが、ブレない精神力のためにも必須と考える。その一方で、プラスアルファの付加価値をつけていく必要があると強く感じている。

 旧ブログではノートしか紹介できなかったし、実際、当時はノート以外の実践はなかった。けれども、全国大会出場を決めた最大の要因は、ノートだけでなく、休まずブログを書いたごほうびだったと気がついた。体系的に記述したのが、自らの上達法を整理するきっかけとなり、功を奏した。多くの方からのご意見やご質問も、非常に勉強になったし、励みになった。

 だから、全国大会出場を目指す方や、全国大会で活躍したい方におすすめしたいのは、ノートに加えて、ブログを書くことだ。もちろん、初段を目指す方にとっても有益である。

 アウトプットし、広く公開することにより、自身へもよい意味の圧が加わってくる。それが上達しようとする人間の背中を押す力になる。

 

 

 今回、旧ブログの土台を生かしつつ、新しいブログを築いてみようと着想したゆえんである。つまり、まとめると、今回、選ぶのは「3」ということだ。

 とはいうものの、ただやみくもにブログを書けば、強くなるというものでもない。そのあたりのことを、つまり「勝てるブログの書き方」を、これから書いてみることにしよう。ひょっとしたら、将棋にかかわらず、「強くなるためにブログを書きたい!」という人のヒントになるかもしれない。

  

【本日のまとめ】

 全国大会で活躍したければ、ノートに加えて、ブログの執筆をしよう。