続ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

将棋の全国大会に出場することになった成金アマの活躍やいかに

タイピングの練習

はてなブログ愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

タイピングの練習

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

タイピングの練習

 

 将棋を覚えてよかった最大のこと。

 それは、大局観という概念を知ったことです。

 目先の利益にとらわれず、そもそも利益をも超越した何かを掴めるようになりました。

 

 というわけで、大局観について調べていたら、米長永世棋聖の『逆転のテクニック』に行き当たりました。

 繰り返し読んできた本ですが、この先生の言語能力には、いつも感心させられる。

 とりわけ砂浜の比喩が好きです。

 砂浜の小さな砂粒など、知らんというわけ。

 つまり、序盤の研究など、砂粒の研究だと豪語します。

 それよりも、詰将棋と次の一手が大事だと力説。

 何度読んでも、説得力があります。

 

 今回読んでいて、目がとまったのは、アルバート・タンゴラの話。

 タイプライターの速度で世界一になった人とのこと。

 

 その練習法は、

 

  普通の速度~これ以上無理というほどの最高速度~ゆっくりの速度

 

なんだとか。

 

 私シュうぇッチマンは、いつも速度にこだわっています。

 旧ブログのメソッドの時代から、新ブログの今に至るまで、速度重視。

 究極の目的が、大局観だから。

 要するに、読まずとも勝つ仙人のような力を目指しています。

 

 パッと見る。

 砂浜。

 砂粒が光って見える。

 

 こんな感じの大局観に憧れます。

 大山名人は、手を読まずに、大局観で勝っていたらしい。

 たしかに、大山名人の解説はずば抜けていました。

 全部見通している感じがするのです。

 米長先生もすごいが、はったり(メッキ)に感じることもありました。

 大山先生は純金、筋金入り。

 

 速度から、感覚もそうですが、大局観も養えると信じています。

 アルバート・タンゴラに戻ると、中~急~緩が大事とのこと。

 今後はこれをもっと意識することにします。

 

 秒読み~切れ負け~長考

 

 さらに分解して、内部にも中~急~緩を象嵌します。

 

 中)秒読み

 15分30秒(中)~0分10秒(急)~30分60秒(緩)

 急)切れ負け

 3分切れ(中)~1分切れ(急)~10分切れ(緩)

 緩)長考

 30分60秒(中)~30分切れ(急)~60分60秒(緩)

 

 こんな感じのメニューを組み立てました。

 速度を上げておいて、緩める。

 こういうことが大事なのはなんとなく感じ取っていました。

 しかし、米長先生がタンゴラを紹介する一節を読み、確信が持てました。

 

 旧ブログでも書きましたが、スランプの時は遅い球を打つ。

 これは野村克也氏の教えですが、やはり遅めることが大事なんですね。

 「緩めて克つ」(桜井章一)が、極意なのかもしれません。

 

 タイピングの練習、久しぶりにやってみるかな。

 若い時はタッチタイピング、絶対の自信があったのですが、最近ダメ。

 普通の人よりはかなり速いと思うけど。

 苦手なキーは、w・m・h・o・eだって。

 

www.e-typing.ne.jp

 

 

 実は今日のブログ、最初は中くらい、途中はマッハ、最後はゆっくり書いています。