続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

詰め将棋論(復習)5五将棋にはなんと論文もある

はてなブログ

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

詰め将棋論(復習)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

5五将棋のすすめ

 旧ブログでも書いたことだが、楠本茂信氏創案の「5五将棋」なるものを推奨したい。

 

cixous5.hatenablog.com

 

5五将棋 - Wikipedia

 

 いくつかの研究&実験と、私シュうぇッチマン独自の研究&実験の結果、導き出されたのが、わがシュうぇッチマン・メソッドである。

 その柱の中でも、「高速棋譜並べ」メソッド、「6秒メソッド」と並んで重要なのが、「5五将棋」メソッドだ。簡単に復習しておくと、3か月間、9×9の将棋盤を封印し、5×5の詰め将棋ばかりを解き続けることにより、脳の回路を活性化させると同時に、熟達化を進めるというものだ。詰め将棋キャンペーン期間を設け、この間は、実戦型の詰将棋5五将棋、必至問題などをひたすら、しこしこ解け、と。

 実際、5五将棋によって、そのような実証実験も行われ、論文化されてもいる。(論文「5五将棋の学習における認知過程の変化」『研究報告ゲーム情報学』2011年 参照のこと。)

 

ci.nii.ac.jp

  

 詰将棋だけでなく、双玉の5五将棋を併せてプレイすれば、効果が上がるというのが、私シュうぇッチマンのオリジナル・メソッドである。みなさんにも、ぜひ、この人体実験への協力をよびかけたい。

 旧ブログ執筆後に出た、青野照市九段考案の9マス将棋も、非常に有効だ。私シュうぇッチマンは、これをさっそく家人とプレーしたが、初心者相手でも楽しめるのがよいところ。

 

9マス将棋

9マス将棋

 

  

9マス将棋カード

9マス将棋カード

 

 

 脳の研究に関する90%の研究論文は、1990年以降に書かれたという。実際、これに即応するように、将棋とコンピュータについての研究論文も量産されてきたのである。

 これからの時代、他のトレーニングメソッドは言うにおよばず、脳科学の知見を応用しない将棋上達論など、画餅の餅に等しいという結果になるのではあるまいか。

 

www.brain.riken.jp