読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

終盤論(2)Zの法則 絶対詰まない

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

終盤論(2)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

 Z。別名「ゼ」。絶対に詰まない玉のことをいう。

 

Zの誓い

 詰将棋は大事だが、指し将棋、つまり実戦で勝つためには、それだけでは必要十分でない。

 旧ブログではこのことを強調してきたし、新ブログでも強調するつもりだ。

 事実、必至がいかに重要であるかということを、ここまで書き連ねてきたわけだが、もちろん、必至だけをやればよいということではない。必至は、ある意味で、詰将棋の親戚である。根本となる思想は「相手の玉を詰ます」という攻撃的(追跡的)な考え方に根ざす。

 それに対して、凌ぎという観点は「自身の玉を詰まされない」という守備的(逃走的)な考え方に立っている。将棋というゲームは、結局のところ、彼我の陣形差、つまり、相対的な基準で争うものだから、守り勝つという考え方があってもいいわけである。

 

凌ぎの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)

凌ぎの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)

 

  

将棋・ひと目のしのぎ (マイナビ将棋文庫SP)

将棋・ひと目のしのぎ (マイナビ将棋文庫SP)

 

  

 

 この考え方に注目しながら、将棋の歴史を見てみると、実に興味深いものがあるだろう。たとえば、大山康晴十五世名人の受け将棋は、凌ぎに重きを置いていたということができる。また、穴熊が台頭してきたことも、然り。現代将棋は、攻め勝つことだけでなく、「実戦的」に守り勝つことが志向されている。言い換えれば、薄い玉ではなく、堅い玉で戦うということ。渡辺明竜王の指し回しが、その最たる例といえるだろう。

 そのような将棋の歴史の転換点を、私シュうぇッチマンは身をもって知っている。というのも、私シュうぇッチマンが将棋を覚えたころに、穴熊が猛威をふるっていたからだ。ほとんど必勝法に近いイメージで、当時は簡単に穴熊に組めたので、ベテランには負ける気がしなかった。田中寅彦九段の本で居飛車穴熊を勉強した少年シュうぇッチマンは、無敵を誇っていた。(そんな雑な将棋で育ったツケが後で回ってくるとは、当時はつゆ知らず。)

 大学の将棋部時代、皆さんが必読書としていたのが『Zの法則』だった。ちょうど薄い玉から堅い玉重視にシフトした時代の、まさに過渡期に現れるべくして現れた名著だったと言えるだろう。

 

  

Zの法則 絶対詰まない終盤の奥義 (マイナビ将棋文庫)

Zの法則 絶対詰まない終盤の奥義 (マイナビ将棋文庫)

 

 

 ところが、私シュうぇッチマンは当時、この本を読まなかった。仕方がないとはいえ、この本の将棋史の転回点に位置するものだということが、呑み込めていなかったのだ。少年時代、無敵を誇った居飛車穴熊にもさまざまな対策が出始めていて、藤井システムや武者野撃滅戦法、角交換振り飛車の萌芽のようなものが大学将棋界にも広がりつつあったので、持久戦党を離党していたのだ。

 今回、この名著が2度目の文庫化をされたのを機に読んでみたが、なぜ当時これを読まなかったのかと悔やむとともに、非常にすばらしいと感銘を受けた。今日の私シュうぇッチマンは受け将棋だが、基本的にはZという思想とは水と油の関係というか、少なくとも直接的には取り入れてみようということにはならないのだが、それでも非常に参考になった。ここ二十年くらいの将棋の歴史、戦法の変遷を理解するのに役に立った。皆さんにも一読をおすすめする。

 とはいうものの、部分的には自身の将棋にも取り入れてみようとも思っている。たとえば、「飛車金ゼット」なる考え方は、相手の駒台・持ち駒を意識するのにとっても便利だ。飛車と金を渡さなければ、自玉は絶対に詰まないというのが、「飛車金」ゼット。

 もう1つは、私シュうぇッチマンが勝手に造語するのだが、「瞬間ゼット」と「持続ゼット」という概念も、標準装備して全国大会に臨みたい。定義しておくと、「瞬間ゼット」は、一瞬だが絶対に詰まない形。「持続ゼット」は、しばらくの間、絶対に詰まない状況が持続するというほどの意だ。私シュうぇッチマンは読まずして誤解していたが、ゼットはずっとゼットである必要はないし、穴熊やミレニアム(トーチカ)のような堅い玉だけがゼットであるわけでもない。

 穴熊やミレニアムは、私シュうぇッチマンの分類に従えば「持続ゼット」。だから、私シュうぇッチマンには直接、役に立たない。ここは二十年前と棋風が変わっていないし、変えるつもりも、必要もない。なぜなら、私シュうぇッチマンは、今度の全国大会では、石田流で穴熊に組ませずに、100手以内に相手をつぶす方針なのだから。

 けれども、そういう将棋になったときにも、「瞬間ゼット」は必須だと、思考を整理した。ここが二十年前とはマイナーチェンジする部分と言えるだろう。

 攻め将棋だから、受けなくてよいのかと言われれば、ノン。攻め100%や120%を標榜するならともかく、そんなことはないと答えるのが普通だろう。 

 

  攻め・攻め・攻め・受け・攻め・攻め・勝ち。

 

 こんなリズムを私シュうぇッチマンは、勝ちパターンとして想定している。より正確にいえば、

 

  攻め・攻め・攻め・受け(瞬間ゼット)・攻め(必至)・攻め(即詰み)・勝ち。

 

という展開をイメージしているのだ。 

  相手にはZに組ませず、こっちは一瞬の隙を突いて、台風の目のごとく瞬間ゼットに持ち込めるように意識を研ぎ澄ませたいとの戦略を立てている。

 

 

 夏の大会なら、これを着ていくのだが。

 扇子にZと揮毫して持っていくかな。

 

【本日のまとめZ】

・詰ますという発想を転換し、詰まされない形を目指す。

・相手に何を渡してよいのかをよく考える。

・永続的に詰まされない形以外に、一瞬だけ詰まされない形も意識化しよう。

 

   

 

 

『Z』の誓い

『Z』の誓い

 

    

Zロゴ 缶バッチ 6個セット 【ピンク】 im@pe style

Zロゴ 缶バッチ 6個セット 【ピンク】 im@pe style