続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

対局論(4) 目・肩・腰に

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

対局論(4

 

f:id:Shouldgo:20161025191302p:plain

 

 おはようさんどす。ピリギゃルです。

 三寒四温。皆さんも体調には気をつけてください。

 

 シュうぇッチマン先生は、腰痛に苦しんでいらっしゃいます。

 ただ、「極度のスランプ」の方は、少し回復の兆しが見えてきました。

 私のアドバイスがよかったみたいですよ。

 お役に立てて、うれしい!

 

目を休めよう

 「押してもダメなら引いてみましょう」と提案したのは、実は私です。

 先生を見ていると、棋譜を検索したり、実戦で試してみたりしたいことが多いからなのでしょうが、パソコンに向かっている時間が長い気がしていました。

 それが腰痛につながったのではないでしょうか。

 先生は、日ごろはそれほどパソコンに齧り付くタイプではありません。アナログに、将棋盤に向かっていらっしゃいます。全国大会があるから、パソコンに齧り付いてしまい、その結果、腰を痛めてしまった。これが私の見立てです。

 

 パソコンは目を酷使します。目を酷使すると、身体に影響します。師匠は、その典型という気がします。普段が健康優良児というか、野生児というか、野蛮人というか、このくらいでやめておきますが、ともかく、あまりに都市や文明からかけ離れている人なので、かえって悪影響が出てしまったのではないでしょうかね。

 

 「休んでみたら、いかがですか?」

 

 こうアドバイスしたのですが、よかったみたいです。今回の経験から、大会の直前は目を休めるとよいと思いました。

 

《ピリギゃル・メモ》

 大事な試合の直前は、目を休めよう!

 

凝り性なアイデアマン

 思わず吹き出してしまいました。先生はもうひとつ、独自の対策を編み出しました。

 といっても、将棋の方ではなく、腰痛対策の方ですが。

 先生は、アイデアマン。そして、たいへんな凝り性です。

 見習いたいと思う反面、ついて行けないと思うことも。

 腰痛対策にも、次々と新手を繰り出していきます。そのうち、腰痛対策のブログを始めてしまいかねない勢いです。

 その中でも、最高傑作は、寝る時の姿勢が大事とのことで、足を縛ってお休みになること。

 がに股で寝ると、骨盤が開いてしまって、よくないのだとか。足の親指をくっつけておくと、効果があると知って、緊縛を始めてしまいました。

 奥様に「紐を持ってくるように」命じたら、「どんな紐でしょうか?」とおっしゃるので、「足を縛るやつ」と先生のご返事。どんな紐だ?

 見たわけではありませんが、想像すると、おぞましい! ここへきて、まさかのSM展開! 将棋好きの団鬼六先生を向こうに回すシュうぇッチマン先生! 

 あら、はしたない、私としたことが・・・・・・

 これが最も効果があったらしく、先生はゴキゲン中飛車、いや、ごきげんです。

 火事になったとき、逃げ遅れて焼死体で発見されないことを祈っています。あまりにも恥ずかしすぎるお姿ですから。

 おあとがよろしいようで。以上、ピリギゃルでした。