続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

上達するための箴言集・格言集(0062)目をつぶって解説を聞く。

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

上達するための箴言集・格言集(0062

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

0062 目をつぶって解説を聞く。

 

 藤井聡太四段は、幼いころから目隠し将棋をやっていたとか。

 羽生善治三冠も、早くから目をつぶって考える癖があったらしいです。

 

 

 脳内将棋盤を鍛える方法は、旧ブログに書いておきました。

 「面倒だから簡単に教えてよ」という方には、こういうことです。

 棋譜並べを20回やった後に、脳内での棋譜並べをするようにすると、鍛えられますし、超絶に強くなりますよ、と。

 まだ旧ブログを読んだことがないという人や、読んだけれど実践していないという方は、ぜひチャレンジしてみてください。

 で、どのくらい脳内将棋盤が鍛えられたかを試す方法として、NHK杯や銀河戦の解説を視聴するとき、「視聴」ではなく、目をつぶって「聴」くという方法があります。

 これが私シュうぇッチマンの中で空前のマイブーム。

 ここ最近、ヒットを生み出せていないと感じていましたが、これで久々の新メソッドが誕生したという手応えを得ることができました。

 最初は、ふつうに視聴します。

 ただ、ときどき瞬間的に目をつぶる。

 終盤は、雑談や無駄話(失敬!)がなくなりますし、手もそれほど広くないので、訓練に最適。

 もちろん、棋力にもよりますので、無理はしないでください。

 ただ、何事もそうですが、少しだけ背伸びすると成長するので、ちょっとでもいいので、目をつぶって聴くようにしてみましょう。

 それでもきつい場合は、録画しておいて、繰り返し見るときに、見るではなく、聴くに切り替えると、対応できるはずです。

 それもきついなら、棋譜並べ30回通しをした後に、ビデオをリスニングするようにすれば、大丈夫。

 幼児がジブリの映画を繰り返し見るように見る、じゃなかった、聴く。

 これは本当に究極のメソッドだと開眼した気分です。

 目をつぶって「開眼」というのも、変かもしれませんが。