続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

上達するための箴言集・格言集(0012)鶏口牛後

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

上達するための箴言集・格言集(0012

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

0012 鶏口牛後

 

 メンタル、大事。

 けっきょく、草スポーツの大会は、勝てませんでした。

 しかし、以前から比べると、皆さん、別人のようでした。

 勝とうとしていましたし、負けて悔しいと思うようになっていたからです。

 足りないのは、メンタルでした。

 とにかく、成功体験がないので、ネガティブな自己暗示をかける癖を取るのが大変でした。

 「負け組」というのでしょうか。

 こういう言い方って、実は他人から付与されることはあまりありません。

 たいてい、自己規定だったりします。

 自分でそういうレッテルを貼ってしまう。

 これでは、しかし、いつまで経っても、不幸から抜けられません。

 それでは、ネガティブな自己暗示や自己規定を脱・洗脳する方法は何でしょうか。

 成功体験しかありません。

 一度、成功させてしまえば、性格が明るくなります。

 性格が明るくなれば、どんどんよい方向へ転がっていくでしょう。

 だから、成功させて、性格を明るくすることが、コーチングでは最も大事です。

 そうはいっても、簡単に成功させることはできない。

 こう考えるのは、間違っています。

 「鶏口牛後」という四字熟語をご存知でしょうか。

 「鶏口となるも牛後となるなかれ。」

 昔、高校時代に、漢文で教わりました。

 端的にいえば、小さな集団のトップ(鶏口)に立てという意味です。

 そして、大きな組織の末端(牛後)に甘んじていてはいけないという意味です。

 偏差値の高い学校に入学して喜んでいる人がいます。

 大企業に入って悦に入っている人がいます。

 しかし、これで満足してはいけないのではないでしょうか。

 偏差値の高くない学校に入学して、そこで一位を獲る。

 中小企業でリーダーになる。

 こういうことのほうがよいというのが、「鶏口牛後」の教えです。

 私シュうぇッチマンは、この教えに全面的に賛成です。

 特に、自信を失った人間には、小さな、狭い範囲での成功体験を持たせたいと願っています。

 なるほど、よくある誤解に、ダメな組織に入って一位になっても意味ないじゃんというものがあります。

 しかし、これは間違っています。

 ダメな組織に入って一位にもなれない人間が、世の中にはゴマンといる。

 まず、そのことを忘れています。

 それから、ずっとダメな組織に所属しているようではいけません。

 そのダメな組織を改革して、ダメじゃない、精鋭部隊に育てる必要がある。

 また、その組織にずっと所属するのではなく、新しい環境を求めて移動を続けなければならない。

 このことを忘れている時点で、牛後なのです。

 さて、私シュうぇッチマンは、子どものころ、将棋ではクラス無敵でした。

 まず、これが将棋に夢中になるきっかけとなりました。

 ところが、引っ越しをして、クラス最弱になりました。

 悔しくて、努力しました。

 そしたら、市の大会で準優勝するまでになりました。

 大人も出場する大会で、小学生である私シュうぇッチマンが準優勝したのです。

 一生ものの自信になりました。

 大学のころ、ブロック大会で入賞しました。

 そして今年、県代表になって、全国大会に出場することができました。

 この中で、最も大事だったのは、小学校時代の経験かもしれません。

 中年になって県大会で優勝したことよりも、少年時代に市の大会で準優勝したことのほうが大事な経験であったと思います。

 「井の中の蛙大海を知らず。」

 このことわざも、大事なことを教えてくれるには違いないでしょう。

 しかし、どんな小さな大会であっても、自信をつけることなしには、大海で通用しないと思います。

 いつまでも大海へ出ないのはいけませんが、井の中でチャンピオンになる経験は必要です。

 もし、どうしても将棋で自信をつけられないならば、まずはそれ以外のジャンルで自信をつけましょう。

 え、すべての分野で勝てない場合は、どうするか、ですって。

 答えは、1つ。

 頭を使って、根本から考えなおしてみてください。

 根本的に間違っている可能性が高いので。

 やってはいけないことも1つあります。

 それは、自己否定すること。

 あなたが悪いのではなく、何も考えないことが悪いのです。

 考えて、小さな何かで成功を収めるようにしてみてください。

 先延ばしにしてはいけません。

 明日にでも、何か1つ、どんなに些細なことでもよいので、勝ってきてください。

 ひよこのくちばし、でもいい。

 あなたがどんな人であったとしても、あなたには、眠っている才能が必ずあります。

 それを見つけてください。

 You can do it !!