読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

定跡論(2)

 

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

定跡論(2)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

短所は切り捨て、長所を伸ばす

 長所を伸ばすか、弱点を補強するか。

 この二者択一には、どう応じよう? もちろん旧ブログなら、弱点を補いつつ、長所を伸ばそうと主張していたところだ。これが正論だと今でも信じているし、譲れないところでもある。けれども、新ブログでは、全国大会までの残り時間(「持ち時間」)が十分にない。つまり、比喩的にいうところの「早指し」特有の対応が求められているということを考慮に入れる必要がある。特例に相当する。

 そこで、弱点を補強することも重要には違いないが、そこに時間をかけるのはもったいない。したがって、長所を伸ばすを9割にして、弱点の補強は1割にとどめるべきだ。

 たとえば、石田流の力戦に持ち込むにしても、もともと得意にしている型と、苦手な型、勝率がよくない型がある。その差をデータ分析して、苦手な型、勝率がよくない型は、思い切って外す。むろん、感想戦は行うし、対策を立てたら実戦で使えるというレベルなら、外すまではしない。けれども、すぐに成果が出ないようなら、思い切って外して、全国大会が終わった後の課題として先送りにする。そして、その型に迷い込まなくて済むように、回避の手段を考え、いかにして得意型に持ち込むかを考える。

 野球でいったら、日本シリーズ。つまり、短期決戦に似ている。調子がよい選手を起用し、過去の実績にしばられてはいけないということだ。

 もし全国大会で、調子が悪いようであれば、ただちにスタメンから外し、控えの戦法を持ってこられるようにしておきたい。私シュうぇッチマンの場合、エースナンバー1を石田流、控えの10番に角換わりを用意している。石田流にしても、ストレート中心に組み立てるのか、カーブ中心に組み立てるのか、投球にも選択肢をいくつか用意しておく。ただし、ストレート中心に行くと決めている。

 翻訳すると、石田流には急戦と持久戦があるが、急戦中心で行くという意味だ。ただし、苦手な力戦になりそうなら回避し、持久戦にする選択肢も排除しないということだ。石田流全般が使えないなら、角換わりに切り替える。

 石田流90(急戦81に対して、持久戦9)に対して、角換わり10という方針である。