読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

棋譜並べ論(2)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

棋譜並べ論(2)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

序盤改造

 

1.将棋は終盤のみが大事。

2.序盤・中盤・終盤すべて大事。

3.すべて大事だが、まず序盤。

 

 さて、どれにするか?

 

 質重視の高速棋譜並べについては、旧ブログをどうぞ。

cixous5.hatenablog.com

 

 全国大会に備えた棋譜並べは、従来の質重視から、量重視へとシフトする。

 ただし、やみくもに並べていても力にならないので、序盤重視の戦略を打ち出したい。

 ここでも9:1の比率を忘れてはならず、序盤9の、中終盤1の割合をキープする。また、量重視の棋譜並べを9にして、従来の質重視の棋譜並べも1は残す。さらに、PC再生を9にする反面、盤駒を使った古典的な棋譜並べも1は行うというように、絶えず9:1を意識して、鍛えるところを鍛えつつも、全体のバランスにも配慮する。

 戦型についても、特定の戦型、私シュうぇッチマンなら石田流が課題で9にし、その他の戦型が1という風に傾斜をつけている。

 真面目に研究するのは1割にして、あとの9割は流している。そうしないと、棋譜並べだけで、時間を浪費してしまい、気づけば全国大会前夜ということになってしまうだろうから。

 PC再生の場合も、全体を7回並べるが、序盤だけはあと7回並べる。棋譜を整理して、並べ替え、同じ序盤の出だしのものを続けて再生することもする。

 たとえば、イ相振り飛車、ロ振り飛車、ハ振り飛車、二相振り飛車、ホ振り飛車なら、イ・ニ・ホ、ロ・ハというふうに、整序、再グループ分けして、徹底的に序盤を研究する。

 もちろん、定跡書なども参照して、知見を深めることはいうまでもない。場合によっては、ソフトの使用も辞さない。

 アマチュアは終盤が大事だが、しかし、現代将棋は序盤の比率が高まっている。特にアマチュアでは序盤で奇策を弄する者も多く、こちらも奇策を用意すべきなので、序盤の特に最初の数手、十数手で差をつけられないよう、また相手のペースに巻き込まれず、自身のペースに持ち込めるよう、入念に準備しておく必要があると考えている。

  強い人は、序盤でミスをしない。より正確にいえば、序盤で致命的なミスは犯さない。ミスしても何とかするし、そもそもほとんどミスをしないように自身の得意型を持っている。横綱と同じで、序盤はどっしり、隙がなく、泰然自若としている。超・長手数まで粘られて土俵を割ることはあっても、短手数で負けることが極端に少ないのが、勝ちまくっている有段者の特徴だと、今回の分析で思い知った。

 

最初が肝心

最初が肝心

 

 

 というわけで、今回は「3」を選択する。序盤が適当すぎた中終盤型の私シュうぇッチマンが、どう変貌するか、楽しみである。これまでの序盤力が1だとしたら、今回はレベル9まで高めてみせるという意気込みだ。

 

※このやりかたは、基本がきちんとできるようになってから、やる方法である。たまに試す分にはよいけれども、級位者は旧ブログのやりかたをおすすめする。いや、低段者クラスであっても、まずは旧ブログのやりかたをおすすめする。基本ができて、応用は効果を発揮するものだから。

 

【本日のまとめ】

 以下を「9:1」の比率に設定し、棋譜並べする。

◆序盤:中終盤=9:1

◆量:質=9:1

◆PC:盤駒=9:1

◆特定の定跡:その他=9:1