続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

対局論(3) 極度のスランプ対策法

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

対局論(3

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

スランプは続くよどこまでも

 極度のスランプが続いている。腰痛も今まで経験したことのない痛みと闘っている。

 将棋の方は、戦法を変えても、相手の棋力を下げても、まったく勝てなくなってしまった。厳密にいうと、1つだけ勝ったが、こんな感じ。

 ●●●●●●●○●

 こういうスランプに陥ったときには、どうすればよいか。

 軽度のスランプのときには、旧ブログにも書いたことだが、さしあたり次のような対策を試してみよう。

 

(1)一局、わざと負けてみる。

(2)少し強めに、攻撃的に指してみる。

(3)ソフトと接待将棋を指す。

 

 しかし、重度のスランプには、これらの対策は効かない。

 最近、自身の書いたものを虚心坦懐に読むと、明らかに調子がおかしいことが感じ取れる。将棋を見なくても、ああ、この人は将棋が弱いんだろうな、と分かってしまうレベル。

 世の中には、自分自身の文章を読むことができない人が多い。鏡を見られない人が多い。つまり、自己批判ができない、自分自身と向き合うことができない人が多い。

 ジョハリの窓といって、自分自身は、自覚レベルだけでは成立せず、他人から見た自分なども取り入れて、見つめていく必要がある厄介な対象だ。

 幸い、私シュうぇッチマンは、なんとか、自分自身の文章に自覚的に向き合えていると思う。けれども、それは痛々しい。自分で見ても、他人から見ても、明らかにスランプと分かるレベルなのだから。

 より悪いことに、腰痛が史上最悪レベルの痛みを発し、弱り目に祟り目である。

 このような極度のスランプに陥ったとき、どうすればよいのだろうか。答えは、1つしかなくなっている。

 

  手放す。

 

 以上。

 疲れているということだろう。休むしか手はない。

 そういえば、昨日、読んでいた本に興味深いことが書かれていた。

 男子はぼうっとしていて使いものにならない時があるが、それは右脳と左脳を活性化するために、必須のプロセスなのだ、と。

 

 

 雀鬼桜井章一氏も書いていた。渦に巻き込まれたら、じっとしていろ、と。

 悪あがきは体力を奪われるだけ。おとなしくしていたら、そのうち、運気も上がってくる。

 

 たしかに、私シュうぇッチマンは、ぼうっとすることが一番の苦手。

 真面目すぎて、一生懸命すぎて、息詰まってしまったようだ。

 今日は、将棋は、お休み。ゆっくり休んで、腰を治すことにする。