読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

定跡論(補遺)泥棒と人殺し以外のことは、すべてやろう

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

定跡論(補遺)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

なりふりかまわず

 試みにGoogleで「将棋」と検索してみた。

 「About 32,800,000 results」

 約三千二百八十万件がヒットする。

 

 背水の陣。窮鼠猫を噛む。火事場の馬鹿力。

 逆境に置かれると、とんでもないパワーが湧き出てくることがある。

 私シュうぇッチマンも、運とまぐれで全国大会出場を決めてから、なりふりかまわなくなった。リミッターが外れた。がむしゃら。

 おそらく家族が難病にかかったら、地震や火事に被災したら、こんな感じなのだろうと思った。いや、「こんな」どころではない。実際にそのような方に、そんな不謹慎なことを言えないのは重々わかっているのだけれども、要するに、私シュうぇッチマンが言いたいのは、人間にはまだまだ眠っている能力、というより、「力」というものがあるのだということ。

 だから、諦めてはいけない。弱い人も、病気の人も、被災者も、諦めてはいけない。走れメロス

 ただ、これが言いたかったのである。ごめんなさい。

 定跡についても、いままでやらなかったことをすべて試してみている。たとえば、インターネットでの検索などもそうだ。「三間飛車」とか「石田流」とかで片っ端から検索しまくる。そして、読みまくる。

 私シュうぇッチマンに足りなかったのは、情報の洪水。

 これまでは消化を意識してきた。だから、同じ棋譜を繰り返し、繰り返し、並べてきた。要するに、一粒のお米を噛みまくれば、「味の向こう側」(『ホームレス中学生』)へたどり着けるかもしれない。こういうコンセプトだった。

 

ホームレス中学生 (幻冬舎よしもと文庫)

ホームレス中学生 (幻冬舎よしもと文庫)

 

 

 けれども、今はどれだけたくさん食べられるか、いわばバイキング形式にシフトしつつあると言えるだろう。毒食らわば皿まで。

 そんな中、たどり着いたホームページやブログ、動画の作者の皆さんには感謝している。今日は、昔とちがって、棋書も充実しているし、インターネットの情報も行き届いていると実感した。

 もっとも上達法については、約三千二百八十万件ある中でも、まだまだ後進分野だと思って、このブログを書いているわけだけれども。

 

ayumushougi.com

ameblo.jp

www.youtube.com

www.youtube.com

 

アゲアゲ☆将棋教室

 

 たとえば、このようなページたちを見つけた。モトショー。

 なんか、モトヤンみたいで、こわすぎる~。

 元奨励会員を倒さなければ、アマチュアの全国大会では優勝できない。いや、おそろしいことになってきた。要するに、部分的にはプロにならなければ、アマ大会では勝てないということなのだ。いや、震えてきた。武者震い? と言いたいところだが、まだそんな余裕はまったくない。

 なりふりかまわず。私シュうぇッチマンの最近の口癖である。

 泥棒と人殺し以外のことは、すべてやろうと思う。(「宇野千代か」というツッコミが即座にできる人は、達人。「小藪千豊か」でも可。) 

 

恋づくし - 宇野千代伝

恋づくし - 宇野千代伝

 

  

宇野 千代 (女性作家評伝シリーズ 6)

宇野 千代 (女性作家評伝シリーズ 6)

 

 

  

なりふりかまわず抱きしめて/B''z (着信音)

なりふりかまわず抱きしめて/B''z (着信音)