続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

次の一手論(3)スランプ・プラトー・リハビリ

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

次の一手論(3)

 

f:id:Shouldgo:20161025191302p:plain

 

リハビリには、次の一手がよいらしい

 はいはいはい、ピリギゃルの登場ですよー。

 おっとっと、行きすぎた。

 あれ、皆さんの拍手が少ない気が。もっと元気出していきましょう!

 

 元気といえば、シュうぇッチマン先生、元気がありません。

 関西遠征で負けが込んだのが、よほどショックだった模様。

 対戦相手は、セミプロみたいな方やプロの方(角落ち)。ガチンコで戦って、そんなに簡単に勝てるわけがないのです。

 まあ、しかし、最初から勝てるわけがないという考え方ではいけませんよね、はい。

 強くなるには、スランプはつきもの。旧ブログにも書いてありました。強くなるためのスランプはスランプではなく、「プラトー」なんだ、と。

 最近のシュうぇッチマン先生は、まったく勝てなくなりました。別人のようです。初心者のような見落としをすることも多々。持ち時間の管理もままならず、切れ負けすることもしょっちゅうです。廃人のようです。

 ただ、思い切り、レベルを落として、リハビリを始めました。

 

・激指14級相手に四枚落ちで20秒指し

・激指10級相手に二枚落ちで20秒指し

・初段レベルの次の一手(手筋・詰み)60秒指し

・定跡書の黙読60秒指し

 

 ちなみに、先生は問題を解いたり、本を読んだりするときも対局時計を使っています。秒読みでページをめくっています。

 

 シュうぇッチマン先生に、突撃インタビューしてみました。

「ズバリ今回の遠征の敗因は?」

「・・・・・・」

「・・・・・・」

「・・・・・・」

 撃沈。ダメだ、こりゃ。明るく突撃したら、気まずい沈黙でした。

 こういうときは、観察。シュうぇッチマン先生が取り組んでいる本は、次のとおりでした。

 

  

  

将棋・詰みの基本手筋 (マイナビ将棋BOOKS)

将棋・詰みの基本手筋 (マイナビ将棋BOOKS)

 

  

これだけで勝てる 三間飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)

これだけで勝てる 三間飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)

 

 

 きっとこのプラトーを乗り越えて、とんでもなく強い先生が殻を破って誕生するはず。皆さんも、スランプだとも思っても、プラトーなんですから、自暴自棄にならずに、気分転換しながら、リハビリに努めてくださいな。私も『詰みの基本手筋』の第2章をがんばります。

 

「ところで、先生、何勝何敗だったんですか?」

「6勝9敗。」

「はい? なんですって?」

「6勝9敗でした。」

「あの、失礼ながら、グーで殴らせていただいてもよろしいでしょうか?」

 

 これでスランプと言っている意味が、私には分かりません。心配して損した。

 1勝9敗で喜んでいるピリギゃルに謝れ!と言いたいのであります。

 

 まあ、いいや。ではでは、ピリギゃルでした。ごきげんよう