続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

上達するための箴言集・格言集(0054)粘り強さに

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

上達するための箴言集・格言集(0054)

 

f:id:Shouldgo:20170706094717p:plain

 

0054 粘り強さに代わるものはない。

 

 「才能がないから、将棋をやめようかな。」

 ちょっと待ってください。決断は、このブログを読んでみてからにしませんか?

 

 

 「粘り強さに代わるものはない。」

 これはマクドナルドを創始したレイ・クロックの言葉です。

 才能も天分も教育も、粘り強さの代わりにはならない。

 クロックはこう言ってのけ、粘り強さと決断の重要性を説きました。

 

 

 私シュうぇッチマンは、将棋を指していて、調子がいいなと思うときは100%粘り強いときです。

 というわけで、将棋においても、粘り強さは、才能や天分や教育には代えられないということに気づきました。

 私シュうぇッチマンが全国大会へ行けたのは、粘り強さがあったからこそ!

 

 

 それでは、粘り強さとは、何なのでしょうか? どのようにすれば粘り強くなれるのでしょうか?

 答えは、4つあります。

 

 1.特別なことを普通にできる(ようになる)。

 2.長い時間と付き合える(ようになる)。

 3.予備を用意する。

 4.死ぬ前に死んだふりをする。

 

 1について。

 特別なことをやっていると、疲れてきます。

 だから、特別なことを無理せず、普通に、当たり前にできるようにします。

 たとえば、私シュうぇッチマンだったら、棋譜を暗譜で、しかも2分以内にスラスラと並べてしまいます。

 これは他のアマチュア棋士にはできないことでしょうが、私シュうぇッチマンにとっては朝飯前。

 

 2について。

 粘り強い人は、長い時間を苦にしません。

 この粘り強さを身につけるためには、読書かジグソーパズルかマラソンがよいと思います。

 これらには、諦めなければ必ずゴールが来るという共通点があります。

 将棋だったら、定跡の研究でしょうか。

 1つの戦法を徹底的に極めようとすれば、それだけで粘り強くなってくるはず。

 

 3について。

 視野を広げられる人は、切り替えが上手です。

 もうダメだと思って諦める人は、視野が狭いことがないでしょうか?

 たとえば、盤上では不利だとしても、相手の時間がなくなっていれば、勝機を見出すこともできるはず。

 盤上100%の中だけで考えるのでなく、盤外も使って勝負を捨てない。

 「あれがダメならこれ」、「1つのエンジンがダメでも、もう1つのエンジンがあるさ」というふうに考えるのが粘り強い人の思考法です。

 

 

 そういえば、さっき、私シュうぇッチマンのマウスの電源がなくなってしまいました。

 ところが、単4電池の在庫も、単4電池の充電器も、ともに見当たらない。

 電池をコンビニに買いに行くと高くつくし、マウスがなければ仕事にならない。

 充電器を買いに行くと電器屋は遠いし、本当はあるはずなのでもったいない。

 というわけで、充電池を探しつつ、あるものを探しました。

 そうこうしているうちに、充電池のありかを思い出したのですが、それは別のオフィス。

 取りに行く時間がもったいない。

 というわけで、あるものを探したら、見つかりました。

 もう使わなくなったパソコンのマウス。  

  めでたし、めでたし。

 

 

 「助からないと思っても助かっている」  

  大山康晴十五世名人の粘り強さを如実に語る名言中の名言。

 助からないと思ったら、とりあえず、私シュうぇッチマンは死んだふりをしてみます。

 「芋虫は、自然のホットドッグ。」

 これはアリゾナ大学の昆虫学者であるケイティ・プルディックによる絶妙な喩えだが、変態によって脂肪をどんどん蓄えて旨そうに成長していく「絶好の軽食」芋虫は、蛇や鳥の糞に擬態して補食されるのを防ぐのだそうです。

 捕まっても、向きを変えた瞬間、蛇に急変、相手がリリースして助かることも多いのだとか。

 最後の瞬間の抵抗。

 これも粘り強さには必須でしょう。

 

 

 ちなみに、就職活動では「粘り強さ」をアピールすると通りやすいと言われていますが、粘り強すぎて、合理的に成果や結果を出せないのは、かえってマイナスになるので気をつけてください。

 簡単に成果や結果を出せるのであれば、なるべくそうして、ジャンジャン手柄をあげる。

 3手詰めがあるのに、自陣に手を戻すというのでは、よくないのと同じ。

 ただし、すぐには結果が出せない場合でも、諦めずに取り組み、結果を出すことに執着する。

 こういう二枚刃になっているのであれば、採用につながるので、参考にしてみてください。

 

 

 「粘り強い」に代わるものなし!