読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

次の一手論(補遺)凡手を徹底せよ

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

次の一手論(補遺)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

凡手徹底

 誤解されてはいけないので、くどくどと強調するのだが、次の一手は非常に大事。

 特に基本手筋の反復は、絶対に外れがないので、確率メソッド向きである。手筋を覚えれば、将棋が9割変わるというのは、あながち間違いとは言えない。勝負所で手筋を逃さぬよう、日々将棋勘を鋭敏に研ぎ澄ましておきたいものである。

 

手筋事典―あなたの将棋が9割変わる!

手筋事典―あなたの将棋が9割変わる!

 

  

 ただ、新ブログは旧ブログの超克を目指しているので、あえて凡事徹底ならぬ、凡手徹底を唱えてみよう。

 NHK杯の準決勝2局などが典型だが、やはり人間の指す大舞台の将棋は、粘り勝ちが基本にして、究極の姿なのだと思う。一発で仕留める妙手よりも、精神における重心を落とした腰の入った、我慢強い凡手を積み重ねた方が勝つのではあるまいか。

 ここまで書き連ねてきて思い出すのが、やはり大山康晴十五世名人である。

 

[新装版]勝負のこころ

[新装版]勝負のこころ

 

 

 私シュうぇッチマンがおすすめするのは、棋譜など読めなくても読むことのできる『勝負のこころ』である。有名な「チャンスは3度見送る」など、大山哲学が開陳されたこの本は、必読だ。

 次の一手であれば、やはり、これ。 

 

  

 

  ただし、一つだけ気をつけなければならない。忍の一手を指すときには、相手の華麗なる妙手をすべて見切ると同時に、自身の格好つけたくなる誘惑を厳しく律し、諫めなければならないということ。魅せる職業であるスター棋士の場合、なおさら凡手徹底は難しい。大山先生は、升田先生という魅せるスター棋士がいたために、かえって凡手徹底できたのだろうが、その苦労と精神は並みでないものがあったと推量する。

 大山将棋ばかり並べていては、大山将棋は身につかないという逆説。華やかで切れ味鋭い将棋をある程度、並べる。しかるのちに、大山将棋を並べるのが、棋譜並べのおすすめだ。次の一手も、ブリリアントな妙手を一通り勉強した後、地味な手筋や忍の一手を勉強するのが本筋ではないかと考える。