続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

人間論(1) わが懺悔録

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

人間論(1)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

内省という名の感想戦

 嗚呼、ついに、再び人間論を書くときが来てしまった。

 目次を見れば分かるように、人間論は、つまり最終回を意味する。正直、つらい。つらいというのは、終わることがつらいのではない。書けないから、つらいのだ。

 当初、全国大会へ出場するためにこのブログを始め、結果が出るかどうかはともかく、その努力の過程で、人間として著しく成長することを祈念してきた。ところが、どうだろう。私シュうぇッチマンは、人間的に何か1mmでも成長できたのだろうか? こう問わざるをえないのが、非常につらいのである。

 認めよう。何も成長していない、と。

 将棋が強くなったかどうかも定かでない。ひょっとしたら、少しは知識が増え、少しは強くなったのかもしれない。けれども、人間としての器が大きくなったかと自問すれば、答えは否。そして、人間的に成長していないのならば、そもそもが失敗と断ぜざるを得まい。

 思うに、全国大会なんて出るものではない。いや、全国大会に出場して得たことはたくさんある。けれども、強くなればなるほど、失うものもあるはずだ。そういう自覚を忘れてはいけないと思う。初心者だったころの好奇心と向上心が、今の私シュうぇッチマンに、はたしてどのくらいあるだろうか? 

 今、心から願うことは、少年時代に戻りたい、である。なぜ、あんなに将棋が好きで、将棋が楽しく、将棋に熱中できたのだろう? 大人になるということが、将棋に対する愛情と、快楽と、熱情を失わせるのなら、それは成長ではなく、退化であり、衰退ではないか。

 最近、髪に白いものが混じるようになった。爪に縦線が入るようにもなった。眉毛に張りがなくなり、垂れ下がるようになった。一言でいって、身体や精神に、元気がなくなった。

 そんななか、愛情と快楽と熱情を、少しでもよいので、取り戻したい。あるいは、それに代わる何かを見つけたい。そう焦れて、ここまで来たが、それらを手にすることがついにできなかった。

 認めよう、この新ブログは失敗であった、と。

 これから新しい旅に出なければならない。それは将棋を通じてではなく、別の道を通じて、なのかもしれない。将棋以外の道を迂回して、将棋が強くなる、そして人間を磨く道を探そうと思う。

 ただ、多くの方々にお読みいただき、何らかのヒントになった点だけは救いと考えているし、感謝している。教えることが本当に好きだということは紛れもなく確かであるが、周りより自身と考えたとき、どうしてもうまく行かない。

 やはり自身と周囲を調和させる新たなステージを求めて、旅に出るよりない。

 最後に私シュうぇッチマンより若い世代に告ぐ。少年老いやすく学なり難し。かけがえのない「今」を人間磨きのために、もっともっと大切にしよう、と。