続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

次の一手論(補遺2)【解答解説】ネタバレは厳禁です!

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

次の一手論(補遺2)【解答解説】

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

昨日に出題した次の一手問題の正解。

 

再掲図

f:id:Shouldgo:20170319204935p:plain

 

正解は、

 

 

 

 

 

 

 ▲7九角成! 

f:id:Shouldgo:20170320114454p:plain

 

 「終盤は駒の損得より速度。」「馬は自陣へ引け。」

 とはいうものの、角がと金と刺し違える筋である。

 ねらいは△同金なら、▲7七玉の意。放置すれば金を取る。8八角成も防いでいるので、盤上この一手。

 有段者なら、易しい問題だろう。ただし、それは次の一手で出題された場合の話。実戦では諦めて、こういう手が見えなくなりがち。教訓は、最後まで諦めないこと。

 ちなみに、10手前の局面は、こんな感じ。黙っていて、こういう局面になったわけではないのだ。事前工作のたまもの。

 

f:id:Shouldgo:20170320114441p:plain

 

 こちらは駒得だが、相穴熊では金銀の数が正義。常に「投了」の2文字が脳裏に浮かぶも、必死に堪える。遠くから角を打っておいたが、これはおまじない。△2四角と打たれておけば、なんでもないのだから。

 ところが、以下△8八成桂▲同玉△7八金▲8七玉△8四歩▲8六歩△8五歩▲同歩△7七角と進んで、問題図である。(しれっと▲8六歩も、こういうときに必要な凡手だ。)

 相手の側に立っておけば、勝ったと思った瞬間が危ないということ。

 もちろん、私シュうぇッチマンの側から見れば、正解の後も、まだまだ容易ならざる綱渡りが続くわけだが、相手の側に立てば、分かりやすい勝ちを逃した悔しさやらなにやらが去来して胸中穏やかならざるものがあったことだろう。しかし、そこでも冷静に指せば、負けることはなかった。

 次の一手の話だが、メンタルの話に直結してしまう。

 

 この対局の棋譜は、旧ブログに載せておきました。お暇なときにでもどうぞ。

cixous5.hatenablog.com

 

(追伸)

 

 というわけで、にしのクエストのにしのさん、おみごと! 大正解。おめでとうございます。

 

 ただし。今回は、本当にごめんなさい、あえて一言だけ苦言を呈しておきます。正解は、コメント欄に書かないでいただきたいということを。

 もちろん、コメント自体は大歓迎です。だから、本来はお客様に向かって、こんなことを書くのは気が引けました。どうしようかと、一時間くらい長考しました。その結果、「主シュうぇッチマンは、にこにこしている」が、正解という結論が出ました。

 けれども、やはり正解を書かれてしまうと、まだ解いていない方々(級位者や、今回は依頼主、そして未来にこのページを訪れる方も含めて)の楽しみを奪うことになってしまう。そのことの方が重大だと考えました。

 ついでにいうと、次の一手を作るのも、結構、大変です。まず次の一手を出題するために、将棋の対局をしなければなりません。そして、図面に起こすのにも、実は結構、時間がかかっています。解く方は一瞬ですが、解かれる方はそうではない。作者の苦労というものもある。

 料理を作る方は大変ですが、料理を食べる方は簡単です。だから、「いただきます」「ごちそうさまでした」や、それに相当する言葉やふるまいが、非常に大事になってきます。

 縷々述べてきましたが、今回の場合、私シュうぇッチマンの側に最大の過失があるのは明らかです。コメントに正解を書かないよう、注意を促すことを怠っていたからです。問題自体も、ひねりがなかった。今後は気をつけようと反省しました。したがって本来、読者の方を責めるのは、お門違いもはなはだしい。

 ただ、それはそれとして、いろいろな方の立場を想像するということ、そしていろいろな立場を想像するということを促すことが、わがシュうぇッチマン・メソッドの究極の臍に位置づけられるということとの兼ね合いもあります。女ごころと、秋の空と、わがシュうぇッチマンズ・メンタルとは、複雑怪奇なのです。詳しくは、旧ブログをお読みいただければわかることですし、新ブログのメンタル論その他でも言及することになるはずです。いや、その前に、そもそも今日の解説からも、その片鱗がうかがえるのではないでしょうか?

 つまり、次の一手は、ただ正解を当てるだけなら易しくても、そこへ至る心理的、精神的なプロセスが難しいのです。そして、それがないと、実戦では役に立たない。

 将棋は理系だといったのは、クイズのように解ける部分を指しますが、将棋が文系だというのは、同時にドラマそのものだと考えるからです。

 今回の一件を生きた教材にしようと思って、大人げなくも苦言を呈してしまいました。本当にごめんなさい。私シュうぇッチマンの、ダメなところです。

 にしのさん個人に恨みがあるわけでは決してありません。「罪を憎んで、人を憎まず。」むしろ、にしのさんのブログの大ファンですし、初コメントをいただいたことや、私シュうぇッチマンの手を考えてくださったこと、正解していただいたこと、うれしくて思わずコメントしてしまったこと、★を3つもお恵みくださったこと、すべてに感謝しております。

 にしのさん、そして皆様、これからも、「正解以外」のコメントは、どしどしお寄せください。「解けた」とか、「解けない」とか、「ここで7六歩が必殺だな」といったボケ(天然含む不正解)なら、大歓迎です。これからも懲りずに、続ピリ将をよろしくごひいきにお願いします。

 

※その後、静かに、謝罪も挨拶も一切なく、コメントのみならず、スターも取り消しされていましたが、自己中心的かつ「ネットでの発言は簡単に消せる」という誤解は個人的に過去、非常に迷惑した経験があり腸が煮えくりかえる思いを持つので、お名前はこのまま匿名にせずにおきたいと思います。 また、私シュうぇッチマンの記事やコメントも、それなりに労力(心労ふくむ)をかけて書き上げたものですし、多くの方に考えてほしいと思って記述したものなので、あえて消去せずに残しておくことを選びます。さまざまなご意見があるでしょうが、あしからず、ご了承願います。なお、にしのさんとは考え方が合わないので、読者も取りやめたことを付言しておきます。

 と思ったのですが、盤外で戦争するのは好みじゃないし、これも何かのご縁ですし、また、同郷、同業っぽいので、いずれまた、仲直りできる日を待ちたいと思います。北海道の春は5月ですから。

 

コメント力―「できる人」はここがちがう (ちくま文庫)

コメント力―「できる人」はここがちがう (ちくま文庫)