続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

上達するための箴言集・格言集(0019)かけ算九九を

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

上達するための箴言集・格言集(0019

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

0019 かけ算九九を覚えるように

 

 「かけ算九九を覚えるように~する」というフレーズがありますね。

 私シュうぇッチマンは、このフレーズが好きです。

 そもそも将棋盤も九九、八十一マスでできているので、かけ算と何らかの親和性があるのではないかと注目しているのです。

 そもそも、私シュうぇッチマンは、算数の中ではかけ算が、得意。

 九九だけでなく、十の段や十一の段、十二の段、十三の段、十四の段、十五の段でも言えます。

 将棋盤の拡大版くらいに思ってしまうのかなあ。

 将棋も九九も、ともに小学校2年生に覚えたからなのか。

 ともかく、私シュうぇッチマンはかけ算と将棋が好きなのです。

 小学校2年生というのは、私シュうぇッチマンにとって、最も幸福な学年だったのかもしれません。

 いま、振り返ってみて気がついたのですが、このときに出会った友人とはいまだに親友であると思い込んでいます。

 ある種の自我の安定期だったのかなあ。

 話を戻しますが、「かけ算九九を覚えるように~する」というフレーズは、コーチングにおいて、どの程度、有効なのでしょうか。

 まず確認しておかなければならないのは、九九は丸暗記の推奨であるという点。

 推奨と言えば聞こえが良いですが、実際は強要に近い。

 ですから、実は小学校2年生に九九を教える際も、先生はむりやり呑み込ませるのではなく、その原理や、覚えたらどんないいことが待っているのかを丁寧に説明する必要があると言います。

 九九だけが万能で、九九以外を隠蔽してしまうようでは、弊害が大きいと私シュうぇッチマンは考えています。

 ただ、基礎を暗記しなければ先に進めないこともあるので、九九の方式を否定するのもよくないと思います。

 九九がすばらしいのは、2つ理由があって、第1の理由は、それがフレームワークである点であり、第2の理由は、それが成功体験である点です。

 誰もが成功しているフレームワークって、他に何かあるでしょうか?

 そういう意味では、かけ算九九は無敵の学習法と言っても過言ではありません。

 「かけ算九九を覚えるように~する」で有名なのは、一部で知られている英語の学習法でしょう。

 私シュうぇッチマンは試したことがないので、おすすめできるかどうかは知りません。

 ただ、原理的には、非常に参考になります。

 つまり、81語なり81文なり81ページを覚えてしまえば、それが基礎になるという思想。

 もちろん、この原理は英語だけに使えるものではなく、もっと開かれたものにしなければなりません。

 こう考えると、何にでも応用したくなるのが、私シュうぇッチマンという生き物の性です。

 さまざまな学習やスポーツのベーシックとなる81を精選し、それを徹底的にこなす。

 具体例があった方が分かりやすいので、たとえば必見の邦画81作としましょうか。

 まず将棋盤の図面を用意して、そこに81の邦画タイトルを代入する。

 そして、まずは、そのタイトルをスラスラと言えるまで覚えてしまう。

 次に、81枚のカードを揃えて、さらに各々の詳細を書き込んでいく。

 たとえば、監督や女優が誰で、封切りがいついつで、などの情報を書いていく。

 さらに、81冊のノートを揃えて、1映画に1冊を割り当てる。

 で、81作の映画を見ていく。

 一通り見終わったら、繰り返し見る。

 見た回数をカウントする。

 1回見たら、正の字の一と書き、2回見たら、正の字のTという具合にカウントしていく。

 このように基本の81作を見るだけで、おそらく映画評論家(もちろん、その卵)としての素地は出来上がることでしょう。

 では、このメソッドを将棋に当てはめたら、どうなるか。

 これは楽しそうです。

 ・四間飛車を身につけるための81の手筋

 ・四間飛車を身につけるための81冊の定跡書

 ・四間飛車を身につけるための81の棋譜

 もし厳しい方がいて、81では足りないとおっしゃる場合には、こういう返しを用意しています。

 私シュうぇッチマンは、十五の段でも言えますよ、と。

 九九は初心者コースなので、プロを目指す方は一五一五という上級コースをやってみてもよいでしょう。

 たとえばプロの映画評論家になりたいのなら、九九をやった後に、一五一五に挑戦すればよいのです。

 それをやっている間に、それ以外の情報も次々と入ってくるでしょうし、それ以外の映画も見ることになるでしょう。

 あ、ちなみに、15×15がいくつか、皆さん、ご存知ですか?

 あ、計算、ご無用。225です。

 これでも足りない。よろしい。

 17×17は289ですし、18×18は324、19×19は361です。

 ただ、あまり候補がたくさんあるのはよくないので、自身でこれと定めたものは、数を動かさずに決めておいた方が絶対によいと思います。

 これを機会に、皆さんもかけ算の練習をやってみませんか?