続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

棋譜並べ論(補遺2)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

棋譜並べ論(補遺2)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

敗局を振り返る

 幼少の頃、自分対自分という将棋を結構、指した。

 ところが、これが面白くない。なかなか白熱しないのだ。

 棋力は同じだから、盛り上がるはずなのに、ちっとも盛り上がらない。むしろ弱い弟と指した方が、よっぽど面白い。なぜだ? いくら考えても分からず、当時は、非常に不思議に思ったものだ。

 

 勝局を振り返るのは愉快痛快。しかし、敗局を振り返るのは屈辱という人が大多数でしょう。私シュうぇッチマンとて、例外ではありません。

 けれども、強くなるために最も必要なのは、自身の弱点を知ること。

 孫子の兵法を引くまでもなく、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」だ。だから、かさぶたをはがすように、自身の弱さを探るため、敗局を振り返ることを今日はおすすめしてみたい。

 全国大会に出場することになって、いままでの棋譜並べに加え、アマチュア有段者の棋譜もチェックするようになった。さらに、これまで記録にとってきた自身の敗局をチェックするようにもなった。そこには、激指との駒落ち・駒落とし激闘譜も含まれる。

 ポイントは、自分の側を持たないこと。つまり、私シュうぇッチマンが先手で敗れた棋譜ならば、棋譜並べをする際は後手側から並べるという意味だ。つまり、相手の側から自身を分析する。あるいは、相手の強さを分析する。いや、相手の強さを吸収する。

 これをやっていくと、自身の弱点がはっきりと分かってくる。いままでは自身の弱点を自覚していなかったこともわかってくる。相手の強さも身につけることができる。

 負けてすぐだと、冷静に自身の棋譜を省みることができない。正視するに堪えないというやつだ。ところが、一年前の棋譜だと、人間の忘却力というものは恐ろしく、あれだけ悔しかったにもかかわらず、まるで覚えていないということも、ざらにある。そうすると、他人の将棋のように、冷静に自身の弱点、相手の強みが分かってくるのだ。

 日頃から、棋譜ノートを取っておくことの効用が、ここで現れる。

 スポーツやバレエなどでは鏡やビデオを使って、自身のフォームを確認する。あれと将棋も同じこと。自身の将棋を正視してみよう。

  相手側を持って並べることにより、自身と戦うことができる。これこそが棋譜並べの究極の長所と言えるものだろう。

   

   

孫子の兵法 (知的生きかた文庫)

孫子の兵法 (知的生きかた文庫)

 

 

新訂 孫子 (岩波文庫)

新訂 孫子 (岩波文庫)

 

  

孫子 (講談社学術文庫)

孫子 (講談社学術文庫)

 

  

名将に学ぶ 世界の戦術 (図解雑学)

名将に学ぶ 世界の戦術 (図解雑学)