続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

駒落ち論(4)平手を意識した駒落ち

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

駒落ち論(4)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

新しい戦法の身につけ方

 

サッカー&軍隊式

サッカー 新しい守備の教科書 優れた戦術は攻撃を無力化させる

サッカー 新しい守備の教科書 優れた戦術は攻撃を無力化させる

 

  

サッカーの新しい教科書 戦術とは問題を解決する行為である

サッカーの新しい教科書 戦術とは問題を解決する行為である

 

 

 新しい戦法の身につけ方(身に付け方)については、他ジャンルからも大いに勉強したい。たとえば、将棋とよく似たサッカーは、非常に参考になる。

 「守備とは、攻撃の無力化である。」

 「当たり前のことであくびが出る」というなかれ。将棋において、本当にそれを実行できているのか。自問自答していただきたい。「攻めていると気持ちいいんだよね」レベルのアマチュアが、高段者も含めて9割と私シュうぇッチマンは冷徹に分析している。要するに、厳密な意味での戦術を持っていないということだ。

 攻め駒を責める、攻め駒を無力化する。これは駒落ちの上手を指すことにより、身につけることができるのに、それをやっていない人のなんと、多いことか! で、花園を荒らされたと嘆いている・・・・・・。

 そして、サッカーと並んで参考になるのが、軍隊のそれ。

 軍隊において、新しい戦術を身につける場合、

 

 ・パーツ訓練

 ・シミュレーション

 ・実働訓練

 

を行うと聞く。あえて失敗したり負けたりもするようだ。こうした発想を自覚的に将棋に取り込んでいる人がどれだけいるのだろう。

 

将棋における軍隊式の定式化

 将棋におけるパーツ訓練とは、何か?

 たとえば、雁木穴熊を身につけようとした場合、終盤ならば雁木崩し、穴熊崩し、さらには相手は美濃の可能性もあるので、美濃崩しといった囲い崩しの練習を増やす。あるいは、中盤では雁木特有の手筋や対抗型特有の手筋を勉強する。

 言い換えれば、盤面全体を使うのではなく、局地戦の練習がパーツ訓練に相当する。

 シミュレーションは、やはり棋譜並べが主となる。これは盤面全体、あるいは序盤・中盤・終盤を通した特訓だ。

 実働訓練は、いわずもがな、実戦である。インターネットや親しい相手とのVSや研究会などで試す。ただし、私シュうぇッチマンの場合、対コンピュータによる駒落ちでの実働訓練を重視する。

 これは、ある意味で、パーツ訓練・シミュレーション・実働訓練のすべてをカバーしているとも言える。あえて自らに制約をかけることで、パーツ訓練とすることができる。たとえば、玉の位置をさまざまに想定して実験してみるなどという、かなり緻密な訓練を実施することができる。相手の状況も、さまざまにシミュレートすることもできる。

 わざと負けてみることも、厭わない。はっきり練習試合と割り切っているからだ。しかし、負け慣れすると、自信を失い、よくない。だから、徐々に、勝負にも辛くしていき、調整を図る。

 つまり、このやり方には問題もあって、端的にいえば、初戦に弱くなってしまう。大会なのに、午前の対局が練習試合っぽくなってしまうという問題だ。あまり実験や練習ばかりしていると、勝負師の魂が汚れてしまうのである。

 

将棋はお勉強ではない

 将棋は、お勉強ではない。大事なので繰り返す。将棋は、お勉強ではないのだ。

 たしかに命がけで戦う戦争でもないが、しかし、ただのゲーム、ただのお勉強として割り切ると、やはりモヤモヤするものがある。

 情緒べったりなのもどうかと思うが、ドライ過ぎることと、ウェット過ぎることの両方を吹っ飛ばすものは、やはり勝負に徹する真剣さだろうと、私シュうぇッチマンは考えている。

