読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

メンタル論(2) 全国大会お疲れ様でした

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

メンタル論(2) 全国大会お疲れ様でした

 

f:id:Shouldgo:20161025191302p:plain

 

初めての全国大会

 ピリギゃルです。

 シュうぇッチマン先生の初めての全国大会。結果は、残念ながら、予選で敗退してしまいました。皆様の応援、ありがとうございました。

 しかし、敗退とはいえ、内容は非常に立派な名局ばかりで、文字通りの惜敗と言ってよいと思われます。ハイレベルな全国でも十分通用することを証明し、今後につながる敗戦だったのではないでしょうか。胸を張って、帰ってきていただきたいです。

 もちろん、勝てた将棋を負けたのですから、先生は悔しくてたまらないでしょう。しかし、勝負には時の運というものもあります。振り駒ですべて後手番だったのは、不運としか言いようがないのではないでしょうか。また、これで終わりではありません。これは大事なことです。あるいは、これからのブログが楽しみという意味では、私も含めて、読者にとっては非常に楽しみな展開です。「楽しみ」というと不謹慎に聞こえ、申し訳なくも思うのですけれども、しかし、今後の先生の将棋でのご活躍と、このブログでのご健筆を、弟子として、ファンとして、読者として、願うばかりです。

 とりあえず、上記は、お礼かたがた、速報まで。

 先生からは代わりに謝っておいてと頼まれましたが、強気な私は、謝る必要は全く、1mmもないと思っています。手抜きをしたのなら、それは土下座すべきでしょうが、しかし、先生は一生懸命、がんばりました。私たちの代表として、一所懸命、戦った結果なのですから、先生のファンも、地域の方々も、その結果を先生と一緒に「甘受」するよりありません。Do your best, and abide by the event. 私の好きなことわざで、「人事を尽くして、天命を待て」という邦訳、意訳も気に入っています。abide by 甘受する。シュうぇッチマン先生に教わったイディオム。

 というわけで、続きは、先生から直接、ご報告いただきましょう。

 先生は一睡もせず、また、食事も抜いて戦ったそうなので、休載がつづいて済みませんが、少々お休みさせていだくかもしれません。ただし、その後はすばらしい記事が連なることはお約束させていただきますので、あしからず、ご了承いただきますよう、伏して、額つけて、お願い申し上げます。<(_ _)>