続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

初級者を教える(5) 鏡指し

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

初級者を教える(5)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

初級者を教える(5) 鏡指し

 

 昨日の将棋フォーカスで、山口絵美菜女流1級のチャンク学習法を興味深く拝見しました。

 5五将棋を推奨し、スキップ並べを勧奨する私シュうぇッチマンのメソッドにも、さっそく導入することにします。

 

 簡単にいうと、将棋盤を4つに区切って、それぞれの盤面を記憶するというもの。

 囲いや攻め方をパターンで認知している人と、そうでない初級者との間で、差が出そう。

 

 初段を目指す伊藤かりんさんが、自陣の美濃囲いや、中飛車を記憶できるのに、敵陣を記憶できないのは、私シュうぇッチマンのような有段者には意外なことでした。

 級位者がいかに相手の動きを見ていないかという証拠でしょう。

 

 さて、私シュうぇッチマンは、このような事態を避けるために、鏡指しを取り入れています。

 鏡指しは、相手の手と同じ手を指すこと。

 初級者には、このいわゆる「ひふみんアイ」が、意外に難しいようです。

 

 ▲7六歩△3四歩▲6六歩△4四歩▲6八飛△4二飛▲4八玉△6二玉・・・・・・

 

 こんなふうに、相手の猿まねをするのが鏡指し。

 子どものころ、実戦でもよくやっていました。

 「真似するなよ」

 「真似するなよ」

 相手の声もこだまのように真似したりして。

 子どものころから自然に将棋を覚えた人は、こういう積み重ねが生きていると思います。

 

 私シュうぇッチマン、困った時は、いまだに鏡指しをよく使っています。

 定跡を外れた局面などは、相手の動きをよく観察して、相手と同じ動きをします。

 あるいは、似た動きをします。

 相手が金を動かしたら、こっちも金を動かす。

 相手が玉を囲い出したら、こっちも玉を囲い始める。

 将棋の初形はもともと互角なのですから、真似すれば有利にはならないけれども、不利にもなりません。

 投資ではなく、元本が保証された貯金みたいなもの。

 将棋にはハイリターンを要求する投資的要素と、ローリスクを要求する貯金的要素を上手に組み合わせないと、勝てるようにはなりません。

 

 鏡指しの効用は、相手の動きを見られるようになることと、力戦に強くなることがあると思います。

 「相手の得意戦法を吸収しなさい。」

 私シュうぇッチマンは、よくこういうアドバイスをするのですが、そういう意味があるわけです。