続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

棋譜並べ論(4)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

棋譜並べ論(4)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

戦型 × 棋風

 棋譜選びは、「 戦型 × 棋風 」で選ぶ。

 

 旧ブログでは、どんな棋譜も地力をつけるために選り好みするなと書いた。

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

 この考えは、今も変わらず抱きつづけているし、正論だと思っている。けれども、実戦の準備ということでいえば、現実的でない部分もあるだろう。

 「教育」の「教」を重視するか、「育」を重視するか。つまり、付け焼き刃でもよいから勝ちたいか、後の成長のためにじっくり根を張りたいかの二者択一が目の前にある。通常は、「教」よりも「育」を1:9の割合で重視するのがセオリーなのだが、直前の対策では、これを転倒して「育」を1に、「教」を9にするのが現実的だと思う。

 その際、考慮するのは、まず自身の戦法選択である。自身がどの戦法で行くかを決断しなければならない。盤の前に座ってはじめて考えるということではいけない。全国大会の一か月以上も前から、戦型を絞っておく必要がある。

 私シュうぇッチマンの場合は、石田流で行くと決めた。万が一、自信が持てないときは地方大会で使ったエース戦法・角換わりで臨むという逃げ道を用意しつつだが、今は石田流の研究に9割の心血を注いでいる。

f:id:Shouldgo:20170222105223p:plain

 戦型の選び方だが、大平武洋五段の『早指しの極意』に、四間飛車、矢倉が一推しで、石田流、横歩取りが二番目に推してあったというのが1つ。次に、将棋倶楽部24の観戦により、24三段以上で勝ちまくっている戦法をモニターした結果、石田流という結論が得られたこと。最後に、自身が詳しくないため、勉強する喜びが大きいという点も大きい。

 ある程度、メジャーな戦法でないと、短期間のうちに自力で深めることが難しい。また、勝ったり負けたりという勝率5割を目指すのは、大会向きの戦術ではない。マンネリの戦法では、勉強するモチベーションが上がらないという問題もある。こういう次第で、私シュうぇッチマンは熟考の末、石田流を選び出した。もう1つのエース戦法に鍛え上げていく所存である。

 ちなみに、穴熊で行くか、行かないかも決めておこう。穴熊で行くなら、穴熊を徹底的に勉強し、指しまくっておかなければならない。穴熊を回避するなら、中途半端な態度は厳禁、多少のリスクは無視してでも、速攻をしかけなければならない。

 私シュうぇッチマンは、穴熊は断乎拒否の姿勢を選ぶ。かつては穴熊に組ませて、広さで勝つ方針だったが、これは勝率という観点から捉えると、非効率的なので、とにかく速攻をしかけ、勢いで攻め倒すことを選択した。帰りの燃料は、積んでいないよ、と。

 というわけで、ここに、棋風という要因も加えておこう。私シュうぇッチマンは、再三書いてきたように、受け将棋であった。しかし、前出の『早指しの極意』にもあるように、早指しにおいては主導権をとった方が勝ちやすいという側面がある。受けは間違えたら、すべてパーになるという恐ろしさがあるのだ。そこで、攻めの棋風に棋風を改造しようと考えた。棋風改造は、大変だが、それだけ大転換なので、楽しみでもある。棋風というより、性格自体を変えようというモチベーションにもなっている。

 以上を踏まえて、棋譜選びは、「 戦型 × 棋風 」で選ぶ。

 

戦型別の棋譜

 こういうときに重宝なのは、戦型別の棋譜集と、同じ戦型で戦い続けているアマチュア有段者の棋譜である。

 これらの棋譜並べは、「身体で覚える」「経験を補う」のに、好適だ。

 

 穴熊で行きたい人は、こちら。

将棋戦型別名局集1 穴熊名局集

将棋戦型別名局集1 穴熊名局集

 

 

広瀬流四間飛車穴熊勝局集

広瀬流四間飛車穴熊勝局集

 

 

四間飛車で行きたい人は、こちら。 

将棋戦型別名局集2 四間飛車名局集 (.)

将棋戦型別名局集2 四間飛車名局集 (.)

 

  

四間飛車のバイブル〈1〉必勝!!四間飛車・急戦編 (四間飛車のバイブル (1))

四間飛車のバイブル〈1〉必勝!!四間飛車・急戦編 (四間飛車のバイブル (1))

 

  

四間飛車のバイブル〈2〉必勝!!四間飛車・持久戦編 (四間飛車のバイブル (2))

四間飛車のバイブル〈2〉必勝!!四間飛車・持久戦編 (四間飛車のバイブル (2))

 

 

三間飛車で行きたい人は、こちら。 

将棋戦型別名局集4 三間飛車名局集

将棋戦型別名局集4 三間飛車名局集

 

 

矢倉で行きたい人は、こちら。 

将棋戦型別名局集3 矢倉名局集

将棋戦型別名局集3 矢倉名局集

 

 

棋風別の棋譜

 

 棋風別なら、棋士の選別を行った方がいい。

 受けなら、大山康晴十五世名人が筆頭だろう。永瀬拓矢六段の初期も、振り飛車党で受けを鍛えたい方には、好適だ。

 

大山康晴名局集 (プレミアムブックス版)

大山康晴名局集 (プレミアムブックス版)

 

   

永瀬流 負けない将棋 (マイナビ将棋BOOKS)

永瀬流 負けない将棋 (マイナビ将棋BOOKS)

 

 

 攻めは、いろいろあって迷う。私シュうぇッチマンは、石田流を身につけたいという戦型上の理由もあって、天野宗歩大先生の香落ちと、升田幸三先生、久保利明先生、菅井竜也先生の棋譜を中心に並べている。

 ただし、プロ棋士は手の殺し合いになって参考にならないこともあるので、アマの高段者の勝局も並べる。指が覚えていると言えるくらいになるまで並べる。憑依するくらい並べる。

 

升田幸三名局集 (名局集シリーズ)

升田幸三名局集 (名局集シリーズ)

 

  

大山VS升田全局集

大山VS升田全局集

 

  

中原誠名局集

中原誠名局集

 

  

大内延介名局集

大内延介名局集

 

  

有吉道夫名局集 (プレミアムブックス版)

有吉道夫名局集 (プレミアムブックス版)

 

  

勝浦修名局集 (名局集シリーズ)

勝浦修名局集 (名局集シリーズ)

 

  

【Amazon.co.jp限定】加藤一二三名局集

【Amazon.co.jp限定】加藤一二三名局集

 

  

内藤國雄のすべて

内藤國雄のすべて

 

 

羽生善治全局集 ~七冠達成まで~

羽生善治全局集 ~七冠達成まで~

 

  

羽生善治全局集 ~名人獲得まで~

羽生善治全局集 ~名人獲得まで~

 

  

羽生善治全局集 ~デビューから竜王獲得まで~

羽生善治全局集 ~デビューから竜王獲得まで~