続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

四段・五段相手に10連勝(4)

はてなブログ (略称:続ピリ将)

続ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

~実力四段・五段を目指して(シュうぇッチマン全国大会の巻)~

四段・五段相手に10連勝(4)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

四段・五段相手に10連勝(4)

 

 「強い」と「終盤力が高い」は、だいたいイコール。

 四段・五段相手に10連勝という目標のために、まず、この一事をかみしめます。

 終盤力を徹底的に鍛えます。

 

 これまでは総合力を鍛えてきました。

 全身運動でバランス重視。

 妙な筋肉増強には興味も示さず。

 けれども、ここからは、らくだの2つのこぶ。

 すなわち、序盤と終盤の筋力を鍛錬していきます。

 

 二者択一。

 序盤と終盤どちらを優先すべきか。

 二者択一は選ばない。

 これが旧ブログの究極の思想。

 したがって、序盤も終盤もどちらも大事。

 けれども新ブログの思想は、9:1の法則に従う。

 ならば、終盤9:序盤1でしょう。

 

 谷川・羽生・藤井。

 詰め将棋はあまりという加藤九段と渡辺竜王は除いておきます。

 中学生棋士は、終盤が強い。

 何より29連勝を達成した藤井四段は、終盤の鬼。

 その鬼も、『将棋世界』のイメ読みでは、米長九段の読み切りに達せず。

 米長九段も終盤型の棋士でした。

 終盤が最優先であることは自明でしょう。

 

 やがて序盤9:終盤1に切り替えますが、まずは序盤1:終盤9です。

 

 それでは、どのように終盤を鍛えるか。

 詰め将棋か。

 否。

 詰め将棋もむろん、従来の練習にあるので、3倍やります。

 藤井四段の強さの源泉ですから、3倍やります。

 しかし、それだけでは圧倒的な終盤力の華やかさには到達しません。

 

 今、思わず、華やかさと言いました。

 これ、です。

 これからは派手さを求めます。

 

 【第一のルール】

 まず即詰みがあるときは、必ず詰ます。

 勝敗よりも、終盤力養成を優先します。

 難しい詰みを詰まそうとする習慣を持ちます。

 

 【第二のルール】

 簡単な詰みをよしとしない。

 たとえば頭金で詰ますことを禁止します。

 高段者が読み切れない複雑な詰みを目指します。

 

 【第三のルール】

 すばやく読む。

 ひと目で詰む/詰まないを判断する練習をする。

 詰め将棋のタイムトライアル。

 詰め将棋の創作。

 

 【第四のルール】

 終盤の問題集をガンガン解きまくる。

 

 【第五のルール】

 高段者の観戦をし、高段者が逃した詰みを発見する。

 

 これからはプロ並みの終盤力を身につけていきます。