読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

終盤論(1)実戦から必至問題

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

終盤論(1)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

長い詰みより短い必至

 「長い詰みより短い必至。」

 この格言は、非常に重要な、示唆に富む格言である。

 そもそもアマチュア棋士は、プロ棋士やコンピュータのように、即詰みに討ち取る能力に欠陥がある。したがって。

 とここまで書いて、その後に続ける言葉は、次の二択であるだろう。

 a.詰将棋を解こう。

 b.必至を解こう。

 言うまでもなく、どちらも大事。詰将棋の能力を上げることをしなくてよいなどというつもりはないし、詰将棋の能力をカバーする技術を身につけるなというつもりもない。二者択一は選ぶな、である。

 ただし、そうはいっても、強いて選ばなければならない、としたら?

 こういう質問の仕方は、私シュうぇッチマンも嫌いでない。間髪入れずに即答しよう。「必至」、と。

 次の図を見てほしい。私シュうぇッチマンの実戦から。

 

f:id:Shouldgo:20170308124602p:plain

 

中飛車で始まった戦いも、ここでは最終盤の勝負どころを迎えている。

 左側の駒が全部さばけているのが、自慢。とはいえ、現状は、相手の飛車がよく守りに利いている。もしこの3二飛がいなければ、▲8二竜から即詰みを考えてみたい誘惑にも駆られようが、それでもかなり難しい。(たぶん詰まない。)自玉はいわゆる「Z」(「ゼ」ともいう)、つまり、絶対に詰まない形なのだが、それでも相手の玉が自陣飛車の方へ遁走されると、相手も「Z」となり、難局となりそうだ。

 結論からいうと、ここでは必殺の一手必至がある。お考えいただきたい。

 10秒、20秒、1、2、3、…… 正解は、

 

 

 

 

  ▲7四桂

 

 詰将棋でいったら、頭金レベルの1手必至であるが、これに時間をかけて考えているようではお話にならない。6二からの遁走ルートさえ消してしまえば、勝ちが自動的に転がり込んで来る。

 実戦は、△8二歩と受けてきたが、▲8三歩成△同歩▲8二銀までで、私シュうぇッチマンの勝ちとなった。以下は、△同飛▲同竜までである。

 結論をまとめよう。詰将棋よりも、必至の方が大事である、と。

 実戦では、相手玉を詰まさなくてもよい局面がたくさんある。極端な話、自玉に必至がかけられているときにかぎり、相手玉を詰まさなければならないだろうが、それ以外では相手玉を詰ましてもいいし、必至をかけてもいいと言うことができるだろう。押したり引いたりが、将棋の基本。ということは、論理的に考えてみても、詰将棋よりも必至の方が出現頻度が高いというふうに言えそうだ。

 もう一つ、必至を解くためには、詰将棋も解けなければならないという前提がある。ということは、必至を解けば、詰将棋の練習にもなるということだ。つまり、必至は一石二鳥なのである。

 さらに、詰みに気づく能力と、詰めろや必至に気づく能力のどちらがほしいかと、自らに二者択一を迫ってみてほしい。冷静に考えれば、後者に決まっている。事前に察知できれば、対応できる場合もあるからだ。自玉の即詰みと相手玉の即詰みしか検知できなければ、投了するときにエネルギーの節約に役立つくらいだろう。

 想像してみてほしい。「おまえはすでに死んでいる」と言われるのと、「あなたの余命は長くてあと1日です」と言われるのと、どちらがいいのか、と。後者に決まっている。最後の1日を、大事に使わせていただけるのだから。

 そして、この際だから、よくある誤解を解いておきたいのだが、必至は詰将棋よりも難しいという言説があるけれども、これは一概にそうとも言えない。この場合のように、単に退路を塞げばよいという話なら、むしろ3手詰めよりも易しいのだから。「6二の逃げ道を塞ぎましょう」と言われれば、初心者でも桂打ちを指摘することは難しくないだろう。要は、発想の転換

 よくプロは、「詰めろ? 詰めろじゃない?」と口癖のように、ブツブツ言っている。詰めろ、そして、その延長上にある必至こそが、終盤のトレーニングに必須であるという発想の転換をしなければならない。

 時機としては、将棋倶楽部24の上級くらいから、あるいは詰将棋の7手、9手詰めが解けるようになったころから、このパラダイム転換を図るとよいだろう。

 ちなみに、私シュうぇッチマンは、実戦での必至はすべて図面に残している。必至をかけて勝つと、妙にうれしい。

 それを励みに、楽しみにして、実戦では血眼になって必至を探す。

 上の必至も、実際には数手前からこの局面に誘導して仕上げたものだから、脳内将棋盤にくっきりと焼き付いている。

 全国大会を決める直前の準決勝で、小学生名人戦の代表を破ったときも、自玉は詰めろ(相手の名誉のために言っておくと、豊川先生のいわゆる「難解ホークス」)であるにもかかわらず、銀のただ捨てから必至=プレッシャーをかけて勝っている。

 このように、必至で勝つのが、少なくとも、私シュうぇッチマンにとっては理想なのだ。

 

【本日のまとめ】

詰将棋:必至のバランスは、1:9が、マイ・ベスト。

 

www.shogi.or.jp