続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

駒落ち論(1)香落ちのすすめ

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

駒落ち論(1)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

はじめに

 角一枚、強くなりたい。いや、香一本、強くなりたい。

 いやいや、せめて、歩一枚だけでも、強くなりたいと希う。

 強さの基準は、駒の数。言い換えれば、駒をどれだけ節約できるか。エコ運転できるかが、棋力と密接に結びついているということだ。

 初心者のうちは、歩を大切にできない。いや、上級者でも、有段者でも、実は同じことで、強くなればなるほど、歩一枚の重要性に気がつくようになり、痛感させられるようになる。

 強くなるとは、何か。駒を最大限、働かせることができること。そして、相手の弱点を突き、自らの弱点を補うことである。

 ちなみに、このことは将棋だけに当てはまることではない。日常から、駒以外のものでも最大活用しようと意識しておくと、将棋にも応用がきくようになる。

 もし、この強さの定義が正しければ、将棋では駒落ちの勉強が不可避といわなければならないだろう。

 リクツでは、こういうことになるが、リクツでなく、実感としても、駒落ちの勉強が不可欠であると、私シュうぇッチマンは日々の修行の中で感じている。

 関西で武者修行をしてきて、一時的にスランプに陥ったが、コンピュータ相手に駒落ち戦を繰り返す過程で、強さと冷静さを取り戻すことができた。いや、実は関西でも、駒落ちや駒落とし戦を経験してきた。道場のよいところは、駒落ち戦が常態化しているところだろう。

 

香落ちのすすめ

 ところで、私シュうぇッチマンは最近、香落ちに凝っている。熱中している。はまっている。香落ちという手合いは、平手に似ているので、平手にも応用がきく。ただし、非常に難しい。

 下手側からすれば、香車がないことをとがめるのが難しい。ハンデは、ほぼないに等しい。あっても、微差。そうはいっても、上手側からすれば、香車がないことをカバーしたり、逆に生かしたりするのに、骨が折れる。工夫しなければ、平手と変わらない。ただ、平手と変わらないということは、香一本強くなれないことをダイレクトに意味する。香一本強くなるという比喩の意味を体感するために、香落ちは必要な手合いだ。

 かつてはプロ棋士も公式戦で香落ちを指した。升田幸三が名人に香を引いて勝つと豪語し、実現したというエピソードは、あまりにも有名だ。たしかに、このエピソードは、それだけ升田が強かったということでもあろうが、私シュうぇッチマンの見方は違う。香落ちという手合いの難しさをよく表した逸話だと捉えている。

 もう1つ、升田先生が常に今以上に強くなろうと向上心を持っていたという逸話だとも読みとれる。名人クラスになると、目標がなくなるはず。しかし、升田先生は名人に香を引いて勝つという目標を持っていた。トップの気概というものを、ここに感じずにはいられないではないか。

 奨励会員が強くなるプロセスにも、香落ちが関わっていることは明らかだ。奨励会には香落ちがあり、この制度と、年齢制限による退会制度が組み合わさることにより、もともとアマ高段者クラスの奨励会員を、さらに強くするのである。

 駒落ちには、いろいろな種類があるし、私たちの棋力にも、さまざまなばらつきがあるだろう。ただ、将棋倶楽部24で初段以上、すなわちアマ三段レベル以上を目指すのであれば、香落ちが最短の勉強法であると私シュうぇッチマンは考えている。

 もし棋力が同等の人がいれば、平香をやってみよう。コンピュータを相手にしても、大丈夫だ。わがシュうぇッチマンメソッドでは、旧ブログに詳しいが、コンピュータと駒落ちで対戦することが、ひとつの特徴となっている。

 

cixous5.hatenablog.com

 

 平手(振り駒)で対戦する。勝つ。

 平手(後手)で対戦する。勝つ。

 香落ち(上手)で対戦する。負ける。

 平手(後手)で対戦する。負ける。

 平手(先手)で対戦する。負ける。

 香落ち(下手)で対戦する。勝つ。

 

 こんな感じで、対戦していく。コンピュータの棋力と自己の棋力の関係を正確に測り(あるいは測るために)平香交じり(平手と香落ち)をやると、効果的だ。

 自身の棋力がコンピュータの棋力で何段なのかを正確に測定することは、実はかなり、難しい。人間にはその日の調子、浮き沈みというものがあるから。しかし、正確に測定できれば、そのときにはその時点で、相当、コンピュータ相手に対戦を繰り返していることになるので、得るものが大きいだろう。

 大駒落ちは、下手なら下手と役割が固定されるが、香落ちは上手も下手も持てるので、また違った感覚で勉強できるのがいい。

 他の駒落ちと違って、グッと精密な将棋、引き締まった将棋になっていくことが実感できるはずだ。

  

【決定版】駒落ち定跡

【決定版】駒落ち定跡

 

 

香落ち必勝法 (王将ブックスDELUXE版―駒落ちシリーズ)

香落ち必勝法 (王将ブックスDELUXE版―駒落ちシリーズ)

 

 

【本日のまとめ】

もう一段、上へ行きたいなら、香落ちを指そう。

自分の将棋を雑だと思うなら、ソフトとの平香交じりがおすすめ。