読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

上達するための箴言集・格言集(0002)

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

上達するための箴言集・格言集(0002)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

 

0002 遅刻しない。

 

 私シュうぇッチマンの好きな女優さんに蒼井優さんがいます。

 彼女が好きな理由は、たぶん誰も当てられないでしょう。

 お分かりですか?

 答えは、稽古場入りが早いから。

 演出家の蜷川幸雄さんが褒めていました。

 どの世界でもそうだが、現場に早入りする人は伸びる。

 ヨーロッパ演奏旅行を成功させ、世界ベストテンに入るかと言われているNHK交響楽団は、ずっと団員が誰一人として遅刻しないことで知られています。

 台風が来ようが、地震があろうが、何が起ころうが、必ず現れるというから、筋金入りのプロ集団。

 谷川浩司九段には、阪神大震災に被災しても、タイトル戦を戦い、羽生七冠の誕生を阻止したという伝説が残されています。

 ひふみんの愛称で親しまれている加藤一二三九段は、最年長棋士で、最多対局数を誇る大ベテランだが、不戦敗が一局もないらしい。

 どんなことがあろうとも、絶対に遅刻しないし、キャンセルしない。

 これはプロの中でも超一流ならではの黄金則と言えそうです。

 私シュうぇッチマンも、こうした超一流には足下にも及びませんが、大事な勝負事では遅刻しないということを、かなり強く心がけています。

 必ず1番に行く。

 そこで、現場でないとできない準備をします。

 そして、30分前には、いつでも行けるという臨戦態勢を完璧に整えています。

 負けず嫌いなので、1番でなければ気が済みません。

 だから、誰よりも早く現場入りします。

 インドアだったら、鍵を開ける人よりも早く到着します。

 鍵を開ける警備員さんに挨拶します。

 警備員さんから、そのビルならビルのお話をうかがいます。

 リサーチ、下見しておくわけです。

 1番に到着したら、あとはその場を離れます。

 ぶらぶら周囲を散歩したり、コンビニで買い物をしたりします。

 準備が必要なことがあれば、誰にもばれないところで密かに済ませておきます。

 で、改めて30分前に現場入り。

 私シュうぇッチマンは方向音痴ですが、道に迷うことはありません。

 30分間は何をするか。

 観察と浸潤です。

 観察とは、人間や環境、気を文字どおり、観察すること。

 浸潤は、自身を場になじませることです。

 現場の方と、少しだけ会話することもあります。

 ただし、会話しすぎないように気をつけています。

 会話に熱中すると、観察がおろそかになる。

 それに、ニュートラルでいることが難しくなります。

 なじみすぎたり、離れすぎたりするのはよくありません。

 即かず離れず。

 よく言ったものです。

 群れすぎず、はぐれすぎず。

 ホームでも、アウェイでもない状況を作る。

 あるいは、そういう状況だと自らに暗示をかける。

 30分前に到着して、そういうことをやるわけです。

 ちなみに、麻雀の桜井章一さんも、30分前に到着するそうです。

 私の教え子のWさんも、私シュうぇッチマンとまったく同じ。

 師弟での1番争いは、壮絶を極めます。

 現場近くのホテルを押さえ、前日、夜中に現場に入って、師の面目を保ちます。

 私シュうぇッチマンが塾講師だったときは、授業の30分前にはすでに板書が完成していました。

 生徒が教室に入ってきたとき、もういきなり黒板はびっしり。

 これだけで、すでに勝負あり、なのです。

 遅刻してよいのは、宮本武蔵だけかもしれません。

 宮本武蔵でないかぎり、遅刻してくる者に斬られてはならない。

 斬りましょう。

 遅刻してくるダメンズ

 男が武蔵、あなたがお通さんでないのなら、つれなく袖にするの一手でしょう。