読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

感想戦(3) 強い人に教わる/弱い人に教える

はてなブログ(愛称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

感想戦(3)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

強い人に教わる/弱い人に教える

 理想の感想戦については、ごく手短かに語ることができる。

「同じ実力どうしが対戦し、それを強い人が見ていて、感想戦に加わってくれるの図。」

 これ以上の理想があるのなら、むしろこちらが教えてほしいくらい。NHK杯でも、感想戦の盤側に羽生三冠が参観しているの図は、妙な安心感があるだろう。

 つまり、対戦するには同じ実力どうしがいいが、感想戦は強い人に加わってもらわないといけないということだ。

 だって、考えてもみてほしい。初級どうしの感想戦を。間違いを教え合っている恐れもあるだろう。漫才に喩えたら、ボケとボケ。

 

「ここは詰めろじゃないから(いや、詰めろだよ)詰めろをかければいいんだよ(1手詰みあるんですけど)」

「あ、そうか。じゃあ、この手で勝ちだったんですね(いやいや、その手は詰めろですらないですが) 最後を間違えてしまいました。(いや、敗因は最後ではないぞ)」

 

 なるほど、感想戦をしないよりは、したほうがマシなのかもしれない。しかし、それですぐに成長するか、強くなるかと言われても困るなあ。

 想像するに、指し過ぎにブレーキをかける効用はあると思う。しかし、ブレーキとして感想戦が絶対かと言われれば、答えに窮する。

 私シュうぇッチマンの経験では、感想戦よりも、有益なものが2つある。1つは、外にお散歩へ出かけたり、深呼吸したりして、とにかくリラックスすること。墓場を散歩するか、酒場へ行くのが、私シュうぇッチマン流。温泉につかるのも、グー。

 もう1つは、負けた試合のことを、のべつ幕なく考え続けること。恋煩いのように、寝ても覚めても、その敗局のことばかりを考えている状態は、非常に理想的。脳内将棋盤の形成にも、とっても有意義。

 話を戻すが、もし感想戦をするのなら、強い人との感想戦ほど、ありがたいものはない。少し強いくらいではなく、かなり強い人に教えてもらえる機会があるのなら、ぜひとも教えてもらったほうがいい。

 インターネット対局で、感想戦を申し込むコツは、対局後3秒以内に「いやあ」とつぶやくこと。「いやあ」の代わりに、「なるほど」でも、「そっか」でも、「あの」でも、何でもいい。感想戦をする姿勢を示す。

 私シュうぇッチマンのおすすめは、お世辞作戦。「強い。強すぎる。」とか、「妙手でしたね。」とか、かつてはそんな切り出し方が多かったように記憶している。

 一番いいのは、対局の最中に予約しておくこと。まだ形勢がはっきりしない序盤から中盤の段階で、「最後、感想戦お願いできますか?」などと打診しておく。

 このように、相手が明らかに強い場合、感想戦を申し込むのも手だ。

 ただし、理想の感想戦は、強い人なら誰でもよい、というほど、単純でもないようだ。

 たとえば、あまり饒舌すぎる人は、よくない。エンドレスに符号をこれでもかと並べるタイプは、あまり強くない。ただ、己の強さを誇示したいだけ。

 終盤しか教えてくれない人も避けたほうがいいだろう。

 的のど真ん中を射抜くようなワンポイント・アドバイスを与えてくれ、こちらにも考えさせてくれるタイプが、やはりレッスン・プロ型。疑問文の多い先生も、おすすめである。それで将棋が好きで仕方がないというタイプなら、言うことなし!

 

 

 もしあなたが強い棋士であるなら、ぜひとも弱い人や初心者にも積極的に教えてあげてほしい。きっと教えることも勉強になるはずだから。

 まだ強くないから教えられないという人も、遠慮はよくない。「こんな手はおかしいですか?」のような聞き方なら、大丈夫。私シュうぇッチマンは、こう言って超強豪に一蹴されたことがあるが、逆に、今もそのときの手を鮮やかに覚えているから不思議だ。

 まだ強くないから、やはり教えることは遠慮しておくという人は、、、早く強くなろう!!

 私シュうぇッチマンも、このブログをはじめて強くなったことを実感しているが、それは多くの方に教えたり、教えられたりしてきたからにちがいない。

 教えることをケチらなければ、人も多く寄ってくる。