続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

次の一手論(2)答えって、あるの?

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

次の一手論(2)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

正解のある問題とそうでない問題という問題

 「愛とは何か?」と訊かれて、みんなが同じ答えを返すようになったら、この世の終わり。つまり、これは答えのない問い。

 逆に「1+1=」と訊かれれば、大喜利じゃないかぎり、みんなが同じ解を答えてくれるだろう。こちらは答えのある問い、だ。

 確率メソッドが相手にする次の一手は、後者である。いわゆる手筋に関する問題や、段級認定問題がこれに該当する。コンピュータに訊いたら、どのソフトも同じ答えなら、それも確率メソッドの好餌と言えよう。

 それに対して、読みの技法やイメ読みのように、棋士の個性が如実に出る問題は、確率メソッドの対象外かといえば、一概にそうではないとも言えない。超一流の棋士の見解ならば、意見の相違も勉強になる。難しい局面で、どう指針を立てて、荒波を乗り越えるかを学ぶことができるからだ。

 私シュうぇッチマンは、今日まで棋風改造しようと努めてきた。棋風改造は、性格改造とほとんど同義だ。せっかちな人が、急に落ち着いた人に変わるのは、相当な困難を伴う。それと同じことで、棋風の改造も一朝一夕でなされるものではない。少なくとも、お手本となる人がいなければ、実現できないのではないか。

 言い換えれば、棋風の改造は知識の問題ではないということだ。知識の問題ならば、基礎メソッドで片づく。けれども、知識の問題でなく、性格の問題ならば、基礎メソッドの範囲外。

 たとえば、私シュうぇッチマンは、非常に受け身な棋風である。長い時間をかけて、自身の性格も含めて、そのような棋風となった。昨日の次の一手からも、私シュうぇッチマンの棋風が偲ばれるのでないだろうか。その棋風を攻撃的な棋風に変えようと思ったら、それは単なる定跡の暗記などでは身につくはずがない。

 こういった場合、お手本になる人の読み筋を研究しなければならないだろう。しかも、手の読みだけでなく、考え方の癖のようなものも知り尽くさなければ意味がないだろう。

 イメ読みや読みの技法、あるいは絶対感覚などがそういう方向へ誘ってくれる。

 私シュうぇッチマンは、今回の確率メソッドにおいては、イメ読み、あるいは読みの技法や絶対感覚に出演する棋士の中から、師事(憑依)すべき棋士を探そうと思っている。そして、よい意味で迷いをなくし、頑固になりたいと考えている。

 

羽生善治の戦いの絶対感覚 (最強将棋塾)

羽生善治の戦いの絶対感覚 (最強将棋塾)

 

  

森内俊之の戦いの絶対感覚 (最強将棋塾)

森内俊之の戦いの絶対感覚 (最強将棋塾)

 

  

谷川浩司の戦いの絶対感覚 (最強将棋塾)

谷川浩司の戦いの絶対感覚 (最強将棋塾)

 

  

佐藤康光の戦いの絶対感覚 (最強将棋塾)

佐藤康光の戦いの絶対感覚 (最強将棋塾)