続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

初級者を教える(4) 記録を取らせる

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

初級者を教える(4)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

初級者を教える(4) 記録を取らせる

 

 連載形式の方が、私シュうぇッチマンには合っているみたい。

 昨日~今日~明日。

 こんなふうにつながっているのが、心地よい。

 将棋も一手一手の積み重ね。

 だから、なのかな。

 

 初級者を教える。

 挨拶~囲い~攻め

 とりあえず、ここまで書いてきました。

 ここで、いきなり脳内将棋盤づくりに着手します。

 早すぎるということなかれ。

 これこそ早期教育が大事。

 1秒でも早くやらせます。

 そうしなければ、私シュうぇッチマンのようにオッサンになってしまいますから。

 目標は、脳内将棋盤をつくり、目隠し将棋ができるようになること。

 試しに、ピリギゃルとやってみせる。

 (とはいえ、ピリギゃルの棋力では心配なので、ここだけの話、高速棋譜並べの成果発表会デス)

 

 もちろん、脳内将棋盤をいきなりつくるのは至難の業。

 実は、棋譜の読み方を教えるという短期目標も兼ねています。

 教科書をいずれ与える前に、棋譜の読み方は教えておきたい。

 

 まず盤駒使用。

 駒を並べる。(大橋流と伊藤流を教える。)

 次に最初の四手。

 

 続いて、目をつぶって、脳内でやらせます。

 できなくても、毎日の積み重ねと言い聞かせます。

 

 さらに、符号を教えます。

 まずは実際に並べながら。

 ▲5九玉△5一玉▲6九金△4一金……

 1人で唱えてもいいし、対局者と2人で交互に言っていくのもいいでしょう。

 群読で、講師の後に全員で復唱させるのも楽しいですね。

 

 続いて、目をつぶり、脳内将棋盤で。

 

 今後は、これをルーティンにする。

 こんなことを企んでいます。