続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

上達するための箴言集・格言集(0023)地獄の猛特訓!

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

上達するための箴言集・格言集(0023)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

0023 地獄の猛特訓!

 

 どんな世界にも、鬼だの、しごきが趣味だのと言われるコーチが必ずいます。

 楽屋話をしておくと、それは役割分担なんですね。

 鬼ごっこと同じ。

 必ず鬼役が必要だから、鬼役をつくる。

 そして、鬼役だけじゃ無理だから、やさしい仏役もつくる。

 そういうもんなんです。

 これは脳科学的には、人間の前頭前野の働きに対応しています。

 恐さと優しさの両輪がなければ、人間は成長できないようになっている。

 さて、今日は、その鬼の話。

 名づけて、地獄の猛特訓。

 地獄の猛特訓といえば、防衛大学校とか、オートレース養成所とか、早稲田大学応援団とか、それを名物に謳っているところがいくつも思い浮かびます。

 私シュうぇッチマンも若いころ、60km山岳マラソンを経験して、鋼のメンタルを手に入れました。

 将棋の上達過程でも、必ず通らなければならない道があります。

 「指しまくる」。

 実戦の番数をこなすことが、質の向上に結びつきます。

 子どもが強い秘密は、簡単。

 ひたすら実戦あるのみで、指す番数がとにかく多い。

 何局指していても、子どもは疲れるということを知りません。

 特に小学生は時間がありますから、朝から晩まで将棋を指しています。

 学校でも休み時間に指しています。

 5分でも10分でもあれば、指しているはず。

 大人は、そういうわけにはいきません。

 しかも、子どもは、放課後も将棋を指しています。

 大人の放課後は時間が遅くなるし、ネオンの誘惑もあるから差がつきますね。

 子どもは、早起きして土日も将棋を指しています。

 そして、負けたら、泣き、地団駄を踏んで、本気で悔しがります。

 強くならないはずがありません。

 対して、大人は負けることを恐れます。

 ですから、番数がどうしても少なくなります。

 大人は自身の限界を決めて、成長を諦めてしまうのでしょう。

 だから、大人は番数よりも質を求めた方がよさそう。

 そう考えるのも道理と言えます。

 賢く考えるのは、大人のアドバンテージ。

 ただ、質を語ることができるのは、量をこなした者だけ。

 これは厳然たる自然界の掟のようなもの。

 やはり、どこかで「指しまくる」という時期が必要だと思います。

 勝敗を度外視して、とにかく指しまくる。

 故・花村九段は「指しまくる」ことを奨めていました。

 昼休みに弁当を急いで食べて、五番、六番と指せ、と。

 私シュうぇッチマンも、基本的にこれに賛成です。

 地獄の猛特訓。

 これはどんな世界にも必要なものです。

 ただし。

 このとき、レーティング対局は、おすすめしません。

 どんどんレートが下がっていき、取り戻そうとして人生破滅するから。

 非レーティング対局や、ソフトとの駒落ち戦がおすすめです。

 狂ったように、実戦、実戦、実戦。

 そうすると、自身の負けパターン、ポカ・パターンが分かってきます。

 逆にいうと、それが骨身に徹して分かるまで、指しまくるということ。

 これはとっても大事なことです。

 具体的なメニューを紹介しておきましょう。

 あくまでも一例であり、参考までに。

 必ずしも1日でやれということではありませんよ。

 

 0.37番勝負に備えた準備運動

 ・詰将棋3手詰めタイムトライアル15分以内に何問解けるか(びわ形式)

 ・5五将棋CPUとの3番勝負(同上)

 ・高速棋譜並べ2分以内(シュうぇッチマン・メソッド)

 ・定速棋譜並べ6秒指し(同上)

 ・脳内棋譜並べ2分以内(同上)

 ・練習対局3番勝負(将棋ウォーズ)

 

 1.ソフトとの駒落ち7番勝負(将棋ウォーズ形式)【練習・ソフト】

 ・1時間60秒 × 1

 ・10分切れ負け × 2

 ・10秒 × 2

 ・2分切れ負け × 2

 ※棋力や手合いは、やや弱めに設定する。

 

 2.レーティング系 18番勝負【ガチンコ・ハード】

 

 ・将棋ウォーズ3番勝負 3分切れ 10秒 10分切れ

 ・SDIN3番勝負 5分切れ 10分切れ 10分切れ

 ・ハンゲーム3番勝負 5分30秒 5分30秒 10分30秒  

 ・81道場3番勝負 5分 5分 10分

 ・将棋倶楽部24 3番勝負 早指し 早指し 15分

 ・リアル対局 3番勝負 

 ※連勝または連敗したら、その時点で番勝負は終了。次の番勝負へ。

 ※番勝負を続けて負けたら、終了。0(ふりだし)に戻る。

 

 3.非レーティング系 各12番勝負【練習・ソフト】

 ・SDIN通常戦3番勝負 5分切れ 10分切れ 10分切れ

 ・ハンゲーム練習3番勝負 5分30秒 5分30秒 10分30秒  

 ・81道場NR3番勝負  5分 5分 10分

 ・将棋倶楽部24自由3番勝負 早指し 早指し 15分

 ※連敗したら、3番勝負は終了。次の3番勝負へ。

 ※3番勝負を続けて負けたら、終了。0(ふりだし)に戻る。

 ※すべてのメニューが終わったら、0(ふりだし)に戻る。

  時間の許す限り、0~3を繰り返す。

 

 20~28連勝(藤井プロレベル~神谷プロレベル)したら、上がり。

 なお、貯金箱を用意しておき、負けたら、100円(1円・5円・10円・その他、金額はあなたの経済力にもよるでしょう)を入れていく。真剣勝負をしなければ意味がないからです。で、負け越したら、そのお金で、募金するなり、家族孝行するなり、してください。もちろん、20連勝以上したら、ごほうびに使ってもよいでしょう。

 大事なことは、使い道を最初に決めておくこと。

 掟づくり。

 あとで予定変更するのは、最悪。

 将棋ノートに、きちんと書いておくことですな。

 「〇月〇日までに20連勝以上したら、免状申請の費用に充てる。」

 「〇月〇日までに20連勝以上できなければ、赤十字に全額寄付する。」

 「20連敗したら、禁酒し、家人の下僕となり、お仕えする。」

 ちなみに、あるアマ強豪は、千番勝負を自らに課していると聞いたことがあります。

 また、豊島先生が電王戦で千番の練習をして臨んだという逸話は、あまりにも有名。

 

 最後に、リオデジャネイロ五輪の金メダリストの言葉を紹介しましょう。

 「私たち日本人が世界で一番練習している」(伊調馨

 「世界一の練習をした人が世界一になれる」(内村航平

 

 いや、正確には、内村選手の言葉であり、内村選手の言葉ではない。

 「世界一になるやつは、世界一練習してる」とは、加藤澤男さんから言われた言葉だったからです。

 しかし、内村さんはそれを真摯に受け止め、そしてそのとおりに実行しました。だから、もう完全に自分自身の言葉でもある。

 他者の言葉を、自分自身の言葉にする。これほど難しいことはありません。彼の偉大なところです。

 こうして受け継がれる言葉はおそらく1つの金メダルよりも重く、今後、多くのメダルを生み出す原動力になることでしょう。

 「続ピリ将読者は、世界一指しまくっている。」