読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

秒読み論(1)相手の持ち時間の最大活用

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

秒読み論(1)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

はじめに

 秒読み論については、旧ブログで十分書いたつもり。なので、新ブログではレベルの高い部分を中心に補いつつも、基本的には考察の範囲を拡張して、秒読みには限定しない、つまり時間論一般へと発展することを目指す。

 秒読みは、将棋ウォーズの10秒将棋などを除いては、基本的に終盤の問題であることが多い。ということは、序中盤には、秒読みとは違う、時間についての考察が別途、必要になる。

 そこで、今回と次回は終盤における秒読み論の補足を記すが、その後は序中盤、あるいは対局が始まる前の時間論へと遡行することにしようと考えている。

 

3種の選択

 基本的には、終盤力を鍛えておくことが、そのまま秒読みの強さと結びつく。そう考えて、差し支えないだろう。

 ただし、難しすぎる終盤の場合、踏み込むか、自重するかという選択についても、独自の見解を固めておく必要がある。なお、迷うことは重罪で、日常生活でも判断基準をクリアにし、決断力を磨く習慣を持つとよいだろう。

 私シュうぇッチマンの考え方は、秒読みは確率メソッドに組み入れていることからもわかるように、勝つこと、負けないことを最重視している。言い換えれば、真理よりも心理、最善よりも安全を最優先しているということだ。

 

 1.正しい手(最善手、勝ちにつながる手)

 2.無難な手(次善手、負けにつながらない手)

 3.難解な手(勝負手、逆転につながる手)

 

 もちろん、できることならば、1を選び、踏み込みたい。これを学究タイプ(昔の技術者タイプ)と名づけよう。究極がコンピュータである。

 しかし、人間同士の戦いでは、短い時間で常に最善手を指せるという前提は捨てた方がよいケースもある。そんな保証は誰に対しても、なされないからである。また、最善手=勝率という考え方も疑ってみた方がよいだろう。

 もし有利なら、2を選ぶことも必要だ。これを昔の公務員タイプ(昔の事務員タイプ)と名づけよう。これも究極はコンピュータ。ただし、1と違って、人間らしい部分もかなりある。

 最善手を指し続けることよりも、間違えないことの方が大事。たとえば自陣に手を入れる手や、駒得を図る手は、大きなマイナスになることが少ない。長い詰みより短い必至。これも、2にくくり入れることができるだろう。

 不利なときは、いわずもがな、3を選ぶ。勝負師タイプ(政治家タイプ)。

 戦線を拡大したり、局面を複雑化したり、はったりをかましたり、王手飛車などの大技をねらったり、焦らせたり、相手の読みを外し意表をついたりして、逆転をねらう。

 まず、ここまでを事前に、つまり試合前に整理しておこう。

 

相手の時間

 私シュうぇッチマンの場合、相手の考慮中に最善手を探る。

 相手の考慮中に一生懸命考えることは、秒読みで強くなる大前提である。30秒考えるのと、60秒考えるのでは、後者の方が強いに決まっているのだから。

 ただ、大前提であるものの、考えすぎも問題だと思う。予想外の手を指されたとき、読みが無駄になることもあるし、何より混乱するからだ。また、考えすぎて疲れる上、リズムも悪くなる。デメリットも意識しよう。したがって、相手の考慮中は休憩して、自分の考慮時間に一生懸命考える方がリズムになるし、節約になるという考え方にも一理あるというアンチテーゼも絶えず意識しておく。

 完全に休むのでは勝てない。考えすぎても疲れる。ならば、結論は、明解だ。「相手の時間では、休みつつ、考えよ。」

 相手の考慮中には6秒休む。頭を空っぽにする。姿勢を引き気味にして、冷静さを取り戻す。深呼吸。残りの時間で、ぼんやりと、しかし、最善手を、相手の側から【ここ超重要!】考慮する。言い換えれば、どうすれば自分自身が負かされるかを真剣に考える。

 ゆっくりから、徐々にギアを上げていくイメージ。姿勢は、だんだん前のめりに。

 自身の秒読みのときには、6秒で次善手を考え(6秒指し)、もう6秒使って勝負手をひねりだし(13秒指し)、さらに姿勢を整え、6秒使って各手の比較検討を行い、仕上げの6秒で間違いがないか確認し(26秒指し)、着手する。

 トップギアから、ローギアへ落としていく感じ。姿勢は、前のめりから引き気味へ。