続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

勝負論(5) あなたの本当の実力はまだ開花していないだけ

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

勝負論(5)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

真の実力

 「真の~」「本当の~」という言い方は、うさんくさい。

 現在の状況はあくまでもかりそめのものであって、真実、本当のものは別のところにあるのだというのは、たいていの場合、甘えにすぎないのだから。

 ただし、例外もある。

 卑近な例で恐縮だが、私シュうぇッチマンは、全国大会へ行って通用すると分かった瞬間、はるか格上が相手でも勝てるようになってしまった。結果、四段に昇段。

 逆に、自分自身で現実のレーティングの数字を見すぎていて、「真の実力」に気づいていなかった部分があったのだろう。

 全国大会で、プロ棋士やアマトップクラスの実力者と対戦する機会を得たことで、そこそこ行けると思ったことが、いろいろとメンタルブロックをスコンスコンと突き破って、先日はついに雲の上の五段を倒すところまで行った。

 このブログに「実力四段、五段を目指して」なんて、自分自身でも信じきれていない大ボラ、大きすぎる目標を掲げておいたところ、あらら、瓢箪から駒が出た。

 というわけで、「真の~」「本当の~」も悪くないということを書きつけておく次第である。

 

【本日のまとめ】

・強すぎる人と対戦すれば、真の実力が引き出されるかもしれない。