読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

詰め将棋論(1)3手詰めは基礎中の基礎

はてなブログ

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

詰め将棋論(1)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

3手詰め

 級位者のころは、有段者というものは、雲の上の仰ぎ見る存在だった。

 少年時代、アイドルは放屁しないし、有段者は3手詰めをやらないと思っていた。が、これは大間違い。

 アイドルの方の真偽は伊藤かりんさんに直撃していただくとして、3手詰めの方はウソである。たしかに、級位者のようには、やらない。うんうん唸ったり苦しんだりということは、ほとんどない。一瞬、つまり、まばたき一つの間に、解いてしまう。

 ただし、「ほとんど」と書いた点に、注目。絶好調のときは、3手詰めが解けないなんてことは絶無だ。ところが、不調のときは、面白いことに、一瞬で解けないことがたまにある。だから、実戦でも、3手詰め(ひどいときは1手詰め)を見逃すということが起きる。要するに、プロであろうが、三段であろうが、3級であろうが、皆、人間なのだ。言い換えると、ミスやうっかり、勘違いから逃れることができない。

 というわけで、私シュうぇッチマンも、3手詰めをときどき解くように心がけている。やはり3手詰めは、基礎中の基礎だから。

 将棋は原則的には、詰ますか、詰まされるかというゲーム。そして、その詰みの最小ユニットが3手詰めなのである。

 これを避けて「将棋が強くなりたい」とか、「必勝戦法を教えろ」とか、「スランプなのですが」とか言っている人は、すみませんが、ここには来ないでください、というよりない。そもそも、まばたき1つの間に3手詰めを解く人と勝負して、低級者が勝てるはずがないのである。

 全国大会で活躍したいと願う人でも、詰め将棋は必要で、長手数(2桁)が9の割合だとしたら、短手数(1桁)も1くらいの割合はトレーニングとして取り組んだ方がよいと思う。

 大事なのは、時間を計って解くことだろう。ハンドブック1冊(200問)か、初見の問題集を何分で解けるか、タイムトライアルするのがよい。

 対局時計と、ストップウォッチと、キッチンタイマーを総動員する。対局時計は(考慮時間を設定できるなら設定した上で)持ち時間を10秒か20秒に設定し、解くごとに時計を叩く。ストップウォッチは1冊すべてを解き終わるまでの時間を計る。キッチンタイマーは、しめきりを決めるために使う。

 ただし、早すぎるのも、毒。実戦では間違えないことが大事だから、最低でも1問6秒は考えるように心がける。

 

3手詰ハンドブック

3手詰ハンドブック

 

  

3手詰ハンドブック〈2〉

3手詰ハンドブック〈2〉

 

  

 びわのたねさんの3手詰め1万本ノックの動画も、おすすめ。

 

【本日のまとめ】

・有段者でも3手詰めをおろそかにしてはいけない。

・長手数:短手数=9:1