読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

構想力

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

構想力

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

中休み

 ひととおり、記事を書き終えてしまった。しかし、まだ書き続ける覚悟でいるので、離れるのは待っていただきたい。

 このブログは、旧ブログを下敷きにしながら、実力を四段・五段へ上げて、全国大会へ雄飛せんと企んで書き綴ってきたものにほからならぬが、しかし、その当初の予定、ねらいを十分に果たしてきたとはいいがたい。「臍をかむ」という言葉があるが、そういう心境である。

 実力は、四段の下の方にはあるかもしれない。しかし、全国大会へ出るのだから、それは当然のこと。自慢できたものではない。

 ここからさらにもう一段、しかしこの一段が途方もなく高い壁であり、階段とは違ってよじ登らなければならない類いの段なのであるが、をよじ登るありさまをここで実況中継しなければ、気が済まない。

 吾輩シュうぇッチマンは、凡人である。天才ではない。そもそも、この年齢(ほぼ羽生世代)にして、天才など自称するのは痛すぎる。しかし、それにしても典型的な凡才であり痴人であるにもかかわらず、天の配剤によって、全国大会へ行けたのは、たいそうツイているといわざるをえないのだが、その幸運を生かすべき才能はあるべくもなく、初めての全国大会を前に、結局のところ、浮き足だち、平静ではいられなかった。

 ただ、経験というものは、ありがたいものである。藤井四段ならいざしらず、凡才というもの、愚者というものは、この経験を生かしていくしか途はない。

 全国大会へ出てみて、気づいたこと、否、気づきかけていることが、たくさんある。しかし、それを整序し言語化するには、今しばらく長考に沈む必要がありそうだ。

 ここから地道に努力して、努力して、努力して、ようやく書ける境地があると信ずる。

 このブログは、7回繰り返すつもりでいる。輪廻転生。しかし、その推敲のプロセスをいちいち読者の皆様に公開してお見せするのも愚の骨頂であり、迷惑千万であると心苦しく思うから、それはわたくしうちに処理したいと考えている。

 それでは、代わりに、何を書けばよいのだろうか。ピリギゃルの一発ギャグ? 否否否、百遍否。

 申し訳ないが、少し考えさせていただきたい。休載(休憩)期間がどのくらいの長さになるのか、長いのか、短いのか、有るのか、無いのか、現段階ではまったくもってわからないが、下記、旧ブログの方もご覧いただきながら、お待ちいただければ幸いである。(5月4日あたりの項に拙譜を多量に載せておいた。)

cixous5.hatenablog.com