読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

秒読み論(5) 熟慮断行 Decisive Action after Thorough Planning

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

秒読み論(5)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

「早指しは将棋が荒れる」は、正しいか?

 この問いは、どこを目指すかによって、答え方が変わってくると思う。

 弱い人は、持ち時間がどうであれ、弱い。その反対に、強い人は、持ち時間がどうであれ、強い。

 したがって、本来、持ち時間は関係ないというのが、私シュうぇッチマンの答えである。旧ブログでは、そういう方針で書いた。だから、秒読みの特訓も行った。

 けれども、将棋が感覚ではなく、読みを競う知的ゲームである以上、時間にとらわれず、熟考し、精読することが本筋であることは論を俟たないとも思う。

 将棋とは、何か。将棋とは、考えること也。

 よって、とことん長考する訓練は、秒読みの訓練とは別に、必須である。

 私シュうぇッチマンの理論を復習しておくと、盤上の形勢判断、盤外の形勢判断の2種があり、盤外の形勢判断には、さらに分岐して、持ち時間・メンタル・成長の3種がある。つまり、持ち時間は盤外の形勢判断であって、盤上の理ではない。盤上の理を追究する上では、徹底的に考えるしか方法はない。

 なるほど、定跡であったり、過去の棋譜であったり、詰将棋や次の一手によるトレーニングであったり、パソコンソフトの参照であったりと、盤上の理を追究する手段は多くあるだろう。しかし、これらはカンニングをしない以上は、いずれも事前準備であって、実際の対局のときに必要なのは、頼みの綱は、わが頭だけである。当たり前のことだが、わが脳みそがどれだけ優秀で、どれだけ好調であるかが全てなのだ。

 そういうわけで、徹底的に深く考える訓練が必須と言いきかせてみる次第である。

 とうとう4月に入った。全国大会が刻一刻として近づいてくる。しかし、私シュうぇッチマンはもう慌てることはない。ここまででやるべきことはすべてやったし、これからやるべきことは決まっており、わかっているのだから。

 自身の脳みそのみに頼る、真理の追究。

 一言でいえば、これだけ。ごまかしは、なし。既知の局面でもわが頭で考え、定跡も自ら編み出すとの勢いで、盤上に没我する。

 察するに、他の出場者は、あれもやらなければ、これもやらなければと、慌てていることだろう。

 しかし、私シュうぇッチマンは、落ち着いている。

 もう早指しは指さないし、棋譜並べや定跡研究も最小限に抑え、熟慮することを第一義に考えて、残りの時間を泰然自若として大切に、丁寧に過ごしたいと希う。

 

【本日のまとめ】

 最後のステージは、即断即決1の、熟慮断行9の割合。