続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

終盤論(5)詰め将棋と指し将棋の違い

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

終盤論(5)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

関西武者修行

 関西に出張していたので、いくつかの道場で武者修行をしてきた。

 石田流ではほとんど勝てず、戦法を変えるか否か、悩み中。

 さて、血涙の番勝負でこれ以上は負けられないという追い詰められた対局で、方針転換、元の戦型・棋風に戻して対局した(要するに、実験をやめて本気を出したわけです)が、それでも際どいギリギリの終盤戦に突入。

 最後、相手の玉がギリギリ詰まない。ところが、私シュうぇッチマンは果敢にも詰ましに行った。ギャラリーも盛り上がる。詰みがあるのか、と。詰ませたら、プロだぞ。

 ここで長手数の即詰みに討ち取った、と格好つけたいところだが、無論、さにあらず。実は詰ましに行ったのではなく、上部開拓だよん、という落ち。王手を続けた挙げ句の果て、意表をついて、誰も予想していなかった上部への早逃げで、入玉をちらつかせながらの辛勝。

 詰将棋の達人は、指し将棋の達人にあらず。