読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

秒読み論(2) 保険をかけつつ、強気に踏み込む

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

秒読み論(2)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

危険と安全の間

 昨日の記事には、大事な補足が必要となる。それは、最善手と次善手の選択をめぐる判断の仕方について、だ。

 要するに、次善手とは緩めることを意味する。緩めることの意義は、間違えないこと。最善だが、難し過ぎて、間違える可能性がどのくらいのパーセンテージなのかを見極めなければならない。

 私シュうぇッチマンは、東京で2局、この選択を誤った。どちらも同じような展開で、相手の飛車を完全に抑え込んで勝勢となったのだが、しかし、安全勝ちを目指して、追いつかれ、追い越され、負けていてもおかしくないという将棋になってしまい、薄氷を踏む思いをさせられた。

 これは最善手に踏み込まなければいけないところを、次善手にしたために起こったミスである。確率メソッドは勝率を重視するから、つい安全な手、無難な手を選びがちになるし、そのこと自体は悪くないのだけれども、最善手と次善手のどちらを選ぶかを間違えることは万死に価する。私シュうぇッチマンは、このことを反省させられた。

 相手が弱ければ次善手でも勝てるのかもしれない。しかし、相手が強いときは最善手の比率を上げなければ勝てない。もちろん、だからといって、間違えては元も子もないので、この選択法をきちんと整理しておかなければならないと痛感させられたのだ。

 結論を端的に記せば、こうである。読み切れたとして、万が一、間違ったとしても被害が小さいと思えば、踏み込め。あるいは、読み切れないが、攻めが続きそうで、間違ったとしても被害が小さいと思えば、踏み込め、と。

 反対に、読み切れていても、万が一、間違えたときに負けたり、敗勢に陥るリスクが高ければ、踏み込むな。あるいは、読み切れていない上、間違えたときのリスクが大きいときは踏み込むな、と。

 以上を整理すると、第一条件は、間違ったとしても被害が小さいかどうか、である。ここは確率メソッド。読み切れることは二義的な問題で、読み切れなくても、イメージで攻めが途切れないなどの好感触が高い確率で期待できるのであれば、踏み込む。

 思うに、勝負手には二種類がある。一つは、不利な側が放つ、いわゆる勝負手。一か八か、乾坤一擲の勝負手がそれ。一般的には、これを勝負手という。しかし、ここで考察しているのは、それとは違う。有利な側が放つ、勝負手というものがあるのではないか、という提案である。

 精神的に追い詰められて、暴発し、自滅するのは論外だとしても、有利を優勢に、優勢を勝勢に、勝勢を勝ちに高めていく勇気ある踏み込みも、必要なのではないか? 勝負所を逃してしまう安全策は、かえって逆転の余地を与えてしまう危険策なのではないだろうか?

 私シュうぇッチマンの感覚だと、駒損の代償をどう考えるかだと思う。駒損するが、いずれ取り戻せるかどうか。駒損するが、相手の玉を薄くできるかどうか。駒損するが、相手の攻め駒を抑えられるかどうか。駒損するが、自玉を堅く維持できるかどうか。駒損するが、手番をもらえるかどうか。

 駒損しても、駒の効率(攻撃または守備)と手番の両方が得られるなら、よほど複雑な局面や展開になるのでなければ、踏み込むべし。これが私シュうぇッチマンの得た哲学である。

 緩めても得が広がるのなら、勝ち急がないという意味で評価できるが、緩める手は基本的に差を縮められるという原理を忘れてはいけない。相手に勝負手を放つチャンスを与える、つまり、いたずらに自身のピンチを招き寄せるリスクのある手だということを考慮から外してはいけないだろう。安全に勝つことと、震えて負けることは、似て非なるものだ。

 有利なときは保険をかけた勝負手を放つのがベストだと、私シュうぇッチマンは東京での教訓を踏まえて、自身に言い聞かせる今日この頃である。

 このときの判断基準に、既述した「先手か、後手か」を加えると判断にブレが生じなくなる。先手番なら、果敢に踏み込むべきだし、後手番なら、慎重に自重して安全に行くべきだ、と。

 いずれにせよ、最善手と次善手の選択の基準を各自で明確化し、整理しておくと、秒読みのときに混乱しなくて済む。

 

【本日のまとめ】

・有利なときでも、安全な手、無難な手、次善手だけでは勝てない。

・有利なときには、保険をかけた勝負手が求められる。

・形勢判断の3要素のうち2要素を上げられるなら、踏み込もう。

・先手番なら、踏み込もう。