続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

定跡論(5)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

定跡論(5)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

棋譜並べと研究を両立して、習い、慣れよ。

 最近、というのは、もちろん全国大会出場が決まってという意味だが、定跡の研究と棋譜並べと実戦の区別が、なんだか、曖昧模糊としてきていて、旧ブログの章立てを安易に受け継いだことを「シマッタ!」と思う場面が増えてきている。つまり、設計ミス、だ。

 棋譜並べをするように、定跡書を並べる。定跡研究をするように、棋譜並べをする。定跡書や棋譜によって学んだことを、実戦ですぐに試してみたくなる。また、実戦で出くわした筋や局面を、定跡書や棋譜によって追認するということもやる。したがって、これらのジャンル自体に、そもそも区別がなくなってしまうのが、高段者なのだ、と。言い換えたら、それぞれのジャンルを密に行ったり来たりするのが高段者養成のポイントなのだと気づいた。神経を通わせよ。アチャー。

 新たな境地を、おそるおそる覗いているような状況だ。天国にはじめてやってきた人、みたいな感じである。ドラゴンボールの世界だ。もっとも、私シュうぇッチマンは天国へ行ったことがないし、カメハメハを放ったことすらないので、完全に想像の域を越えないのだけれども、級位者と初段と三段と五段では、やはり住んでいる世界が、つまりレベルがまったく、根本から違うのではないかとすら思ってしまう。

 生まれ変わらないといけないくらいに。

 

超ハイレベル英単語800 (Puntasy Worldへようこそ)

超ハイレベル英単語800 (Puntasy Worldへようこそ)

 

  

 

 旧ブログを否定するつもりはない。

 あそこに書いたことは真実だと信じる。24初段(誤解する人が最近多いので注釈すると、将棋倶楽部24の初段は、ただの初段ではない。実際は三段レベル)を目指すのなら、あそこに書いたことを愚直に実行しさえすれば、簡単に(いや、ちょっと苦労すれば、という意味かもしれないが)なれる。

 

cixous5.hatenablog.com

 

 けれども、24三段、つまり、アマ四段~五段、全国レベルを目指すのであれば、旧ブログと新ブログの両立が必須だ。つまり、基礎だけではなく、応用も必要ということである。

 私シュうぇッチマンは、将棋についてはアマチュアだが、別の分野ではプロフェッショナルなので、そういうことも、なんとなくなら予想がつく。この「応用」の中には、きっと努力でなんとかできる部分もあれば、才能や皮膚感覚で学ばなければならない領域もあるだろう。仮に前者を応用の「努力部分」、後者を応用の「才能部分」と名づけることにしよう。

 

  基礎(努力)×応用(努力×才能) 

 

 要するに、新ブログでは、この2つを高度に両立しなければならない。

 

”質”と”量”をかけ算したら、棋譜並べ九百番という結論に達する。

 才能部分については、のちに触れることにして、応用の努力部分についてのメモを残しておきたいのだが、最近、次のメニュー(荒行)を実行しはじめた。

 

 棋譜並べ九百番

 

 尋常ならざる、もうほとんどスポ根マンガの世界だが、しかし実はそれほど大変なことでもない。割り算すると、30回通し×30局なのだから。30回通しが当たり前になっている旧ブログの読者なら、可能な数字だと思う。ここまでしてようやく、全国大会出場者と努力の部分で少し差をつけられるはず。

 

 30(質)×30(量)=900(応用の努力部分)

 

 やり方は、次の要領だ。

 

(1)30局を選別する。そして9:1理論で、ふるいにかけていく。

 27局が三間飛車で、3局がその他の戦型。

 27局中、24局が石田流で、3局がノーマル三間飛車

 24局中、21局がアマチュア棋譜で、3局がプロの棋譜

 21局中、19局が相振り飛車棋譜で、2局が対抗型の棋譜

 19局中、17局が相三間飛車棋譜で、2局がその他の棋譜

 17局中、15局が浮き飛車の棋譜で、2局がその他の棋譜

 15局中、13局が短手数の棋譜で、2局が長手数の棋譜

 なお、それぞれの棋譜には、定跡書の具体的なページ数をリンクしておく。

 

(2)30局を連続して通す。

 いきなり30回並べをやらない。

 まず30局の棋譜棋譜ノートに記録しながら、1回ずつ並べる。

 全体を俯瞰した後、ファイルにして、最も効果的な並び順を考える。

 

(3)26回ずつ並べる。

 a 1~10局を26回ずつ並べる。

   対応する定跡書の勉強を並行させる。

 b 2度目の30局連続通し。

 c 11~20局を26回ずつ並べる。

   対応する定跡書の勉強を並行させる。

  d 3度目の30局連続通し。

 e 21~30局を26回ずつ並べる。

   対応する定跡書の勉強を並行させる。

  f 4度目(仕上げ)の30局連続通し。

 

 感覚を鍛えることが、とにかく大事。しかし、理解も同じくらい大事だ。「習うより慣れよ」が基本だが、「慣れるより習え」が応用というもの。

 定跡と棋譜並べの両輪をバランスよく駆動させることによって、努力部分をカバーしたいと思っている。

 なお、高いレベルまで来ると、能力だけでなく、個性も考慮してあげよう。

 私シュうぇッチマンの場合は、「もともとオールラウンダー型だったのを、スペシャリスト型にしよう」という大筋があって、こういう練習メニューになっている。相手が変化してきても対応できるということが前提なので、そこはあしからずご了承を。

 このブログにかぎらず、私シュうぇッチマンのブログは体系化されている。部分的に読んでもそれなりに理解できるように配慮しているものの、やはり検索して部分的に読むだけでは理解できないと思う。

 

【本日のまとめ】

 応用には、努力でカバーできる部分とそうでない部分とがある。

 まずは努力でカバーできる部分を超がんばる。