続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

上達するための箴言集・格言集(0011)二者択一は

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

上達するための箴言集・格言集(0011

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

0011 二者択一は選ぶな。

 

 私シュうぇッチマンの代名詞といえば、「二者択一は選ぶな。」でしょう。

 試みにグーグルで「二者択一は選ぶな」で検索したら、旧ブログがトップページに出てきました。

 二者択一は原則、選ばない。

 この法則が、私シュうぇッチマンをどれだけ助けてくれたことか。

 そもそも決断というのは、非常にストレスのかかる仕事です。

 しょっちゅう決断ばかりしていたら、精神を病みます。

 しかも、その決断が間違えていたら、なおさら。

 間違えていなくても、間違えていたのではないかと疑心暗鬼になった時点で、アウト。

 なるべく選択しないに越したことはないのです。

 そもそも将棋というゲームでは決断が要求され続けます。

 好んで将棋という決断ゲームを指す人間というのは、正気の沙汰とは言えないのかもしれません。

 ストレス耐性を鍛えるゲーム・将棋。

 ただし、将棋が決断を迫られ続けるゲームという定義自体を疑ってみる必要がありそう。

 というのも、将棋はどう指しても一局というようなことが非常に多いからです。

 すぐれた詩が多様な解釈を許容するように、将棋も多様性を許容するゲームでもあるのではないでしょうか?

 したがって、そういった側面もある将棋においては、決断しない方がよいとも言えます。

 より正確にいえば、決断を先送りする能力も必要ということです。

 決断を先送りすると言うと、イメージが悪いというのであれば、決断を差延するということ。

 たとえば、王手飛車をかけられたとします。

 当然、王手に対応しますが、飛車を取られても負け。

 こういった場合は、王手に対応しつつ、飛車を取られないようにする。

 あるいは、飛車を取られても被害が最小になるような王手への対応を考えるわけです。

 いや、待てよ。

 そもそも、王手飛車や両取りなどの概念が示唆するように、将棋は二者択一を選ばないゲームでもあるのではないでしょうか?

 玉も飛車も角も全部、ちょうだい。

 棋士の心の中を覗くと、こういう本音が漏れ聞こえてくることでしょう。

 AさんとBさんのどっちと付き合うか?

 あるサイトには、自身が異性だとして、キスしたい自分はどっちと考えるとあって、感心しました。

 な・る・ほ・ど!

 しかし、私シュうぇッチマンは、そんな面倒くさい考え方はしません。

 どっちとも、つきあえば、いいじゃん。

 もちろん、そんなことはできないだろうことは、鏡を見るまでもなく、承知しています。

 倫理的にもまずいということも、よくわきまえております。

 それ以前に、相手にも選択の自由があることを知らないはずがありません。

 ですから、現実的につきあうのはどっちで、ヴァーチャルで付き合うのはどっちかを選ぶ。

 いわゆる心の浮気というやつですね。

 私シュうぇッチマンの立場は、心の浮気はOK、というか、仕方がないよね派です。

 あるいは、最初にアタックするのはどっちで、次にアタックするのはどっちにするかと考える。

 優先順位をつけるというのは、決断とはまた別です。

 それができない難問であれば、悩まずに、コイン・トス。

 「どちらにしようかな、天の神様の言うとおり」だ。

 こういうふうに考えるのは、将棋でも有用だと思います。

 つまり、優先順位をつけるだけで、二者択一はしていないというのが、私シュうぇッチマンの思考回路なのです。

 とりあえず一兎を追い、後でもう一兎を追う。

 もう一兎が捕まらなかったら、それはそれで諦めるが、最初から諦めることはない。

 こういう心的態度が、私シュうぇッチマンのいう「二者択一は選ばない」ということです。

 非常に積極的になれるし、二者択一ストレスから解放されて、まさに一石二鳥。

 「赤か、白か。」

 「赤。」

 「白。」

 こういう二者択一は、ストレスになります。

 「赤か、白か。」

 「赤。」

 「白。」

 「赤&白。」

 「赤でも白でもない。ピンク。」

 「赤でも白でもない。黒。」

 四択以上に広がると、不思議とストレスは緩和されます。

 また、本当の正解にたどりつく可能性もあがります。

 やっぱり一石二鳥。

 「将棋を上達するには、シュうぇッチマンの旧ブログか、新ブログか。」

 正解は、両方に加えて、他のブログも見ましょうね、です。