読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

棋譜並べ論(3)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

棋譜並べ論(3

 

f:id:Shouldgo:20161025191302p:plain

 

 全国のピリギゃル・ファンのみんな、おっはー!

 朝から元気なピリギゃルです。今日は将棋部の朝練なのだ。

 これから毎回第3回目に登場するので、よろしく!

 

 それにしても、シュうぇッチマン先生の棋譜並べ、旧ブログの棋譜並べと全然ちがうので、戸惑ってしまいます。

 

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

 

 旧ブログでは、とにかく総合力重視だったと思うんですが、新ブログではとにかく序盤重視で、かぎりなく定跡研究に近づいているように見えます。

 たとえば、旧ブログの定跡講座で、こんな局面があったと思います。

 

f:id:Shouldgo:20170221184657p:plain

 

 左穴熊を志向してきた後手に対し、平然と三間飛車に振って、あえて△4五角を打たせる変化です。

 ここで某有段者の方が▲4六歩と突いた対局をシュうぇッチマン先生と観戦していて、2人して思わず「なるほど!」と唸ってしまいました。

 そもそもの定跡では、三間飛車に振る前に角道を止めます。止めない場合も、今では定跡化されていて、それは▲6三角成に△5二金▲6四馬△6二飛▲4六馬△6七角成と進み、後手よしとされています。

 ですが、シュうぇッチマン先生の研究では、そんなことないとのこと。(旧ブログ参照のこと。)たしかに、アマ高段者の対局や激指も同様の結論で、アマにかぎっていえば定跡書は当てにならないということがよくわかりました。左穴熊に組ませないというメリットを考えると、むしろ先手に利があるのかもしれません。

 ともかく、目には目を、歯には歯を、角取りには角取りをという手で、定跡書にはない、この変化の仕方が非常に勉強になりました。この変化を、シュうぇッチマン先生と私は、繰り返し、並べまくっています。(ちなみに、私は大駒取りになっても逃げず、相手の大駒取りを目指す指し方に、最近はまっています。)

 こうした変化を見つけたときのシュうぇッチマン先生の対応のすばやさは、見習いたいと思います。だって、しっかり研究して、さっそく実戦で試して勝っているんですから。

 相手の研究を外すということをもっと積極的にやっていかないと、相手のペースに飲まれます。そもそも傲岸な相手は、いきなり三間に振って、角を打たせても大丈夫とみている。だったら、その相手の研究を外せるに越したことはない。

 また、外して実力勝負に持ち込めば、勝機ありと考えている某有段者の方もすごいのですが、その思想、考え方自体を即、盗み、吸収しようとするシュうぇッチマン先生もやっぱりすごいと思います。とにかく相手のペースに乗らない、自分のペースに持ち込むというのが、先生の課題のようです。

 当たり前だと思い込んでいる序盤にも、実はさまざまな可能性があるんだということを、最近のシュうぇッチマン先生の棋譜並べから強烈に感じます。たとえば、コンピュータ将棋から積極的に学んで、昨年のNHK杯戦の決勝に出たり、今期の棋王戦の挑戦者になった千田翔太五段の将棋を並べていると、その序盤の斬新さに驚かされます。また、アマチュアの方の、序盤早々の変化球には幻惑されっぱなしです。

 ただ、私くらいの実力(初段)だと、こういう変化球を覚えると、おもしろいくらい勝ててしまい、高笑いが止まりません。おっほっほっほ。シュうぇッチマン先生からは、もっと基本をちゃんとやりなさいと叱られますが、定跡書に書いていない序盤の変化を探して、手っ取り早く勝つのが、私のマイブームになりつつあります。

 旧ブログでは、棋譜並べはどんどん直線的に先へ先へ進んでいくイメージでしたが、新ブログでは、それがどんどん横滑りしていき、前へ進むというより、カニのように横へ進んでいくイメージかもしれません。

 ▲7六歩△3四歩▲7五歩△8四歩で、△8四歩じゃなく、△6二銀なら、△4二玉なら、△5四歩なら、△1四歩なら、△8八角成なら・・・・・・と、どんどん別の候補手を検討していくという感じです。で、いちおう、「その先はどんな感じになるのかなあ」とパラパラ見ておくといったふうです。

 弱い私は、すぐにドラえもん、じゃなかった、シュうぇッチマン先生や定跡書、激指に頼るのですが、シュうぇッチマン先生はめったに激指は使いません。自身の頭で考えることに意味があるし、楽しいと言っています。

 たぶん、シュうぇッチマン先生は、藤井猛九段(藤井システム)や佐藤康光九段(『週刊将棋』に「壊れた」とまで評された!?)、田中寅彦九段(序盤のエジソン)型の棋士なんだろうなと、よくわからないながらも、私は見ています。

 私も得意にしている、シュうぇッチマン・システム(マル秘の中飛車)なんかは、企業秘密で皆さんに紹介できないのが残念なんですけど、斬新なだけでなく、きちんと体系化されているところが感動的です。

 アマ強豪は、将棋年鑑の序盤だけを並べまくると聞いたことがありますが、こんな勉強法もあるんだなあと、私もちょっとずつ試し始めています。定跡書と違って、気になる場合は、中盤や終盤までつながっているので、こっちの方が本物の序盤も鍛えられるなと感じています。 

新・アマ将棋日本一になる法

新・アマ将棋日本一になる法

 

  そういえば、最近のシュうぇッチマン先生は、受けから攻めへ棋風を改造し、居飛車から振り飛車に転回を遂げていますが、インターネット上では振り飛車党のときはアカウント名も変えてしまわれました。(手本とするアマチュア棋士の名前のパロディのようです。)「人格ごと変える」と言っていらっしゃいます。

 この役作り、一体どこの松山ケンイチさんですか!ってくらい。いやあ、ガチすぎます。

 ちなみに、棋譜並べでは振り飛車9に居飛車1ですが、練習対局も連動して9:1です。新アカウントで9局振り飛車を指したら、旧アカウントで1局居飛車を指すというペースです。

 先生を見ていると、オールラウンダーで、マルチのように見えるけれども、その実、芯は頑固なくらいしっかりしているんだなあと感動させられます。

 ピリギゃルは、あっちフラフラ、こっちフラフラですけど、私は私で、多分いいところがあるはず!と信じて、マイペースでがんばろうと思います。おっと、もうこんな時間。やばい、遅刻しちゃうわ。じゃあね。