続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

定跡論(3)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

定跡論(3)

 

f:id:Shouldgo:20161025191302p:plain

 

横断検索

 おはようございます。ピリギゃルです。

 ピリギゃル・リポート第3弾は、シュうぇッチマン先生の定跡研究です。

 

 先生は、旧ブログでは、一冊の本を丁寧にとおっしゃっています。

cixous5.hatenablog.com

 

 たしかに、先生は私にも「一冊の本を丁寧に」と口を酸っぱくして、おっしゃいます。それは将棋の本だけではないんですよ。勉強も同じことで、「参考書なんて読まずに教科書を7回読め」の一点張りなのです。

 ただ、ピリギゃルは知っている。シュうぇッチマン先生は、あれこれ読んでいることを! それを指摘すると、「有段者は別なのだ」と。ずるい!

 というわけで、今日は有段者用の勉強法をこっそりお伝えするのだと息巻いて、やってまいりましたです、はい。

 シュうぇッチマン先生は、最近、相三間飛車のお勉強をされています。かつては石田流には左穴熊を愛用されていた先生ですが、最近は左穴熊をまったく指さなくなり、相三間飛車を連採されている印象です。実際、かつては常に初形だったご自宅の将棋盤を見てみると、最近は初形ではなく、必ず次の図の局面にリセットしておくように申し渡されています。

 

f:id:Shouldgo:20170226081607p:plain

 

「あのう、もっと先から研究したら、ダメなんですか?」

「石田流は、最初から変化が広いので、ここからやる必要があるんですよ」

「定跡では▲5八金左の一手では?」

「よく勉強していますね。しかし、ここで▲7四歩、▲2二角成、▲4八玉、▲2八銀、▲7八金、▲7六飛などと指されたときに、的確にとがめなければならないので、研究は必要です。」

「▲7八金って、何ですか?」

「昔はそういう指し方もあったんですよ。相三間飛車は女流棋戦に多いのですが、たとえば2002年の鹿島杯、藤森―蛸島戦は、相三間でお互い右金が上がる形になっていて、藤森女流三段が強引に飛車のコビン攻めに行ったのをとがめられています。」

「・・・・・・」

「相三間飛車は、昔の将棋年鑑もひっぱりだしてきて、女流棋戦を並べておかなければ実戦で指すことはできません。」

「・・・・・・」

「定跡書では、久保本や所司本だけでは浮き飛車の変化が不十分です。菅井ノート(先手)も押さえなければいけません。しかし、定跡書だけでは頼りないので、やはり将棋年鑑です。最新号では、甲斐―脇戦が参考になります。脇先生が金無双で勝った将棋です。アマチュアの将棋では、より序盤から細かなかけひき、変化が繰り広げられています。」

「・・・・・・」

 

 私は決めました。先生とは絶対に相三間飛車は指しません。

 ちなみに、先生は相三間飛車の後手版の勝率は100%なんだそうです。「あれれ、将棋に、必勝法なんて、なかったはずですが?」

 以上、現場からでした。バイバーイ。

 

久保流 最強先手振り飛車

久保流 最強先手振り飛車

 

 

早分かり石田流定跡ガイド (マイナビ将棋BOOKS)

早分かり石田流定跡ガイド (マイナビ将棋BOOKS)

 

  

菅井ノート 先手編 (マイナビ将棋BOOKS)

菅井ノート 先手編 (マイナビ将棋BOOKS)