読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

駒落ち論(補遺) 先手番と後手番の微差を生かそうとする

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

駒落ち論(補遺)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

東京での武者修行

 東京で武者修行してきた。

 関西ではひどい目に遭ったわけだが、東京では連戦連勝できた。小さな大会で準優勝することもでき、自信になった。

 ただ、その間、休載させていただいた。毎日来てくださる読者の方にはお詫び申し上げる。

 

先手と後手について

 今日は駒落ちではなく、平手のことを書く。ただし、それは駒落ちの延長という認識である。

 周知のとおり、平手には先手と後手があり、道場では棋力に応じて手番で差をつけるところが多い。ところが、東京の道場は、関西の道場と違って、免状の棋力ではなく、最初はすべて振り駒というルールだった。

 前回の関西での武者修行では基礎メソッド期だったので、勝敗は意識しなかった。しかし、今回の東京での武者修行は確率メソッド期だったので、結果にこだわった。したがって、手番をどう生かすかということをテーマにしたのだが、これがよかったと思う。

 香落ちでさえ、その得を生かす、損をカバーするのは非常に繊細である。いわんや、先後の区別を結果に結びつけるのは、アマチュアには至難の業といわなければならないだろう。けれども、高段者の戦いになればなるほど、先後の差を生かすことを考える必要があると考えた。

 ここまで先後の問題を徹底的に突き詰めて考えたのは、長い将棋人生の中でも初めてのことかもしれない。

 結論を端的に述べる。先手番のときは、急戦にして、主導権を取りに行く。それがどうしてもうまく行かなければ、そのときは初めから後手番だったことにし、気持ちと方針を切り替えて、準急戦または持久戦にスイッチし、粘り勝ちする。

 それに対して、後手番のときは、最初から持久戦を志向し、長手数の美学を貫き、負けない将棋を目指す。後手番のときに、急戦にしたり、無理攻めしたりすることは、9割方、つまり原則として、よほどの勝算がある場合を除き、避けるように心がけた。

 この原則を自身の中で徹底したところ、勝てるようになり、結果を残すことができた。

 そもそも昭和の将棋観は、そのようなものではなかったか。ところが、最近は手損するような将棋が増えて、本質が見えにくくなった。

 私シュうぇッチマンも、平成の将棋に振り回され続けてきた。けれども、プロならいざ知らず、アマチュアではシンプルに、先手急戦、後手持久戦の原則を堅持した方が、迷いもなくなり、方針がぶれず、勝率にも好影響が出る。私シュうぇッチマンは、今回の東京遠征で、このことを確信した。

 これからの方針としては、先手番と後手番の手数を重要な指標とすることになるだろう。後手番のときや不利なときは、駒落ちだと自らに言い聞かせることにした。むろん、千日手も辞さずの構えだ。

 

先手番で勝つ戦法 (将棋最強ブックス)

先手番で勝つ戦法 (将棋最強ブックス)

 

  

後手番で勝つ戦法 (将棋最強ブックス)

後手番で勝つ戦法 (将棋最強ブックス)