 それは、真面目さや情緒主義と似ていて間違えやすいが、似て非なるもの。勝率を上げるという一点に賭けると決めれば、人間は冷酷非情な機械にならなければならない。

 もっとも、冷酷非情な機械になると言っても、本当に人間をやめるわけにはいかないのだから、そこにはやはり感情のコントロールが要求されるし、感情との付き合い方が必要となってくる。そこをゆめゆめ勘違いしてはいけない。

 ある種の障害を持っていて、感情が多すぎる人や、少なすぎる人もいるのだが、そしてそれは天賦の才能でもあるわけだが、大事なことは、それだけでは勝てないということ。心を動かさなければいけない。熱くしたり、冷たくしたり、調整できる変温動物であることが必要だ。

 ただのお勉強も必要だし、ただの遊びという割り切りも必要だが、勝負も必要ということだ。冷暖自知。

 

勝率を重視する確率メソッドの位置

 これに対する、今のところの私シュうぇッチマンの答えは、こうだ。

 

  基礎メソッドと確率メソッドの峻別。

 

 わかりやすく言い換えれば、基礎メソッドだけで、実戦に臨んではいけないということである。たとえば、詰将棋をたくさん解いた。難問を解いた。だからといって、実戦ですぐに通用し、急に強くなるかといえば、そんなことはない。

 基礎メソッドは漢方薬と同じで、即効性はないが、後でじわじわ効いてくる。

 新戦法を身につける場合も同じこと。基礎メソッド段階で、あれこれ実験を行っておくが、確率メソッド期に入ったら、一転して勝負に辛く、厳しくしていく。

 

 基礎メソッド期・・・勝率度外視。負けてもよい。練習だもの。

 確率メソッド期・・・勝率超重視。負けてはいけない。勝負だもの。

 

 基礎メソッドと実戦・本番の間に、確率メソッドをワンステップ、しっかり挟むことが、わがシュうぇッチマン・メソッドのポイント。基礎メソッドがアンバランスなところも、確率メソッドでバランスよいものに整えていく。

 ちなみに、棋風改造も同じ要領で進めていく。短手数で勝つと決めたら、それを実践する。基礎メソッド期ならば、長手数の即詰みを狙うが、確率メソッド期なら、早い段階で必至をかけにいくなど、戦術に変化が出る。

 侍ジャパンは、忙しくてよく見ることができず二重に残念だったが、練習試合での感触がよくなかったのが、私シュうぇッチマンには気になっていた。詳しくないので、的外れだったら謝るが、負けてよい練習試合もあるけれども、勝ちに行く練習試合もなければいけないというのが持論だからだ。

 思わず、駒落ちから離れてしまったが、言いたいことは、駒落ちは最良の実験場だということ。確率メソッドにおいて、重要なことは、白黒がはっきり出ること。駒落ちは、練習であり、実験であると定義することもできるし、勝負であると定義することもできる。そこを混同しなければ、非常に使える実験場なのだ。

 なお、確率メソッド期に、駒落ちを指すときは、絶えず、これが平手だったらとの想定を忘れないことも大事。平手と駒落ちを区別しすぎると、実戦で役に立たなくなるから。

 つまり、強くなるための基礎メソッド的な駒落ちは、いわゆる駒落ち定跡を勉強するということになるだろうが、勝率を上げるための応用メソッド、すなわち確率メソッド的な駒落ちは、それだけでなく、より「平手」での「勝負」を想定した駒落ちという考え方にシフトすることが大事だと考えている。

 たとえこちらがコンピュータ相手に六枚落ちで戦うとしても、確率メソッド期ならば、全力で勝ちに行く。超駒損した状況で奇跡の逆転勝ちを狙う本気練習と捉えているからだ。

  

  

リピート率90%超! 小さなお店ひとり勝ちの秘密

リピート率90%超! 小さなお店ひとり勝ちの秘密

 

  

第一五代横綱梅ケ谷藤太郎詳伝―史上最強の横綱ー勝率九割五分一厘

第一五代横綱梅ケ谷藤太郎詳伝―史上最強の横綱ー勝率九割五分一厘